ペットボトルでできたレゴ?レゴ社もリサイクル素材使用へ

再生プラスチック製レゴや、まだ解決していない問題点、これまでの新素材開発について詳しく解説していきます。

1934年に最初のレゴが発売されて以来、世界中で愛され続けているレゴ。

1949年にプラスチック製になったレゴは、年間約10万トン以上のプラスチック使用して製造されています。

 

SDGsが採択された2015年以降、レゴグループは、地球や未来の子供たちのために、すべてのレゴ製品を持続可能な素材へ置き換えることに挑戦しています。

そしてレゴグループは2021年、目標の達成へと大きく前進する「再生プラスチック製レゴ」を発表しました。

 

今回は、再生プラスチック製レゴはどういったものなのかや、まだ解決していない問題点、これまでの新素材開発について詳しく解説していきます。

 

レゴグループのサステナブルへの取り組み

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LEGO(@lego)がシェアした投稿


レゴは、世界中で約750億個製造され、その80%が石油を原料としています。プラスチックにするその使用量は10万トンと膨大なものです。

 

プラスチックでの製造は、石油資源枯渇や、炭素の排出、海へ流出による生態系の悪影響など、多くの問題が懸念されます。

これらの問題を回避すべく、2015年よりレゴグループは、「脱石油素材」への取り組みを開始しました。

 

使用済みペットボトル由来のレゴ

再生プラスチック製レゴは、使用済みペットボトルを原料とした「リサイクルプラスチック」を利用しています。

 

リサイクル原料を使用することにより石油の使用が減少し、資源の節約や製造による二酸化炭素の排出を抑えることが可能です。

なお、再生プラスチック製レゴは、1リットルのペットボトルをリサイクルするごとに10個分のブロックが作られるとのこと。

 

前述の通り、1年間で製造されるレゴの個数は750億個程度です。

世界中で廃棄されるペットボトルは5000億本超と言われていますから、その一部でもリサイクルに回せば、すべてのレゴブロック製造をまかなえることになります。

 

再生プラスチック製レゴの課題

その一方で、再生プラスチック製レゴには、技術的な課題が存在します。具体的には以下の通りです。

  • 色の種類
  • 形状加工
  • 強度
  • 長期的な生産

 

再生プラスチック製レゴはまだ日が浅い技術なために、これまでの「ABS樹脂製レゴ」同様の扱いができません。

 

そもそもABS樹脂製のレゴブロックは50年以上かけ、課題解決をしてきたものです。

一方で再生プラスチック製レゴはまだまだ開発初期段階であるため、これまでのレゴのようにいかない部分が多くあります。

 

たとえば色です。
レゴといえば、色鮮やかさが特徴です。レゴブロックやパーツには一つ一つに色の名前が存在し、100種類近く存在するほど多様です。

再生プラスチック製レゴは、鮮やかな発色を表現するのはまだまだ難しいとのことです。

 

加えて、形状加工のしやすさや強度も、ABS樹脂製レゴのようなものではありません。

一般的に、再生プラスチックは、従来のプラスチックよりも機械的強度は落ちるとされています。

耐久度が低くなるため、加工ができなかったり、強度のいる部品に使えなかったりするようです。

 

さらに、上記のような理由のため品質が安定せず、鋳造型での長期的な生産にも課題があります。

 

これまで開発された素材

SDGsの採択以降、サステナブル素材への転換をはじめたレゴは、2015年に「Sustainable Materials Center(サステナブル素材センター)」を設立しました。

100人以上の従業員が、2030年までの100%サステナブル素材で製造することを目指し、続々と素材を開発しています。

 

植物由来のブロック・パーツ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

LEGO@instagram(@legoinstgrm)がシェアした投稿


設立されてから2年強が経過した2018年3月、レゴグループは、最初のサステナブル素材となる「植物由来のレゴパーツ」を発表します。

 

植物由来のレゴの素材は、サトウキビから作られるバイオポリエチレン

製造時に石油を使用しないため、カーボンフリーでサステナブルなレゴです。

 

ただし、利用されるのは、「茂みや木」「洗車ブラシ」「ドラゴンの翼」「フィギュア」など、柔らかいことが特徴のパーツに限られています。

植物性由来の玩具パーツは、基本的にかなり柔らかく、強度のある部品にはほとんど使えないためです。

植物由来のプラスチックの利用は全体の数パーセント程度にとどまっています。

 

すべての包装材を持続可能な素材へ

レゴグループは2020年、2025年までを目途に、すべての包装材をサステナブルな素材にする」という目標を発表しました。

具体的には、これまでのビニール袋といった包装材を、持続的でリサイクル可能な紙袋へ置き換えていくとしています。

 

現在1年ほど経過した2021年ですが、開発はかなり順調とのことです。

レゴグループのCEOであるクリスチャンセンは、「残すは自社工場の調整のみで、2025年までの”脱石油梱包材”に間に合う」と語っています。

 

期限まで既に10年を切っている

すべてのパーツを持続可能な素材に変えると掲げた期限である2030年まで、残された時間は既に10年を切っています。

 

包装材に関してはサステナブル素材に置き換わる見通しがありますが、レゴパーツのサステナブル素材化は前途多難です。

ABS樹脂製ブロックの持つ特性を兼ね備えた、再生プラスチック製素材を完成させなければならないためです。

 

発色や透明さといったデザインはもちろんのこと、子供が使うものなので耐久性や安全性も高いハードルになります。

子供の不規則な行動にも耐えうる長期的な頑強性が必要ですし、万が一破損したとしても鋭利になってケガしないような安全性もなければなりません。

そのほか、高温や低温への耐性や、化学物質などを含まないことの確認も必要です。

 

まとめ

2021年にレゴグループは、使用済みペットボトルから作られる「再生プラスチック製レゴ」を発表しました。

石油由来である従来のABS樹脂製レゴから置き換わることで、資源の利用や炭素排出の削減が期待されます。

また、大量生産可能な再生プラスチックの登場により、レゴグループの掲げる「2030年までにすべての素材を再生可能なものに変える」という目標へ大きく前進しました。

その一方で、強度や安全性、デザインなどまだまだサステナブル素材化の実現には程遠い部分も多くあり、より研究・開発の必要があるでしょう。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ