マクロビって何?|ヴィーガン・ベジタリアンとの違いも解説

マクロビに関して、その意味や歴史、実践法を徹底解説。ヴィーガン・ベジタリアンとの違いも詳しくご紹介します。

マクロビ(マクロビオティック)は、「玄米と野菜を中心にした、体に良さそうな食事法」と、イメージは出来ても、実際どのようなものなのか、知らない方も多いのではないでしょうか。

また、ヴィーガン・ベジタリアンとの違いなど、分からないことも多いと思います。

そこで今回は、マクロビに関して詳しく解説し、ヴィーガン・ベジタリアンとの違いも分かりやすくご紹介します。

 

マクロビって何?

まず、「マクロビ」と聞いて、海外から入ってきた食事法なのでは?と思われる方も多いようですが、実は、日本で生まれたものです。

 

このマクロビの正式名「マクロビオティック」は、以下のように3つに分けたワードから作られた造語です。

  • 「マクロ」:大きい・長いという意味
  • 「ビオ」:生命のこと(生物学=バイオロジーのバイオと同じ語源)
  • 「ティック」:術・学を表わす

 

以上の3つを合わせ、「長く思いっきり生きるための理論と方法」となり、そのためには「大きな視野で生命を見ること」が必要となります。

(出典:macrobioticweb「マクロビオティックとは?」

 

マクロビは、食事法と捉えている人が多いと思いますが、食だけに限らず、自然との調和を大切にし、生きていく気力を高めるという考えもあります。

 

マクロビの歴史

マクロビオティックは、桜沢 如一(さくらざわ、ゆきかず)により提唱された、日本生まれの食事法です。

海外ではジョージ・オーサワの愛称で知られており、マクロビオティックを日本のみでなく、北米や中南米、欧州、インド、アフリカ、ベトナムに広め、世界をまたにかけて活躍されました。

参考までに、1945年創業、自然食品ブランド「オーサワ」の社名は、桜沢如一の海外での愛称、「ジョージ・オーサワ」の名を受け継がれているようです。

 

「自然食品ブランド「オーサワ」」に関する記事も参考にしてください。

自然食品ブランド「オーサワ」とは?人気商品12選もご紹介

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 橘麗華 (@reikatan358)

幼少時代は貧困や病気に苦しまれたようですが、その後、石塚左玄の食養(玄米菜食)によって健康を回復されました。

そして、この玄米の栄養を活かした食養法と中国の易の陰陽論、そして現代科学とを結びつけ、その思想と実践方法の普及に努められました。

それでは、具体的な実践方法について、次にご紹介します。

 

マクロビの具体的な実践方法

基本である食養法

 

View this post on Instagram

 

A post shared by _ (@katsumi.k789)


まず、マクロビ(マクロビオティック)実践の基本は、食養法にあります。

  • 動物性食物を摂るのは控え、特に肉はあまり食べない。
  • 大型の魚や卵、乳製品、砂糖も控える。
  • 無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とした食事を摂る。
  • 野菜は原則として、地産で旬のものを摂る。

 

玄米ごはんを中心に、おかずを摂り過ぎず、食事の半分はごはんなど穀類にすることが大切とされます。

 

実践していくうえで大切な3つのキーワード

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ꙳ ꙳ (@annie_veg)

 

「身土不二」

あまり聞き慣れない言葉ですが、「しんどふに」と読む仏教用語であり、身と環境(土)は切り離せないという意味です。

マクロビでは、「しんどふじ」と呼ばれ、自分の生活する土地の産物、旬のものを食べるこが自然であり、健康を維持するために大切という考え方です。

「一物全体」

こちらも、あまり聞き慣れない言葉ですが、「いちもつぜんたい」と読まれ、一つの物の全てを食べるという意味になります。

食材は全体を頂くことで、バランスがとれる」という考え方があり、お米は精製していない玄米、小麦粉は全粒粉を使い、野菜は葉や茎、皮や根まで調理師し、丸ごと食べることを意識します。

「陰陽調和」

「おんみょうちょうわ」と読み、東洋医学の伝統的な思想であり、マクロビでは、食べ物にあてはめて考えられます。

例えば、食材が体を温めるものは陽性、冷やすものは陰性、と分け、バランスが取れた陰陽調和がマクロビでは大切とされます。

 

日本ならではの伝統食を重視


日本に住む日本人であるなら、先祖が代々食べてきた、日本ならではの伝統食が自分の体に一番合った食事という考えです。

先祖代々食べてきた伝統食は、消化・吸収しやすく、健康的な食事にも繫がります。

そのため、主食など毎日食べるものは、可能な限り国産の物にするのが好ましいとされます。

もし、輸入食品を選ぶ場合は、なるべく緯度の近いところで育った食材を選ぶ方が、体に合っているといえるでしょう。

現代においては、洋食なども増え、そちら主体の食生活をするのも珍しい事ではなくなりましたが、日本人である以上、「日本の伝統食」を摂ることが体は喜ぶようです。

 

ここまで、「マクロビ」に関する基本的な内容をご紹介しましたが、ヴィーガン・ベジタリアンとの違いが良く分からない方もいらっしゃると思います。

それでは次に、この違いについてご紹介します。

 

ヴィーガン・ベジタリアンとの違いを紹介

「マクロビ」と「ヴィーガン・ベジタリアン」の違いを、「定義や考え方」と「」に分けてご紹介します。

 

「定義や考え方」による違い

【ヴィーガン・ベジタリアン】

「ヴィーガン」

英国のヴィーガン協会によると、ヴィーガンの定義は、以下のようになります。

「ヴィーガン主義は、食物、衣類、またはその他の目的のために動物を虐げるあらゆる形態を可能な限り、実行可能な範囲で排除しようとする哲学および生き方です。

ひいては、動物、人間、環境の利益のために、動物を含まない代替品の開発と使用を促進します。

食事の用語では、全体的または部分的に動物に由来するすべての製品を省く慣行を意味します。」

(出典:vegansociety「Definition of veganism」

ヴィーガンの考えとして、動物保護が重視されているのが分かります。

 

「ベジタリアン」

ベジタリアンの定義は流動的であるようですが、英国ではお肉を食べない人をベジタリアンとする傾向があります。

ベジタリアンになる動機は、動物保護の他に、環境や食料問題、健康の保持、そして、古くは宗教上の理由も挙げられます。

 

【マクロビ】

マクロビ(マクロビオティック)とは、「長く思いっきり生きるための理論と方法」であり、自然との調和を大切にし、生きていく気力を高めるという考え方もあります。

 

以上から、「マクロビ」と「ヴィーガン・ベジタリアン」の考え方の違いは、以下のようになります。

  • 「ヴィーガン・ベジタリアン」:動物の命を守る点が優先されるという考え方。
  • 「マクロビ」:健康を維持し、体力を強化することの重要性、また、身体が健康になれば心も健康になるという考え方。

ただし、共に環境や自然との調和、健康を意識している点は似た考え方をしていると言えます。

 

それでは、次に「食」に関する違いをご紹介します。

 

「食」による違い

【ヴィーガン・ベジタリアン】

英国のベジタリアン協会のサイトに、以下が記載されています。

「ベジタリアンとヴィーガンは、食肉処理の産物や副産物を食べません。

食肉処理の加工助剤を使用して作られた食品も一切食べません。」

(出典:The Vegetarian Society )

「ヴィーガン」

ヴィーガンは、動物の肉全て(鳥肉・魚肉・その他の魚介類も含む)・昆虫・ゼラチンまたは動物レンネット・動物からのストックまたは脂肪・卵・乳製品を食も食べない「完全菜食主義者」です。

加えて、白砂糖やハチミツも摂りません。

詳しくは、「ヴィーガンが、ハチミツや白砂糖を摂らない理由」に関する記事を参考にしてください。

また、食べ物だけでなく、動物製品(皮製品・シルク・ウール・羊毛油・ゼラチンなど)を身につけることも避ける、動物の命を深く尊重する、ということもヴィーガンの重要な点です。

 

「ベジタリアン」

野菜と果物・穀物と豆類・ナッツと種・卵・乳製品・ハチミツを食べます。

動物の肉全て(鳥肉・魚肉・その他の魚介類も含む)・昆虫・ゼラチンまたは動物レンネット・動物からのストックまたは脂肪は摂りません。

ただし、ベジタリアンは、以下のように分類されます。

  • ラクト・ベジタリアン:植物性食品と乳・乳製品は食べる。
  • ラクト・オボ・ベジタリアン:植物性食品と乳・乳製品、卵は食べる。
  • ペスコ・ベジタリアン(ペスクタリアン):植物性食品と乳・乳製品・卵・魚・魚介類は食べる。

※正確には、「ヴィーガン」もベジタリアンからの分類となります。

 

【マクロビ】

マクロビでも、動物性食物を摂るのは控え、特に肉はあまり食べないことが推奨されています。

しかし、その理由は、消化されにくいことにあり、代替として、豆類などはもちろん、大豆を発酵させたテンペ、小麦のグルテンが原料のお麩などが使用されます。

また、大型の魚や卵、乳製品、白砂糖も控える事が推奨されています。

白砂糖は、血糖値を急激に上げるため、体に負担がかかりやすいとされ、代替え品として、黒糖、精製されていない米飴やメイプルシロップが使用されます。

無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とし、野菜は原則として、地産で旬のものを摂ることも大切な点です。

 

以上から、「マクロビ」と「ヴィーガン・ベジタリアン」の食による違いは、以下のようになります。

  • 「ヴィーガン・ベジタリアン」:お肉を食べないのは、主に動物の命を守るため。
  • 「マクロビ」:お肉を控えるのは、消化されにくく健康への影響があるため。

大まかには、どちらも野菜中心の食事を摂ることでの共通点はありますが、お肉を食べない事への考え方に大きな違いがあるようです。

ただ、健康のために、「ヴィーガン・ベジタリアン」になられた方もいますので、ここでは主な考えとして述べております。

また、ヴィーガンが、白砂糖やハチミツを摂らないのも、動物の命を考える点からのものです。

一方、マクロビで白砂糖を控えるのは、血糖値を急激に上げるため、体に負担がかかりやすいためで、健康への影響を考慮する点からのものです。

 

「マクロビ」と「ヴィーガン・ベジタリアン」は、共通する点も多いですが、「動物保護」・「健康」と、重視する点に違いがあるようです。

 

まとめ

マクロビは、穀物や野菜やなどの植物性食品をベースとした、日本の伝統食を重視する食事法と言えるでしょう。

日本食は、その食材や調理法から見ても、大変優れ、ヘルシーであり、日本が長寿国であるのも頷けます。

まさに、マクロビの「長く思いっきり生きるための理論と方法」と重なりますね。

ヴィーガン・ベジタリアンとは、基本的な考え方に違いはありますが、どちらも健康、そして環境に優しいことに間違いありませんので、実践することの意義は大きいのではないでしょうか。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事