オーガニックとは?定義や目的、健康に良いと言われる理由を解説

オーガニックとは?定義や目的、健康に良いと言われる理由を解説

健康に良いといわれる”オーガニック”ですが、言葉の意味や本来の目的まで把握されている方は少ないのではないでしょうか。ヴィーガンの方も安心してお召し上がりいただける有機野菜に焦点を当てて、解説いたします。

ハッピーキヌア編集部
2021年05月06日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
オーガニックとは?定義や目的、健康に良いと言われる理由を解説
皆さんは、オーガニックに対してどんなイメージを持たれていますか?

何となく体に良い物とか、自然食を指すと思われている方も多いのではないでしょうか。

 

オーガニックには、有機農法で作られた野菜などの食品の他にも、オーガニックコットンなどの衣類や化粧品・洗剤など、さまざまな種類のものがあります。

世間では「健康に良い」と思われているオーガニック製品ですが、なぜ健康に良いといえるのでしょうか?

今回は、オーガニックが健康に良いといわれる理由について、説明します。

 

オーガニックとは何なのか

近年、スーパーやデパ地下などの野菜コーナーなどでも、オーガニックの野菜が置かれているのをよく目にすることがありますが、そもそもオーガニックの定義や目的とは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

オーガニックの定義とは

オーガニック「Organic」を日本語に直訳すると「有機の」という意味になります。

広く知られているオーガニック製品として、有機野菜やオーガニックコットンなどがあげられますが、これらの農産物は土中の微生物や土地の特性を活かし、化成農薬を使わずに土中の微生物や有機肥料を使い、自然を守りながら育てられ、収穫されたものです。

 

すなわち、科学肥料や農薬などの化学薬品を使わずに、太陽や水、土地などといった自然界の恵みを生かし、有機肥料だけで作られた農産物や加工品のことをオーガニック製品とよんでいます。

 

オーガニックの目的とは

オーガニックには目的があります。果たしてそれはどのようなものなのでしょうか?オーガニックの目的とは、自然を尊重した農法を採用し、自然環境や生態系を破壊せずに守ることです。

農作物への化成農薬の使用は、害虫などから作物を守ることが期待できますが、農薬の副作用で土中のミミズや微生物が少なくなってしまうことがあります。

 

その結果、土地がやせてしまい、自然界の生態系のバランスがくずれたり、食物連鎖のつながりよって、人体への悪影響が懸念されます。

そうならないためにも、化学農薬や化成肥料などの使用を極力避けて自然や地球環境を守り、自然のままの健全な食物連鎖を目指すこと。それこそがオーガニック本来の目的といえるでしょう。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook