ヴィーガンと環境問題|畜産業が地球温暖化に与える影響はどれくらい?

ヴィーガンと環境問題|畜産業が地球温暖化に与える影響はどれくらい?

畜産業による地球温暖化をはじめとする気候変動への影響を詳しくご紹介。SDGsの目標の1つにもある「気候変動に具体的な対策を」にヴィーガンであることで貢献できる理由や地球温暖化以外で畜産業が影響している環境問題についてもご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2021年03月08日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
ヴィーガンと環境問題|畜産業が地球温暖化に与える影響はどれくらい?
地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)やメタンガスの排出は、畜産業によるものも大きく、特に牛から排出されるゲップ(メタンガス)は、強力な温暖化効果があるだけに深刻な問題となっています。

そのため、畜産業による地球温暖化への影響を減らすためには、肉類全部を控えるのが一番ですが、まずは牛肉の消費を抑え、畜産代替品(大豆ミートなどの植物性で作られる畜産類似食品)にする事がすすめられます。

 

そこで今回は、畜産業が地球温暖化に与える影響をいくつかの資料や論文を基に徹底解説。

ヴィーガンは地球温暖化による気候変動の防止に貢献できること、また畜産業が影響を与えている地球温暖化以外の環境問題についてもご紹介します。

 

畜産業が地球温暖化に与える影響

現在、世界中の多くの人々が気候変動の影響を受け、苦しい境遇に置かれています。

2030年を達成期限とするSDGs(持続可能な開発目標)の1つに、「気候変動に具体的な対策を」があり、環境問題を緩和するという目標を掲げていますが、ヴィーガンであることは、この目標達成へ貢献することが可能と考えられます。

※地球温暖化は、気温を上昇させるのみでなく、地球全体の気候を大きく変える「気候変動」を引き起こします。

 

ヴィーガンになることで貢献できる「SDGs」に関する記事も参考にしてください。
今さら聞けない「SDGs」とは|ヴィーガン必見のエシカルなトレンドを解説

 

それでは、何故ヴィーガンが環境問題を緩和することに貢献できるのか、「畜産業と地球温暖化による気候変動」との関係から、そのことが分かる記事を以下にご紹介します。

 

ヴィーガンになり気候変動に立ち向かおう!

アメリカのアニマルライツ(動物愛護・動物擁護)団体、 PETA「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of Animals)」のサイトから、「ヴィーガンになり気候変動に立ち向かう」事に関する記事があるので、要約してご紹介します。

 

気候変動は人類最大の課題であり、世界最大の環境脅威と呼ばれています。

国連(U.N.)の報告書「Climate Change 2014」によると、気候変動は、世界のあらゆる大陸に影響を及ぼしており、農業、人間の健康、生態系、水の供給、さらには人々の生活にまで影響を与えています。

 

多くの環境問題への意識の高い人々は、燃費の良い車を運転したり、省エネ電球を使用したりすることで気候変動に対抗しようとしていますが、これらの対策では十分ではありません。

環境保護を真剣に考えるなら、肉、卵、乳製品を食べるのをやめることが最も重要なことなのです。

 

畜産業が気候変動に与える影響 

大量の穀物と水を家畜に与えて食肉にするためには、加工や運搬、貯蔵の過程が必要となり、それに伴う大きなエネルギーも必要とします。

また、温室効果ガスを吸収する森林は、牧草地を供給したり、家畜のための作物を育てたりするために伐採されています。

さらに、動物と、動物が生産するすべての糞尿は、さらに多くの温室効果ガスを大気中に放出しています。

 

温室効果ガス排出量

 

View this post on Instagram

 

A post shared by A Well-Fed World (@awellfedworld)

二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素はすべて強力な温室効果ガスであり、それらを合わせて気候変動の大部分を引き起こしています。

 

【二酸化炭素】

化石燃料(石油やガソリンなど)を燃やすと二酸化炭素が放出されます。

動物性タンパク質1カロリーを生産するのに必要な化石燃料の量は、穀物タンパク質1カロリーを生産するのに必要な化石燃料の量の約11倍となり、かなり多くの二酸化炭素が排出されます。

 

研究者たちは、「動物性のタンパク質よりも植物性のタンパク質を生産する方が『気候的に効率的』である」と認めています。

 

Chatham House, an international affairs think tank(国際問題のシンクタンクであるチャタムハウス)は、気候変動に対抗するために肉に炭素税を課すことを呼びかけています。

 

もちろん、動物性の食品でなく、ヴィーガンとなることが、二酸化炭素排出量を減らすための最良の方法です。

 

シカゴ大学の研究では、「従来の車からハイブリッド車に乗り換えるよりも、ヴィーガンになる方がより効果的に二酸化炭素排出量を減らすことができる」という結果が出ています。

 

【メタン】

アメリカの工場型畜産では、毎年何十億頭もの動物が詰め込まれ、膨大な量のメタンを発生させています。

牛・羊・ヤギなどの反芻動物が餌を消化している間にメタンガスを発生させ、また、これらの農場にいる豚、牛、その他の動物が排泄する糞尿で満たされた数エーカーの掃き溜めからもメタンガスが排出されます。

 

米国環境保護庁によると、畜産業は世界的にメタン排出の最大の原因であり、メタンは二酸化炭素の25倍以上もの熱を大気中に閉じ込めているとされます。

 

マーサー大学の研究者、ヴァシル・スタネスキュ氏によると、「オーガニック」な方法で飼育された動物は、工場で飼育された動物よりもさらに多くのメタンを排出していると述べています。

いわゆる「放し飼い」や「放牧」の動物は、温室効果ガスの排出量へ著しく悪い影響があると考えています。

 

【亜酸化窒素】

亜酸化窒素は、二酸化炭素の約300倍の温室効果があります。

国連によると、食肉、卵、乳製品産業は世界の亜酸化窒素排出量の65%を占めています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook