グーグルマップがサステナブルな新機能を発表!グーグル社の環境問題への取り組みをご紹介

グーグルマップがサステナブルな新機能を発表し、グーグル社の環境問題への取り組みが注目されています。サステナブルな新機能に関して詳しく紹介し、グーグルがどのように環境問題をリードし、すべての人が気候変動の解決策の一部となれるようにしているかを徹底解説します。

グーグル社は、地図アプリ「グーグルマップ」や検索において、近くのリサイクル場所が表示されるようにし、さらに企業の持続可能な取り組みをハイライト表示することを発表しました。

また、グーグルマップは、交通量や傾斜などのデータを利用して、環境にやさしいルートへの誘導を開始し、交通機関による温室効果ガスの排出削減を目指すことも発表しており、グーグル社の環境問題への取り組みが注目されています。

 

そこで今回は、グーグルマップの最新のサステナブルな新機能グーグル社の環境問題への取り組みもをご紹介します。

 

グーグルマップのサステナブルな新機能

グーグルマップで近くのサステナブルな場所が表示可能に

冒頭でもお伝えした通り、グーグルの地図アプリ「グーグルマップ」や「検索」で、近くのサステナブルな場所が表示されるようになりました。

 

グーグル社によると、*認証済みのビジネスプロフィールを持つ企業が、*グーグルマイビジネスにリサイクル活動やその他のサステナビリティへの取り組みをアップロードすると、簡単に企業のサステナブルな取り組みを見ることができます。

*サステナブル(Sustainable)・・・英語では「持続可能な」という意味。日本語では、広い意味で地球環境・人間・社会・経済の観点から、持続可能な発展を考えていくこと。

*認証済みのビジネスプロフィール・・・グーグルでビジネスプロフィールを管理および編集するには、まずビジネスを認証される必要があり、認証されると、ビジネス情報が正確であることや、編集できるのが自分だけであることを確認できるもの。

*グーグルマイビジネス・・・グーグル検索やグーグルマップなどグーグルのサービスにビジネスやお店などの情報を表示し、管理するための無料のツールのこと。

 

 

環境に配慮するためには、リデュース(削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)を行うことが最適です。このような取り組みを行っている企業や場所を支援する必要があります。

 

しかし、どのレストランがコンポスト(堆肥化)を行っているのか、電子機器や衣類などのアイテムをどこの企業やお店などでリサイクルできるのかを知ることは必ずしも容易ではありません。

グーグルの最新のサスティナブル機能によって、環境への取り組みを支援しやすくなります。

グーグルマップと環境配慮への貢献を目指すコミュニティは、誰もが地球にとってよりよい選択ができるようにしています。

 

リデュース・リユース・リサイクルに関しては、リサイクルよりもリデュース!ごみの削減に繋がるエシカルアクション8選を参考にしてください。

 

例えば、*ローカルガイドプログラム(Local Guides program)のメンバーとして、地元の知識やおすすめ情報をグーグルマップ上で共有するグローバルコミュニティに参加しているカロルさんは、彼女の故郷であるアルゼンチンのポサダスで、環境にやさしいスポットを探すお手伝いをしています。

*ローカルガイドプログラム・・・ローカルガイドにより、世界中の何百万人もの人々が地元の知識や経験を共有出来るよう、新しい場所を発見する手助けをするプログラム。

 

カロルさんは、グーグルマップのリスト機能を利用して、自分の街で見つけにくいリサイクル場所を集め地図上に示して共有する活動を行っており、「持続可能な消費を促進するためにできることは、何にも代えがたいものです」と述べています。

 

 

リサイクル場所をグーグルマップで見つけサポートするための3つのヒント

廃棄物の削減や再利用、リサイクルに力を入れている場所をグーグルマップで見つけ、サポートするための3つのヒントをご紹介します。

 

1.マップと検索で新しいリサイクル情報を探す

グーグルマップと検索のビジネスプロフィールで、特定のアイテムをリサイクルしたり、適切に廃棄できる場所を見つけることが可能となりました。

この機能の利用者は、近くの企業や店舗などが、衣類や電子機器、電池、家庭用有害廃棄物、電球、ガラス瓶など、どのような素材を受け入れているかを確認することができるので、これらのアイテムをゴミ処理場やリサイクルセンターなどに持ち込まずに済むようになります。

また、リストに掲載された場所を訪れた人は、そのビジネスに関する質問に答えることで、どのような種類のアイテムがリサイクルできるかを他の人に伝えることができ、サステナブルなビジネスオーナーを後押しすることができます。

 

2.サステナブルなビジネスを地図に載せる

前途のカロルさんが自分の街のリサイクル場所のリストを作ったように、責任を持って消費することを容易にするあらゆる種類の場所や、ビジネスリストを作って共有することを提案しています。

例えば、利用者自身が、自分のコミュニティ、都市、地域のために、近くにある電気自動車用充電スタンド、地域のリサイクルセンター、中古品店などのリストを作成し、公開することもできます。

場所のリストを作成して共有する方法については、こちらをご覧ください。

 

また、カロルさんは、*アップサイクルを行う地元の職人のリストを作ることにも取り組んでいます。

*アップサイクル・・・廃棄物や不要になったモノに手を加え、より良いものにつくり変えることで価値を高めること。

「おもちゃや家具、洋服など、捨てられたものに第二の人生を与えてくれる腕のいい職人を、この街の誰もが見つけられるようにしたいのです」と彼女は述べ、「これは、環境に優しい生活スタイルに向けて、人々ができる小さな一歩なのです」と続けています。

 

3.エコフレンドリーなビジネスを後押しする

カロルさんは、サステナビリティに真剣に取り組んでいるビジネスをサポートし、励ますことの重要性を強調しています。

例えば、コンポストやリサイクルに取り組んでいる企業の写真やレビューを投稿します。

お気に入りのテイクアウト店では、コンポスト可能な最小限のパッケージを採用していたり、地元のリサイクル可能な場所がどのようなアイテムを受け入れているかを示す看板の画像などです。

また、地元の企業でリサイクルを行っている場合は、その企業のビジネスプロフィールの編集を提案し、他の人に知らせることもできます。

(出典:Google「3 ways to find and support eco-friendly places on Maps」

 

サステイナブルでエシカルな「エコストア」の商品は要チェックです。
詳しくは、【ヴィーガン】サステイナブルな「エコストア」の魅力|おすすめ商品も紹介を参考にしてください。

東京ディズニーリゾートで取り組み中のサステナブルな活動をご存知ですか?
詳しくは、ディズニー好き必見!東京ディズニーリゾートで行われているサステナブルな取り組み5選を参考にしてください。

イギリスのサステナブルなスーパーマーケットの取り組みも話題です。
詳しくは、廃棄物ゼロスーパー「The Clean Kilo」がイギリスで話題|実態を徹底調査を参考にしてください。

 

グーグルがAIを使ってグーグルマップを環境にやさしく改善

今年3月、グーグルマップは、交通量や傾斜などのデータを利用して、環境にやさしいルートへの誘導を開始し、交通機関による温室効果ガスの排出を削減しようとしています。

今年は、AI(Artificial Intelligence:人工知能)を活用した100以上の改良がグーグルマップに施される予定であり、これにより、世界中の最も正確で最新の情報を必要なときに入手できるようになります。

ここでは、今年予定されている数多くのアップデートの中で、グーグルがAIを使ってマップをどのように改善しているかを3つご紹介します。

 

1.より環境にやさしい移動手段

米国エネルギー省の国立再生可能エネルギー研究所の協力を得て、道路の傾斜や渋滞などの状況に応じて燃費を最適化する新しい経路モデルを構築しています。

これは、昨年9月に発表した「グーグル製品を利用する10億人の人々が環境への影響を軽減するための行動を支援する」というコミットメントの一環です。

 

近日中にグーグルマップは、最速ルートとほぼ同じ到着時間の場合、二酸化炭素排出量が最も少ないルートを標準設定で選択するようになります。

環境に配慮したルートが到着時間を大幅に延ばす可能性がある場合は、ルート間の相対的な二酸化炭素の影響を比較して選択できるようにします。

いつも最速のルートを使いたい場合は、「設定」で設定変更は可能です。

この「環境にやさしいルート」は、今年後半に米国でAndroid(アンドロイド)およびiOS(アイオーエス)向けに提供を開始し、順次グローバル展開を予定しています。

 

【低排出ガスゾーンアラート】

アムステルダムからジャカルタまで、世界中の都市で低排出ガス地域が設定されています。

低排出ガス地域とは、特定のディーゼル車や特定の排気ガスステッカーを貼った車など、汚染物質を排出する車を規制する地域のことです。

このような取り組みを支援するために、グーグルマップでは、ドライバーが低排出ガスゾーンを通過する際に分かりやすいようにアラートを作成しています。

ドライバーは、自分の車がその地域で許可されているかどうかをすぐに知ることができ、別の交通手段を選択したり、別のルートを通ったりすることができます。

低排出ガスゾーンアラートは、今年6月にドイツ、オランダ、フランス、スペイン、英国でAndroid(アンドロイド)およびiOS(アイオーエス)で提供を開始し、今後さらに多くの国での提供を予定しています。

 

2.天気と空気の質に関するより多くの情報で、事前に計画を立てることが可能に

新しい天気情報レイヤーでは、その地域の現在および予測される気温や天候をすばやく確認することができるので、傘を持たずに雨に濡れてしまうこともありません。

アレルギー体質の方や、スモッグや火災の多い地域にお住まいの方には特に便利な情報です。

これらの情報は、The Weather CompanyAirNow.govCentral Pollution Control Boardなどのパートナーから提供されたデータを基に、今後数カ月のうちにAndroid(アンドロイド)およびiOS(アイオーエス)で展開されます。

 

天気予報レイヤーは全世界で、大気質レイヤーはオーストラリア、インド、米国で提供を開始し、今後はさらに多くの国での提供を予定しています。

※2021年3月30日掲載の記事です。

(出典:Google「Redefining what a map can be with new information and AI」

 

3.グーグルアースにより地球温暖化や地球の変化の大きさを表現可能に

グーグルアースでは、過去37年間に撮影された2,400万枚の衛星写真をまとめたGoogle EarthTimelapse(タイムラプス機能)が提供され、地球温暖化や地球の変化の大きさを視覚的に見ることが可能です。

今回のアップデートのプレスリリースには以下のように書かれています。(要約)

衛星写真による視覚的な証拠は、言葉では表現できないような方法で議論の核心に迫り、複雑な問題をすべての人に分かりやすく伝えることができます。

グーグルアースのTimelapse(タイムラプス機能)では、過去37年間に撮影された2,400万枚の衛星写真が、インタラクティブな4D体験にまとめられており、誰でも時間の経過を見ることができ、40年近くにわたる惑星の変化を目の当たりにすることができます。

 

私たちの地球は、過去半世紀の間に、人類の歴史の中で最も急速な環境変化を経験しました。

気候変動の影響は、氷山の融解や氷河の後退など、抽象的で遠いものに感じられる人もいますが、タイムラプス機能では、問題だけでなく解決策、そして何十年にもわたって繰り広げられる魅惑的で美しい自然現象など、変化する地球の姿をより鮮明に映し出すことが可能です。

(出典:Google「GOOGLE EARTH」

 

SDGsの目標の1つにもある「気候変動に具体的な対策を」にヴィーガンの方は貢献できる理由や、畜産業が地球温暖化に影響している環境問題についての記事も参考にしてください。

ヴィーガンと環境問題|畜産業が地球温暖化に与える影響はどれくらい?

 

グーグル社とは?

グーグル社(Google LLC)は、アメリカ合衆国を拠点としたインターネット関連のサービスと製品に特化した企業であり、関連の事業として、世界最大の検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェアなどがあります。

 

1995年、スタンフォード大学の博士課程に在籍するラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏による研究プロジェクトとしてグーグルの歴史は始まりました。

 

検索エンジンは当初、Backrub という名前でしたが、その後Googleという名前に変わりました。

このGoogleは、1の後にゼロが 100 個並んだ値を表す「googol(ゴーゴル)」という数学用語をもじったもので、ラリーとサーゲイの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という使命にふさわしい名前です。

 

その後数年間で、グーグルは研究機関のみならず、シリコンバレーの投資家たちの注目も集めるようになり、1997年9月15日、グーグルのためのドメイン名 google.com が登録され、1998年9月4日、グーグルは法人格を取得しました。

会社組織としてのグーグルの拠点は、カリフォルニア州メンローパークのペイジらの友人スーザン・ウォシッキー氏(現在は YouTube の CEO)が所有するガレージに置かれましたが、最終的にはカリフォルニア州マウンテンビューにある現在の本社グーグルプレックス(Googleplex)に移転しました。

現在、グーグルは50か国に 60,000 名を超える従業員を抱え、世界中の数十億ものユーザーに YouTube(ユーチューブ)、Android(アンドロイド) から Gmail(ジーメール)、そしてもちろん グーグル検索まで、数百というプロダクトを提供しています。

(出典:Google「about.google」

 

グーグル社の環境問題への取り組み

 

この投稿をInstagramで見る

 

Renewable Energy(@renewablesenergy)がシェアした投稿

グーグルは2007年に*カーボンニュートラルを実現しましたが、先日、*カーボンオフセットによって同社の「全*カーボンレガシー」を解消したことを発表しました。

これにより、グーグルの生涯にわたる正味の*カーボンフットプリントはゼロとなり、同規模の企業としては世界初の快挙となりました。

 

*カーボンニュートラル・・・環境化学の用語の一つ。 何かを生産したり、一連の人為的活動を行った際に、二酸化炭素(CO2)の排出量と吸収量とが同じ量になる状態を指す。

*カーボンオフセット・・・人間の生活や経済活動などで発生した二酸化炭素の量を植林・森林保護・クリーンエネルギー事業などの方法で相殺(埋め合わせ)し、二酸化炭素排出を実質ゼロに近づけることを指す。

*カーボンレガシー・・・カーボンニュートラルになる前までのすべての二酸化炭素排出量のこと。

*カーボンフットプリント・・・商品やサービスの原材料の調達から製造生産、流通を経て、消費後の廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクル全体で排出される温室効果ガスの排出量を二酸化炭素排出量に換算し、視覚化すること。国際的には、商品・サービスのみでなく、個人や組織の排出量や環境負荷を指し示す言葉としても使われる。

 

カーボンオフセットは、排出物の発生や環境へのダメージに対する責任を回避するものだという批判もありますが、グーグルは2017年以降、年間の電力消費量を100%*再生可能エネルギーでまかなっています。

また、2030年までにすべての電力を*カーボンフリーエネルギーでまかなうことを計画しています。

 

*再生可能エネルギー・・・太陽光や風力、水力発電といった 温室効果ガスを排出せず、一度利用しても比較的短期間に再生可能であり、資源が枯渇せず繰り返し利用できるエネルギーのこと。

*カーボンフリーエネルギー・・・二酸化炭素を排出しないエネルギーのこと。

 

グーグルのCEOであるサンダー・ピチャイ氏は昨年、「新しいテクノロジーを活用し、適切なインフラやツールに投資し、パートナーや非営利団体、人々に力を与えることで、これまでで最も決定的な気候変動対策の10年にすることができると楽観的に考えています」と記しています。

グーグルは、「持続可能性を地球規模で促進する」。このただひとつの使命のために結集しています。

地球に関する情報を整理し、テクノロジーによって実際に行動に移せる形にすることで、人々が力を合わせて地球に良い影響を及ぼせるようお手伝いしています。

しかし、2030年までにカーボンフリーを実現するのは簡単なことではありません。

 

ここでは、グーグルがどのように環境問題をリードし、パートナーを支援し、すべての人が気候変動の解決策の一部となれるようにしているかをご紹介します。

 

1. 2030年までに24時間365日、カーボンフリーのエネルギーで稼働

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Renewable Energy (@renewablesenergy)


現在、グーグルは2030年までに24時間365日カーボンフリーのエネルギーを実現する最初の大企業になることを目指しています。

そのために、カーボンフリーのエネルギー生成と貯蔵の新技術を追求しています。

 

また、政府や電力会社、政策立案者と協力して、これらの技術を導入し、システムレベルの変革を推進していきます。

そして、目標達成に向けた最善の方法をさらに学びながら、完全に脱炭素化された未来が誰にでも実現可能であることを示していきたいと考えています。

 

2. 1998年以降、レガシーカーボンの排出をすべて解消

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Renewable Energy (@renewablesenergy)


2007年、グーグルは大手企業として初めてカーボンニュートラルを宣言し、2017年からは電力消費量の100%を再生可能エネルギーの購入に合わせています。

また、創業以来のすべての排出量を中和するのに十分な質の高いカーボンオフセットを調達しています。

 

3. 57.5億ドルのサステナビリティ・ボンドを発行

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @aguerocuba


*サステナビリティ・ボンドは、世界中の環境・社会貢献活動への投資を促進するために、ますます重要なツールとなっています。

*サステナビリティ・ボンド・・・環境面においての持続可能性に貢献する事業(グリーンプロジェクト)や、社会的成果の達成を求める事業(ソーシャルプロジェクト)に要する資金を調達するために、国際資本市場協会(ICMA)が定めるグリーンボンド原則などのガイドラインにのっとって発行される債券のこと。

 

今年の8月、グーグルは57億5,000万ドルのサステナビリティ・ボンドを発行しました。この種の社債としては過去最大の発行額となります。

これらの投資により、*クリーンエネルギー、*グリーンビルディング、*クリーントランスポーテーション、*サーキュラーデザイン、手頃な価格の住宅、人種間の公平性、COVID-19への対応、中小企業への支援など、持続可能な未来に不可欠なさまざまな問題への支援が強化されます。

 

*クリーンエネルギー・・・エネルギーを生成する際に、二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しない、あるいは排出量が少ない低炭素のエネルギー源のこと。

*グリーンビルディング・・・建設や運営に必要なエネルギーや水使用量の削減、施設の緑化など、建物全体の環境性能を向上させる最大限の配慮して設計された建築物のこと。

*クリーントランスポーテーション・・・交通機関における石油消費量の削減として、徒歩、自転車、公共の交通機関やカープールの利用、走行距離と効率を上げる運転習慣、効率の良い代替燃料車やハイブリッド車の選択をすること。

*サーキュラーデザイン・・・廃棄物の発生を抑制し、有限である資源の効率的な再利用を行い、循環させながら利用していく社会(循環型社会)を意識したサービスや商品設計のこと。

 

4. 2030年までに製造地域で500万kwの新しいカーボンフリー・エネルギーの導入を可能にする


グーグルの主要製造地域を含め、世界の多くの地域ではカーボンフリーのエネルギーを調達することが困難です。

風力、太陽光、その他のクリーンエネルギーの開発を最も必要としている地域で推進するために、これまでの投資を基に、今後10年間で合計5ギガワットを稼働させようとしています。

これは、現在アリゾナ州で利用可能なすべての太陽光発電容量を上回るものです。

 

5. 2030年までに500以上の都市で年間1ギガトンの二酸化炭素排出量削減を目指す

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Solar Energy (@solar.energy01)

地球上の人口の半分は都市に住んでおり、二酸化炭素排出量の70%は都市で発生しています。

Environmental Insights Explorerは、すでに100の都市で、排出量や太陽光発電の可能性をより明確に把握するための支援を行っています。

 

このデータを3,000都市が利用できるようにすることで、各都市の気候変動対策計画の測定、計画、進捗管理を支援します。

これにより、大気環境の改善と新たな*グリーン・ジョブへの迅速な道筋がつけられ、1年間で2億台の自動車を廃車にするのと同等の排出量削減を目標としています。

*グリーン・ジョブ・・・環境に対する影響を持続可能な水準まで減らし、経済的に存立可能な雇用戦略のこと。

 

6. 森林再生とより良い樹木データで、大気中の二酸化炭素をより多く除去する

効率化とクリーンエネルギーは重要ですが、大気中の二酸化炭素を除去することも必要です。

しかし、植樹した木が成長し、土地やコミュニティを回復させるという望ましい効果を得るためには、どこに、いつ、何を植えるべきかを知ることが重要です。

そのためグーグルでは、カリフォルニア、テキサス、スペイン、オーストラリアで、科学的根拠に基づいた独自の森林再生活動を行っています。

また、Crowther Lab (クラウザー・ラボ)と協力して、世界中の森林再生プロジェクトの影響力を高めるためのグローバルなデータプラットフォームを開発し、他の人々がこの活動に参加できるようにしています。

 

7. 1,000万ユーロの「気候変動への挑戦」を立ち上げ、緑の復興を加速

 

View this post on Instagram

 

A post shared by TreeStory (@treestory_scot)


Google.org Impact Challenge on Climateは、テクノロジーを活用して欧州がより環境に優しく、より回復力のある未来に向けて前進することを目指す大胆なアイデアに1,000万ユーロの資金を提供します。

選ばれた組織は、アイデアを実現するために、最大200万ユーロの資金と、*Google for Startups Acceleratorによるカスタマイズされたポストグラントサポートを受けることができます。

 

*Google for Startups Accelerator・・・成長段階にあるスタートアップ企業が、専門家による技術、製品、リーダーシップなどのトレーニングを、自社のビジネスに合わせて受けることができるグローバルシリーズのプログラム。

 

8. 画期的なAI研究で建物の効率を飛躍的に向上

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Project Direct (@projdir)

2016年、グーグルとDeepMindは、AIを利用して、グーグルのグローバルデータセンターの冷却システムの制御を開始しました。

その後も2社は協力し、最もエネルギーを必要とするデータセンターの冷却システム改善を続けた結果、30%の電力削減をもたらしています。

 

ただ、これは素晴らしいことですが、まだスタート地点に過ぎません。

現在、グーグルはAIを活用した省エネを世界規模で実現するために、産業用*適応制御プラットフォームを開発しました。

*適応制御・・・加工中の条件変化を検出して、所定の加工状態を保つように制御する技術のこと。

 

これらの解決策は、最大手の産業用企業やビル管理ソフトウェアプロバイダーに提供していきます。

これらのソフトウェアプロバイダーを合わせると、世界の大型商業ビルの設置面積の60%近くを占めており、惑星規模の効率化が実現しました。

 

9. 2022年までに10億人の人々に環境フットプリント削減のための新たな行動様式を提供する

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ala Eh Co (@alaehco)

グーグルは、個人が及ぼしている環境への影響をよりよく理解し、二酸化炭素排出量を削減できるような製品や技術を開発しています。

今後2年間で、人々をより持続可能な選択肢につなげ、適切なタイミングで実行可能な情報を提供する機能を構築します。

グーグルの目標は、新しいサステナビリティ機能を主要製品に直接導入することで、毎年10億人の人々の*環境フットプリント削減を支援することです。

 

*環境フットプリント・・・人間の生活がどれほど自然環境に依存しているかを、わかりやすく伝える指標で、 人間活動が環境に与える負荷 を、 資源の再生産および廃棄物の浄化に必要な面積として示した数値のこと。

 

Google Flights」では、ヨーロッパの一部のフライトについて、二酸化炭素排出量の推定値と排出量によるソート機能を追加しました。

また、グーグルショッピングでは、カーボンニュートラルな配送や持続可能な商品の強調表示を追加しました。

その他にもたくさんの機能が追加される予定です。

(出典:Google「sustainability」

 

まとめ

グーグルのサステナブルな新機能の導入や環境問題への取り組みは、世界的に見てもトップクラスであり、「環境に優しい企業」と言えます。

また、グーグル社には、社員を信じ、自由を与え、自ら判断させる環境があるからこそ、新機能開発も行いやすく、今回のようなサステナブルな新機能が生まれたのでしょう。

今後、多くの企業がグーグル社をお手本とし、イノベーションを起こし、他企業と提携していく姿勢を取り入れることで、環境問題への取り組みはさらに加速化することを期待しています。

 

 

 

2.6万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ