【西欧編】航空各社のヴィーガン機内食(イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、スペイン、ギリシャ)

【西欧編】航空各社のヴィーガン機内食(イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、スペイン、ギリシャ)

ヨーロッパの中でも旅行先として人気の高い、西欧諸国。各航空会社では、ヴィーガンに対応した特別機内食を提供しています。今回は7か国の航空会社をピックアップし、ヴィーガン機内食の内容を詳しくみていきましょう。

ハッピーキヌア編集部
2022年08月29日
【西欧編】航空各社のヴィーガン機内食(イギリス、ドイツ、フランス、オランダ、イタリア、スペイン、ギリシャ)

2. ルフトハンザドイツ航空

この投稿をInstagramで見る

 

Lufthansa(@lufthansa)がシェアした投稿


世界中にネットワークを持つルフトハンザドイツ航空は、ドイツ最大の航空会社として知られています。

日本との間には、羽田空港と関西国際空港、中部国際空港に就航。

サービスの品質や飛行機の定時発着率の高さに定評があり、乗り継ぎの利便性も抜群です。

 

フライトでは、宗教や健康上の理由、食の嗜好に幅広く対応した特別機内食を提供しています。

ヴィーガンミールにはアルコールも含まれていないので、より安心して食べられますよ。

 

ヴィーガンミール 肉や魚、卵、乳製品など動物由来の食材、またアルコールを使用しないメニュー

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで 予約確定後にウェブサイトからリクエスト

ルフトハンザドイツ航空公式サイト 特別機内食

 

3. エールフランス航空

この投稿をInstagramで見る

 

Air France(@airfrance)がシェアした投稿

エールフランス航空は、広大な航空網を保持するフランスの航空会社です。

日本との結びつきも深く、羽田空港と成田空港では定期的に飛行機が発着しています。

 

ヴィーガンミールは植物性食材を使用しており、乳製品やハチミツなどを含みません。

ハチミツを避けるヴィーガンの方にとっては、ありがたいポイントです。

ヴィーガンとハチミツの関係が気になる方は、こちらの記事をご一読ください。

 

ヴィーガンミール 野菜、果物、穀物がメインのメニュー。

卵や乳製品、ハチミツなど動物由来の食材を含まない

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで ウェブサイトからリクエスト

エールフランス航空公式サイト 特別機内食

 

4. KLMオランダ航空

この投稿をInstagramで見る

 

KLM Royal Dutch Airlines(@klm)がシェアした投稿

アムステルダムを拠点とし、100年以上の歴史を誇るKLMオランダ航空

成田空港と関西国際空港に空路を結んでおり、2021年には日本就航70周年を迎えました。

 

機内食サービスでは、食事療法やアレルギー、宗教上のルールに配慮したメニューを用意しています。

また、ベジタリアンとヴィーガンそれぞれに対応した機内食も選択可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

KLM Royal Dutch Airlines(@klm)がシェアした投稿

  • ヴィーガンミール

 

【申込方法】
出発便の24時間前まで ウェブサイトからリクエスト

KLMオランダ航空公式サイト 特別機内食

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook