オーガニックとは?定義や目的、健康に良いと言われる理由を解説

健康に良いといわれる”オーガニック”ですが、言葉の意味や本来の目的まで把握されている方は少ないのではないでしょうか。ヴィーガンの方も安心してお召し上がりいただける有機野菜に焦点を当てて、解説いたします。

皆さんは、オーガニックに対してどんなイメージを持たれていますか?

何となく体に良い物とか、自然食を指すと思われている方も多いのではないでしょうか。

 

オーガニックには、有機農法で作られた野菜などの食品の他にも、オーガニックコットンなどの衣類や化粧品・洗剤など、さまざまな種類のものがあります。

世間では「健康に良い」と思われているオーガニック製品ですが、なぜ健康に良いといえるのでしょうか?

今回は、オーガニックが健康に良いといわれる理由について、説明します。

 

オーガニックとは何なのか

近年、スーパーやデパ地下などの野菜コーナーなどでも、オーガニックの野菜が置かれているのをよく目にすることがありますが、そもそもオーガニックの定義や目的とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

オーガニックの定義とは

オーガニック「Organic」を日本語に直訳すると「有機の」という意味になります。

広く知られているオーガニック製品として、有機野菜やオーガニックコットンなどがあげられますが、これらの農産物は土中の微生物や土地の特性を活かし、化成農薬を使わずに土中の微生物や有機肥料を使い、自然を守りながら育てられ、収穫されたものです。

 

すなわち、科学肥料や農薬などの化学薬品を使わずに、太陽や水、土地などといった自然界の恵みを生かし、有機肥料だけで作られた農産物や加工品のことをオーガニック製品とよんでいます。

 

オーガニックの目的とは

オーガニックには目的があります。果たしてそれはどのようなものなのでしょうか?オーガニックの目的とは、自然を尊重した農法を採用し、自然環境や生態系を破壊せずに守ることです。

農作物への化成農薬の使用は、害虫などから作物を守ることが期待できますが、農薬の副作用で土中のミミズや微生物が少なくなってしまうことがあります。

 

その結果、土地がやせてしまい、自然界の生態系のバランスがくずれたり、食物連鎖のつながりよって、人体への悪影響が懸念されます。

そうならないためにも、化学農薬や化成肥料などの使用を極力避けて自然や地球環境を守り、自然のままの健全な食物連鎖を目指すこと。それこそがオーガニック本来の目的といえるでしょう。

 

オーガニックが健康に良いといわれる理由とは

オーガニック製品には厳しい審査基準が設けられており、それが健康にも良く、地球や自然環境を守ることにもつながっているようです。

では、なぜオーガニックは健康に良いと言われるのでしょうか?その理由について解説させていただきます。

 

オーガニックの認証基準(有機JAS規格)とは

https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

オーガニック食品には、農林水産省の有機JAS規格マークを表示することが認められています。

 

ただし、有機JAS規格マークを表示するためには、下記の認証基準をすべて満たしていなければなりません。

○種まき、または植え付けの前2年~3年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用しておらず、環境への負荷をできる限り軽減した方法で生産していること。

○遺伝子組換え技術を使用していないこと。

○たい肥などで土壌作りを行っていて、土壌を用いた農業生産を基本としていること。

 

これらの基準をすべて満たした生産者や事業者だけが、公平な第三者である登録認証機関(農林水産大臣の登録を受けた機関)からの審査を受けることができます。

そして、無事審査にクリアして有機JAS認定されたものだけが、有機JASマークの使用や「オーガニック」を名乗ることが許可されるのです。

 

有機肥料を使って栽培される

オーガニック野菜を栽培するにあたっては、化学肥料や農薬の使用が禁止されているため、栽培に使う有機肥料は、腐葉土や米ぬか、草木の灰などを利用して、自然界にある材料だけで作ります。

この有機肥料を作るためには、長時間かけて材料を発酵させるなど、手間もかかりますが、その分長期間にわたって肥料の効果が期待できますし、土の中の生物や微生物を殖やすなどにより、肥えた土壌が育ちます。

 

よく肥えた土壌で栽培・収穫されたオーガニックの野菜は残留農薬の心配もなく、安心して美味しく食べることができます。

 

生産者や生き物にも安心

合成化学肥料や農薬は有機肥料よりも値段も安くて即効性がある一方、化学肥料や農薬を使い続けることにより、土の中の微生物を減らしてしまうため、土壌がやせて不安定になってしまう恐れがあります。

 

また、農薬散布中に生産者や周辺の生物に農薬がかかったり、吸い込んだりしてしまった場合には、健康へのリスクなども懸念される他、残留農薬などの心配もあります。

オーガニック栽培は、自然の太陽や水、土作りなどの全てにおいて自然の恵みを利用した有機農法で行うため、生産者や消費者の安全はもちろんのこと、自然の生態系を破壊することもありません。

 

ビタミン・ミネラルなどの栄養価が高い

まだ研究段階ではありますが、一部の実験データによりますと、オーガニックで栽培された野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれており、普通に栽培されたの野菜よりも栄養価が高かったというデータがあるようです。

また、オーガニックレストランやスーパーなどで取り扱われているオーガニック野菜は、普通の野菜に比べて味も濃くて美味しいため、大人だけでなく、子供たちも残さず食べることが多いようです。

 

まとめ

オーガニック食品は、化成肥料や科学農薬をつかわずに自然の恵みや有機物だけを使って栽培されており、厳しい基準をクリアしなければ、有機農産物JAS規格マークを表示することができません。

有機肥料を使い、太陽や水、土などの自然の恵みを生かした有機栽培の下、手間ひまかけて生育されたオーガニック野菜は、残留農薬などの心配もなく安心して食べることができます。

 

さらにオーガニック農法は、生産者の方や土中の微生物などの自然や生態系にも優しいため、健康に良いだけでなく、動物や地球環境を守るというヴィーガン精神にもつながっていくことでしょう。

オーガニック製品にはたくさんの種類があり、ヴィーガンの方にも安心してお召し上がりいただけるオーガニック野菜などの自然食をはじめ、着心地の良いオーガニックコットンや日用品まで、実にさまざまです。

 

皆さんも、まずは身近なところから、健康に良いオーガニックな生活を始められてみてははいかがでしょうか。

 

Amazonで買えるオーガニック食品はこちらから

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ