菜食はストレス軽減につながるとの調査結果発表!その内容を解説

菜食はストレス軽減につながるとの調査結果発表!その内容を解説

フルーツや野菜メインの食生活と、ストレスレベルは密接に繋がっているという、調査発表の内容について解説します。

ハッピーキヌア編集部
2021年07月12日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

菜食はストレス軽減につながるとの調査結果発表!その内容を解説
ヴィーガンやベジタリアンと呼ばれるような、フルーツや野菜をメインにする食生活はストレスの軽減につながるという調査結果が発表されました。

オーストラリアにて調査をしたところ、食生活とストレスレベルは密接に繋がっているという関連性が見えてきたというのです。

 

この記事では、調査発表の内容について解説していくと同時に、ヴィーガン・ベジタリアン食を意識的にとることの体や心へのインパクトもご紹介していきます。

 

菜食はストレス軽減に繋がるという調査結果

菜食はストレス軽減に繋がるという調査結果
ヴィーガン・ベジタリアン食を意識している人に朗報です!

オーストラリアのEdith Cowan大学から「菜食生活をすることは、ストレスの軽減に繋がる」との調査結果が発表されました。

食生活とストレスレベルがどのように関連しているのでしょうか。

調査結果をご紹介していきたいと思います。

 

オーストラリアで実施された大規模なヒアリング

オーストラリアのEdith Cowan大学の調査員によって、25歳から91歳までの8,600人の方々を対象とした大規模な生活スタイル調査が行われました。

調査の目的は、糖尿病や肥満などの生活習慣病と食を含むライフスタイルの関係性を探るというものです。

 

調査から見えてきた「菜食」と「ストレス」の関係性

この調査によって「フルーツや野菜を1日に470g以上食べている人の方が、230g以下しか食べない人と比べて、ストレスレベルが10%低い」ということが判明しました。

どれくらいフルーツ・野菜を食べると良いかについては国によって若干異なりますが、WHO(国際保健機構)のガイドラインは「1日に400g」となっています。

 

今回の調査によるとWHOの定めている「1日に摂取した方がよいフルーツ・野菜の量」を少し上回る人たちにおいて、食べていない人よりもストレスレベルが低かったということです。

 

「食生活はメンタルヘルスに大きな影響をもたらす」との発表

今回の研究を行ったSimone Radavelli-Bagatini氏は、本調査によって「食生活と心の健康性についての関係性」を見つけたと言います。

「フルーツや野菜の多い食生活をしている人の方が、そうでない人と比べてストレスが少ないということが分かった。メンタルヘルスを健全に維持するにあたり、食生活が重要ということ」

…との発表は、ヴィーガン・ベジタリアン食を意識している人は、納得のいく調査結果ではないでしょうか。実生活において、このようなメリットを体感している人は少なくないはずです。

 

心の健康維持を意識的に行うことが現代人にとって大切

精神的な不調を訴える人が増えている昨今。

この調査の行われたオーストラリアにおいても、メンタルヘルスに関しては、年齢を問わず問題となっています。

 

具体的には「オーストラリア人の二人に一人は、人生において一度はメンタルの不調に陥る」と言われており、世界で見ても「10人に1人は何かしらの精神疾患をかかえている」とされています。

 

この調査を行ったSimone氏は「ある程度のストレスは仕方がないとはいえ、苦しい期間が長期化することで、心臓疾患や糖尿病、鬱などの病気に繋がってしまうケースが多く、ストレスからくる精神的な疲れをできるだけ取り除こうとする必要があります」と唱えています。

 

そんな中で「フルーツと野菜を積極的に食べることが、ストレス減に繋がる」というリサーチ結果は朗報です。

 

 

さらに、以前の調査で、これらの食生活が「若者のストレス減少に効果がある」とは発表されていましたが、今回は「若者だけでなく、どの年齢層においても同じ傾向がみられた」という新しい発見がありました。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook