食品添加物と動物実験、人体への影響を徹底解説(ヴィーガンの観点あり)

ヴィーガンが食品添加物を避ける理由は、健康のためだけではありません!実は、食品添加物開発の裏には悲しい事実もあるのです。ヴィーガンが添加物を避けるもう一つの理由を徹底解説。

食品添加物は健康によくないものもありますが、実は動物実験を行い、安全性を確かめていることをご存知でしょうか。

この理由のために、添加物を避けるヴィーガンの方も多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は、食品添加物と動物実験の現状、食品添加物のデメリットなどについてご紹介します。

 

食品添加物とは?

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

 

厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や、使用の基準を定めたうえで、使用を認めています

また、使用が認められた食品添加物についても、国民一人当たりの摂取量を調査するなど、安全の確保に努めているとされます。

(出典:厚生労働省「食品添加物」

 

食品添加物のルール

食品添加物には、食品衛生法により、以下のようなルールが定められています。

 

【使用できる添加物】

使用できる食品添加物は、原則として厚生労働大臣が指定したものだけです。これは、天然物であるかどうかに関わりません。

例外的に、指定を受けずに使用できるのは、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物だけです。未指定の添加物を製造、輸入、使用、販売等することはできません。

 

【品質や使用量】

食品添加物には、純度や成分についての規格や、使用できる量などの基準が定められています。

 

【食品への表示】

原則として、食品に使用した添加物は、すべて表示しなくてはなりません。

表示は、物質名で記載され、保存料、甘味料等の用途で使用したものについては、その用途名も併記しなければなりません。

表示基準に合致しないものの販売等は禁止されています。なお、食品に残存しないもの等については、表示が免除されています。

 

使用が認められている食品添加物

日本で使用が認められている食品添加物には、指定添加物、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物があります。

 

【指定添加物】

食品衛生法第12条に基づき、厚生労働大臣が定めたものです。

安全性について、食品安全委員会の評価を受けて、個別に指定されます。

使用例:ソルビン酸、キシリトールなど
(令和3年1月15日改正まで記載、登録品目数:472品目)

詳細リスト

 

【既存添加物】

平成7年に食品衛生法が改正され、指定の範囲が化学的合成品のみから天然物を含むすべての添加物に拡大されました。

法改正当時既に我が国において広く使用されており、長い食経験があるものについては、例外的に、法改正以降もその使用、販売等が認められることとなっています。

使用例:クチナシ色素、タンニンなど

(令和2年2月26日改正まで記載、登録品目数:357品目)

詳細リスト

 

【天然香料】

動植物から得られる天然の物質で、食品に香りを付ける目的で使用されるもので、基本的にその使用量はごく僅かであると考えられます。

使用例:バニラ香料、カニ香料など

詳細リスト

 

【一般飲食物添加物】

一般に飲食に供されているもので添加物として使用されるものです。

使用例:イチゴジュース、寒天など

詳細リスト

(出典:厚生労働省「よくある質問」

 

以上のように、添加物にも様々な種類のものがあり、全ての数を合わせると1500種類となります。

「添加物=体に悪い」というイメージがある一方で、上記でお伝えした通り、「厚生労働省は、食品添加物の安全性について食品安全委員会による評価を受け、人の健康を損なうおそれのない場合に限って、成分の規格や使用の基準を定めたうえで、使用を認めています」とあり、安全性は確認されています。

 

しかし、その安全性を確かめるうえで行われるのが「動物実験」なのです。

そこで、特にヴィーガンには気になる「食品添加物の安全を確かめるための動物実験の現状」について次にご紹介します。

 

食品添加物の安全を確かめるための動物実験の現状

まず、食品添加物の安全性評価は、リスク評価機関である食品安全委員会が以下のように行います。

 

添加物のリスク評価

安全性評価の原則 1955年に添加物の安全性、有効性及び規格を評価するため の国際組織としてFAO/WHO食品添加物合同専門家会(JECFA) が設立されました。

 

原則1: 添加物について絶対的に有害性がないという証拠を示すことは不可能だが、科学的立場から慎重に企画された 試験によって、特定の用量で使用される添加物の安全性の評価は可能である。

原則2: 添加物は必要最低量を用いるべきであり、そのためには使用の上限量を設定すべきである。

 

原則1は、動物試験等による安全性評価方法の確立、原則2は、科学的指標となる一日摂取許容量(ADI)の設定の基礎となっている。

 

添加物のリスク評価に用いられる主な動物試験

  • 体内動態試験 (ラット、イヌ)
    1回~反復投与し、体内での吸収、代謝、分布、排泄を調べる。
  • 反復経口投与毒性試験 (ラット、マウス、イヌ)
    ある期間(28あるいは90日、1年)毎日投与して一般的な毒性を調べる。
  •  繁殖試験 (ラット)
    2世代にわたって投与し、生殖機能や新生児に影響が出るか調べる。
  •  催奇形性試験 (ラット、ウサギ)
    妊娠中の母動物に投与して、奇形の児が生まれてくるかどうか調べる。
  • 発がん性試験 (ラット、マウス)
    2~1.5年間毎日投与し、発がん性があるかどうか調べる。
  • 遺伝毒性(変異原性)試験 (サルモネラ菌、培養細胞、マウス)
    遺伝子や染色体を障害するかどうか調べる。
  • 一般薬理試験 (ラット、マウス、イヌ、モルモットなど)
    中枢神経、自律神経、呼吸・循環器、消化器、電解質代謝、血液などに対する影響を調べる。

(出典:食品安全委員会「食品添加物のリスク評価について」

 

大変悲しい事ですが、多くの動物を実験に用いて、添加物の安全性が確認されている現状です。

 

添加物のリスク評価の詳細

【1日摂取許容量(ADI)】

(ADI : Acceptable Daily Intake)

定義:現時点での最高の科学水準にてらして、ヒトが、食品中に含まれるある食品添加物を、一生涯にわたって毎日摂取しても健康に悪影響がないと推定される1日当たりの摂取量で、mg/kg 体重/日で示される。

各種毒性試験で得られた無毒性量(NOAEL)を比較し、その中から最小の無毒性量を選び、安全係数を考慮して設定される。

 

【無毒性量(NOAEL)】

(NOAEL: No Observed Adverse Effect Level)

定義:動物を使った毒性試験において何ら有害作用が認められなかった最大の投与量。mg/kg体重/日で示される。

 

  • 各種動物(ラット、マウス、イヌ、ウサギ等)の毒性試験において、それぞれ無毒性量(NOAEL)を求める
  • これらの中で最小の無毒性量を原則ADI設定に用いる。

 

【安全係数 ( SF)】

( SF:Safety Factor )

定義:各種動物試験から求められた食品添加物の無毒性量から、ヒトのADIを求める際に用い係数。

動物からヒトへデータを当てはめる際の不確実性(吸収、代謝、排泄、毒性作用機序の違いなど)を考慮して求められる。

 

  •  動物とヒトとの種差を10
  •  ヒトとヒトとの間の個体差を10
  • それらを掛け合わせた100 を基本として用いる。

1日摂取許容量(ADI)= 評価食品添加物の無毒性量※ ÷ 安全係数(100)

※各種動物試験から求められた無毒性量のうち最小のもの

(出典:食品安全委員会「食品添加物のリスク評価について」

 

厚生労働省では、食品添加物を実際にどの程度摂取しているか調査しており、最近の調査結果では、実際の摂取量は、健康への悪影響がないとされる「一日摂取許容量」(ADI)を、大きく下回っているとしています。

しかし、「評価食品添加物の無毒性量」は、動物を使った毒性試験において確認されており、ここでも悲しい現実を突き付けられます。

 

医薬品や化学製品、農薬などの研究開発、身近なところでは、日用品や化粧品、食品と幅広い分野において動物実験が行われています。

安全性を確認するためは必要と考える人もいますが、動物実験の廃止運動も活発化していますし、動物実験に代わる方法を取り入れている国も多くなっています。

そこで、その「動物実験の代替法」に関して、次にご紹介します。

 

世界で広がる動物実験の代替法


ここでは、世界中の動物実験を終わらせるために活動しているイギリスの「Cruelty Free International」のサイトにある「動物実験の代替手段」に関する記事を要約してご紹介します。

 

動物実験の代替手段は、多くの場合、より安く、より速く、より効果的です。動物実験を代替することは、人間の患者を危険にさらすことではありません

また、医学の進歩を妨げるものでもありません。むしろ、動物実験を代替することで、科学の質と人間性を向上させることができるのです。

幸い、動物実験に代わる方法の開発は進んでいます。科学の革新により、毒性試験、神経科学、医薬品開発などの分野で動物実験が代替されつつあります。 しかし、まだまだ課題の多いのが現状です。

Cruelty Free Internationalの科学チームが行っている最も重要な仕事の1つは、動物実験に代わる方法を受け入れ、促進するよう規制当局に働きかけることです。

 

動物実験の代替手段の種類

【細胞培養】

ヒトや動物のほとんどの種類の細胞を実験室で培養することができます。科学者たちは、細胞を誘導して、人間のミニチュア臓器などの3次元構造に成長させることにも成功しており、新しい治療法をより現実的な方法で試すことができるようになっています。

細胞培養は、がん、敗血症、腎臓病、エイズなどの分野における重要な開発の中心となっており、化学物質の安全性試験、ワクチンの製造、医薬品の開発にも日常的に使用されています。

【ヒトの細胞組織】

人間のボランティアから提供された健康な細胞組織や病気の細胞組織は、動物実験よりも適切な方法で人間の生物学や病気を研究することが可能です。

ヒト組織は、手術(生検、美容整形、移植など)から提供することができます。

例えば、再構成されたヒトの皮膚やその他の組織から作られた皮膚や眼のモデルが開発され、残酷なウサギの刺激性試験に代わって使用されています。

ヒトの細胞組織は、人間の死後でも利用でき、死後の脳組織は、脳の再生や多発性硬化症やパーキンソン病の影響を理解するための重要な手がかりとなっています。

 

【コンピューターモデル】

コンピュータの高度化に伴い、人体の側面を「モデル化」または「複製」する機能がこれまで以上に可能になっています。

心臓、肺、腎臓、皮膚、消化器、筋骨格系などのコンピュータモデルがすでに存在しています。これらのモデルを使って、既存の情報や数学的データに基づいた仮想実験を行うことができます。

 

【ボランティア研究】

技術の急速な進歩により、高度なスキャン機器や記録技術が開発され、人間のボランティアを安全に研究することが可能になりました。

医学の発展のために同意を得た人間を対象に、栄養、薬物中毒、痛みなどの研究を行うこともあります。これらの研究は、動物実験に代わるものとなります。

 

代替方法の有能性

  • モルモットを使った粗悪な皮膚アレルギーテストでは、ヒトの反応を72%しか予測できない。しかし、化学や細胞を使った代替法を組み合わせることで、90%の確率でヒトの反応を正確に予測できることがわかっています。
  • 悪名高いウサギの皮膚刺激性試験では、ヒトの皮膚反応は60%しか予測できない。 しかし、ヒトの皮膚を再構成して使用すると、最大で86%の精度で予測できます。
  • 化学物質や薬品が胎児に悪影響を与えるかどうかを調べるために、妊娠中のラットを使って行う標準的なテストでは、危険な物質の60%しか検出できない。 しかし、それに代わる細胞ベースのテスト(EST)では、非常に有害な化学物質を100%の精度で検出することができます。
  • 生きたマウスを使った残酷で信頼性の低い貝毒検査。現在では、より優れた分析化学的手法に完全に置き換えられています。

 

※動物実験に関する科学は非常に複雑であり、見解が異なることもあります。このウェブサイトに掲載されている内容は、Cruelty Free Internationalの専門家の意見であり、証拠を徹底的に評価した上で掲載されています。

(出典:Cruelty Free International「Alternatives to animal testing」

 

以上のように、代替法が開発された理由は、化粧品における動物実験への反対運動の高まりでした。ただ、現在では、化粧品の分野のみでなく、他の化学物質に対しても適用が拡大されつつあります。

 

日本においては、このような代替法の存在自体が普及・浸透しておらず、欧米に比べてその研究開発は遅れているようです。

そのため、消費者である私たちが「動物実験反対」の声をあげ、メーカーや政府に働きかけていくことが、今後ますます大切になってくるでしょう。

 

ヴィーガンは知っておきたい「クルエルティーフリー」に関する記事も参考にしてください。
クルエルティーフリーって何のこと?ヴィーガン必見の世界的な潮流を徹底解説

 

以上のように、ヴィーガンが添加物を避ける理由には、添加物の安全確認のための動物実験がありますが、「健康のために避ける」という方も多いものです。

食品添加物と言うと体に悪いイメージがありますが、それではなぜ多くの添加物の使用が認めらているのでしょうか?

 

そこで、食品添加物の使用目的を次にご紹介します。

 

食品添加物の使用目的

  • 食品を製造または加工時に必要。
  • 食品の形成、独特の食感を持たせるため。
  • 着色したり、脱色したりし、食品の見た目を良くするため。
  • 食品に甘味や酸味あるいは香りなどを加え、味と香りを良くするため。
  • 食品の腐敗や油脂成分の酸化を防ぎ、品質を保つため。
  • 食品の栄養価を補うため。

 

以上のように、食品添加物は、食品の保存や品質を向上させる目的で使用されています。

添加物を使用する目的は分かりましたが、その一方で、添加物の使用が疑問視されているのも事実です。

 

そこで、食品添加物のデメリットを次にご紹介します。

 

食品添加物のデメリット

まず、特にヴィーガンにとっては、添加物の安全性の確認のために「動物実験」が行われている事は大きなデメリットとなります。

 

その他にも、食品添加物のデメリットはありますので、以下にご紹介します。

 

  • 食品添加物を使用することで、品質や味などが安定するため、本来の甘さや辛さなどへの味覚が鈍り、砂糖や塩分、油分などを過剰に摂取してしまう可能性があります。
  • 食品添加物の使用が認められているものは、基本的に安全性と有効性が認められたものとなりますが、実際には健康を害したり、病気の原因となる可能性のものもあると言われています。
  • 保存効果に依存し過ぎると、製造や流通、販売等の衛生管理がおろそかになる可能性があります。
  • 日本では認められている食品添加物でも、海外では使用が禁止されている食品添加物もあります。

 

上記で「海外では使用が禁止されている食品添加物」もありますので、その一例を以下にご紹介します。

 

海外では使用が禁止されている食品添加物

【食用赤色2号(別名:アマランス)】

日本における使用状況

①用途:菓子、清涼飲料水、冷菓などの着色(着色料)

②使用基準:以下のものに使用してはならない。

カステラ、きなこ、魚肉漬物、鯨肉漬物、こんぶ類、しょう油、食肉、食肉漬物、スポンジケーキ、鮮魚介類(鯨肉を含む)、茶、のり類、マーマレード、豆類、みそ、めん類(ワンタンを含む)、野菜及びわかめ類

 

欧米の状況

米国:使用禁止

米国において発がん性を疑う試験結果が得られたことから、FD & C Red No.2及び当色素添加物を含有するすべての混合物について、発行済の認可証は、昭和51(1976)年1月28日以降は取り消され失効している。

また、当期日以降に当色素添加物を食品、医薬品、化粧品の製造に使用すれば、不純物混和品とみなされる。

 

EU:使用可能

ただし、使用基準が設定されている

 

Cancer Research UKによりますと、加工肉の鮮度を維持するためや、防腐のために使用される、硝酸塩と亜硝酸塩も大腸がんのリスク増加に関連しているとされます。

詳しくは「ヴィーガンと健康|WHOも認める赤肉摂取とがんリスクの関係について解説」の記事も参考にしてください。

 

【臭素酸カリウム】

日本における状況

①用途:製造用剤(小麦粉改良剤)

②使用基準:臭素酸カリウムは、パン(小麦粉を原料として使用するものに限る。)以外の食品に使用してはならない。臭素酸カリウムの使用量は、臭素酸として、小麦粉1kgにつき0.030g以下でなければならない。

また、使用した臭素酸カリウムについては、最終食品の完成前に臭素酸カリウムを分解又は除去しなければならない。

 

欧米の状況

米国:使用可能

米国では、臭素酸カリウムは昭和33(1958)年の連邦食品医薬品化粧品法改正による食品添加物改正法制定以前から、パン生地調製剤及び小麦粉改良剤として使用が認められている既認可物質であり、使用時50ppm以下との許容量が設定されている。

FDAは、パン中臭素酸残存量の安全レベルを20ppb以下と評価しており、この値を超えないよう残留臭素酸のモニタリングが行われている。

また、残留臭素酸の確認のため、パン中残留臭素酸の高感度分析法の開発を進めている。

 

EU:使用禁止

英国では、平成元(1989)年に市販パンの調査を実施した結果、臭素酸の残留が確認されたこと等から、最終食品に残留しないという確証が得られないとして、平成2(1990)年4月に臭素酸カリウムの小麦粉改良剤としての使用を禁止している

EUにおいても、臭素酸カリウムの食品添加物としての使用は認められていない。

(出典:日本食品化学研究振興財団 「薬事・食品衛生審議会資料」

 

以上のように、国により違いがあり、世界各国が共通の規格に従う事は出来ない点は疑問ですが、その点に関して、厚生労働省は以下のように述べています。

 

「食品添加物の規格や基準は、食品の安全性を確保しつつ、国際間で整合性のある規制が行われるよう、取り組みがなされています。

食品添加物の国際的な基準等は、国連食糧農業機関(FAO)/世界保健機関(WHO)の合同食品規格委員会(コーデックス委員会)食品添加物部会で検討されています。

 

また、食品添加物の安全性について国際的な評価を行うため、国連食糧農業機関/世界保健機関合同食品添加物専門家会議(通称:JECFA) が設置されています。

日本での食品添加物の品質の規格や使用量の基準は、このような国際的な規格や基準にできるだけ沿うように定めていますが、一方で日本と諸外国ではこれまでの長い食生活や制度の違いなどにより、添加物の定義、対象食品の範囲、使用可能な量などが異なっていることから、単純に比較することはできません。」

(引用:厚生労働省「よくある質問」

 

上記にあるように、世界各国が共通の規格に従う事は、「日本と諸外国ではこれまでの長い食生活や制度の違いなどにより、添加物の定義、対象食品の範囲、使用可能な量などが異なっている」点から難しいのが現状のようです。

そのため、個人で食品添加物に注意し、食の安全を守ることは大切となります。

全ての添加物を避けるのは難しい場合もありますが、なるべく自然に近い食品を購入するようにしましょう。原材料表示をしっかりとチェックし、疑問な場合はお店の方に尋ねるなどして、納得の上で商品を選ぶことは大切です。

 

また、加工食品やレトルト食品の購入、また外食する事で、知らぬ間に添加物を摂ってしまう可能性は避けられません。そのため、一から自分でお料理することが一番安全で、安心できると思います。

 

ただ、食材の購入に気を付ける必要があります。なるべくシンプルな原材料であるものを購入しましょう。

ハッピーキヌアセレクトショップでも無添加・オーガニック食品などを購入可能です。是非チェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 

View this post on Instagram

 

A post shared by PETA UK (@petauk)

食品添加物の開発の裏では、大変悲しい事に多くの動物たちが犠牲になっています。

また、食品添加物自体も、その種類によっては健康への影響を及ぼすものもあり、出来る限り避け、なるべく自然に近くシンプルな食品を選ぶことは大切です。

 

自分の健康のためでなく、食品添加物の安全性確認のために行われている動物実験に反対することにも繋がると言えるのではないでしょうか。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。