CBDオイルとは? ヘンプとは違うの? ハピキヌが展開するCBDオイルもご紹介

CBDオイルとは? ヘンプとは違うの? ハピキヌが展開するCBDオイルもご紹介

日本でも少しずつその効果が口コミで広がり、利用者が増えているCBDオイル。でも大麻が原料なので、使うのが不安という方のために、CBDオイルについて詳しく説明していきます。ハピキヌが展開する、スピンオフブランドRest Moreから出しているCBDオイル「VICE VERSA」の商品も紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2021年05月31日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

CBDオイルとは? ヘンプとは違うの? ハピキヌが展開するCBDオイルもご紹介
リラックス効果や睡眠効果があるCBDオイル。

その効果が口コミにより広まり、利用者が徐々に日本でも増えています。

今では、犬や猫のためのペット用CBDオイルも販売されています。

 

でもまだ、原料は大麻だからということもあり、CBDオイルの使用は不安という方も多いのではないでしょうか。

大麻使用は合法化している国が増えてきていますが、日本では違法です。

 

今回は、日本で大麻は違法なのに、その違法の原料のCBDオイルはなぜ合法なのか、そしてその効果はどんなものなのかを説明します。

 

CBDオイルとは

なぜ、CBDオイルは合法で、大麻は違法なのか。

それは成分に違いがあります。

 

大麻草には、100近くの成分が含まれています。

その成分の中で最も有名なのが、THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)です。

簡単に言うと、日本では、THC(テトラヒドロカンナビノール)が違法成分で、CBD(カンナビジオール)が合法成分なんです。

 

この、CBD成分を大麻草から抽出し、ココナッツオイルやヘンプオイルなどと混ぜでできたものがCBDオイルです。

 

CBDとTHC成分の違いは?

THC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)成分は、大麻草の茎と種子から抽出されます。

THC(テトラヒドロカンナビノール)が大麻のイメージ、陶酔作用をもたらす成分。反対にCBD(カンナビジオール)成分には陶酔作用はなく、リラックス効果や鎮痛効果があります。

 

さらに、CBD成分は、私たちの体内にある、エンド・カンナビノイド・システム/ECSという身体的調整機能に働きかけることにより、自律神経やホルモンのバランスを整えてくれるのです。

 

エンド・カンナビノイド・システム/ECS

 

エンド・カンナビノイドは、大麻草には含まれませんが、私たちの体内で作られる成分で、大麻草に含まれるカンナビノイドと似た働きをすることがわかっています。

エンド・カンナビノイド・システムは、体内で「アナンダミド」「2-AG」という内因性カンナビノイドが、受容体、CB1とCB2、が細胞同士に働きかけ、自律神経やホルモンバランスを調整することで、痛み、食欲、免疫調整、感情制御、運動機能、などをコントロールするシステムです。

 

しかし、ストレスや加齢などによって、エンド・カンナビノイド・システムの働きが低下することにより、自律神経やホルモンのバランスが低下し、体調不良が起きることが最近の研究でわかってきました。

つまり、エンド・カンナビノイド・システムの働きが低下した時に、外部からカンナビノイドを摂取することで、自律神経やホルモンのバランスを整えることができるというわけです。

(参考サイト:An introduction to the endogenous cannabinoid system


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook