【オランダ】動物性食品の価格高騰、「ヴィーガン食品=安い」が当たり前に?

【オランダ】動物性食品の価格高騰、「ヴィーガン食品=安い」が当たり前に?

オランダではヴィーガンミートの価格が動物性食肉より低くな利始めています。その背景を詳しくご紹介します。

aimi
2022年08月09日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【オランダ】動物性食品の価格高騰、「ヴィーガン食品=安い」が当たり前に?
オランダではヴィーガンミートの価格が動物性食肉より低くなり、従来の動物性食品と植物性食品の価格の差が変化しています。

 

国際的な食品擁護団体ProVegによると、オランダ国内において、肉の価格が急激に上昇する一方、ヴィーガン・バーガーやヴィーガン・ソーセージなどの植物由来の肉の代替品は安くなっています。

 

価格比較の研究によるデータ

価格を比較するためのデータは、ProVegが研究を委託したQuestionmarkによって照合されたものです。

研究者は、ヴィーガンとそうでないものの両方のタイプの最安値の製品をを比較すると、「2022年2月から6月の間に3つのプラントベースの代替品の価格は、従来の動物性のものよりも下落したことが明らかになった」と報告しました。

 

2022年2月時点では、プラントベースハンバーガーは、動物由来のハンバーガーよりキロ当たり平均56セント(約77円)高かったのに対し、6月にはキロ当たり78セント(約107円)安くなりました。

また、プラントベースチキンは、2月時点でキロ当たり1.16ユーロ(約159円)高かったのに対し、6月にはキロ当たり37セント(約51円)高いほどになり、価格の差が大きく縮まりました。

 

ProVegは、「植物性の代替肉が平均して肉より安くなったからと言って、すべての植物性の代替肉とすべてのスーパーマーケットでそうであるということではない。」と補足しています。

しかし、代替肉をはじめとする植物由来食品の価格はこれから低下していくと考えられます。

 

以下では、その具体的な理由や主な要因を見ていきましょう。

 

インフレの代償

ProVegオランダのPablo Moleman(パブロ・モレマン)氏によると、食肉の価格高騰の原因にインフレが大きな影響を与えているとしています。

オランダでは、2022年2月から6月の間に価格が21%上昇したのに対し、植物由来の代替肉の価格はわずか2%しか上昇しませんでした。

 

これは「原料コストの上昇と肉の生産に固有の非効率性が組み合わされた」ためだと考えられています。

 

「肉は常に水や飼料など、膨大な量の原料を必要とする製品です。1kgの肉を作るのに、10kgもの穀物が必要なのです。原材料を大量に使用するため、食肉は代替肉よりも世界市場の混乱の影響を受けやすいのです。

効率性で植物性の肉は明らかに優れており、それが現在の価格に反映されているのが見て取れます。」

とモレマン氏は原料コストと効率性を比較して述べています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook