SDGsを意識して移動しよう!引っ越し時のエシカルアクション5選

SDGsを意識して移動しよう!引っ越し時のエシカルアクション5選

春からの新生活に備えたSDGsを考慮した引っ越しをしよう!誰でもできるエシカルな引っ越しのポイントを一挙ご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2021年03月06日
SDGsを意識して移動しよう!引っ越し時のエシカルアクション5選
引っ越しは皆さん一度や二度は経験あると思いますが、荷物が多いと本当に大変な作業ばかり!

新入学や新社会人の引っ越しで、何から何まで新しいものを揃える場合は別として、たいがいの方は今ある荷物を運んだり、廃棄したりと手間がかかってしまいます。

そうした引っ越しで、ぜひ考えたいのがSDGsを意識した方法です。今回は引っ越しの時のエシカルアクションについてご紹介します。

 

SDGs的な引っ越し時のエシカルアクション5選

1. 引っ越の準備中からゴミゼロを考える

ボックス, 段ボール, パッケージ, 配信, 梱包, コンテナー, トランスポート, 負荷, 海運, パック

引っ越しをする際、荷物をすべて運ぶ方は少ないですよね。この機会に必要のないものを整理したり、新しいものに買いかえる方が多いと思います。

引っ越し時のゴミの量は想像以上に多く、ただただ捨てるというのは環境に配慮したやり方ではありません。できるだけゴミが出ないようにするためには、どのようにしたら良いでしょうか。

  • 必要ない大型家具や家電はリサイクル業者に見てもらう。

不用な家具や家電を処分する場合、自治体の粗大ごみ回収や民間の不用品回収業者に依頼する方が多いようです。

査定はそれほど期待できませんが、リサイクルショップで一度査定依頼することをおすすめします。

  • 引っ越し前は食品や調味料などはなるべく使い切るようにする
  • 消耗品の備蓄はしないで減らしていく(洗剤やトイレットペーパーなど)
  • 着なくなった衣類などはリサイクルしてみる

 

画像:BRING

ファッション業界では、サステナビリティーを重視した取り組みが広がっています。衣類の回収を受け付けている企業やブランドが増えています。

  • ユニクロ(UNIQLO)
  • ジーユー(GU)
  • 無印良品
  • H&M
  • ザラ(ZARA)
  • ゴールドウィン(ザ ノースフェース・ヘリーハンセン
  • ワコール

自社ブランドのみや他社製品も扱うメーカーもあります。

また、洋服や本、CDなど不要品を寄付し、インドやガーナへ送るNPO法人もあります(NPO法人ACE)。着なくなった服を回収してリサイクルする会社もあります(BRING)。

その他、自治体で回収している区や市もあり、さまざまな企業がサステナブルを考慮した取り組みをはじめています。

  • 入らない本やDVDを買い取り店へ持って行きましょう。

 

2. 環境に配慮したプラン・引っ越し業者を見つける

数年前から環境問題に取り組み始めた引っ越し業者が増えてきています。

荷物の梱包をする段ボールを、使い捨てでなく繰り返して使えるオリジナルな梱包アイテムを導入したり、引越便で不要品の買取サービスをしてる業者があります。

遠方に引っ越しの場合

このようにそれぞれの業者が取り組んでいますが、自分にあった業者で見積もりを出してもらうことが肝心です。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook