国内外のヴィーガンのアーティスト・ミュージシャン9選

国内外のヴィーガンのアーティスト・ミュージシャン9選

精力的に社会問題や環境保全に取り組んでいる、アーティストやミュージシャンに多く存在する「ヴィーガン」。そんなヴィーガンのアーティスト・ミュージシャンの、ヴィーガンになった背景を含め、8名をピックアップしてお届けします。

ハッピーキヌア編集部
2020年10月31日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
国内外のヴィーガンのアーティスト・ミュージシャン9選
有名なアーティストやミュージシャンにも、ヴィーガンの方が多いことをご存知でしょうか。

インフルエンサー的な存在でもある彼らは、動物愛護や環境保全の面を考慮して、ヴィーガンの運動を広めようと、努力されている方も多いようです。

今回は、そんなヴィーガンであるアーティスト・ミュージシャンを、9名ご紹介します。

 

海外のヴィーガンアーティスト・ミュージシャン

1. マドンナ(Madonna)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Madonna (@madonna) on

1980年代から第一線で活躍し続けているマドンナさん。

精製された食材は避け、玄米などの穀物を中心に、旬の食材をバランスよく取り入れる食事療法「マクロビオティック」を取り入れています。厳密に言うと、マクロビオティックはヴィーガンではありません。

一時は、日本人のマクロビオティックのシェフを、専属に雇っていたということでも有名です。

 

1958年生まれ・62歳にも関わらず、パワフルで若々しくいられるのは、マクロビオティックによる効果かもしれません。

ヨガやピラティスなど、適度な運動も欠かさないことから、日々の努力の賜物ということでしょう。

 

2. ブラッド・ピット Brad Pitt

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Brad Pitt (@bradpittofflcial) on

ブラッド・ピットさんもヴィーガンです。

2009年には、ブラッド・ピットさんは、牛から出るメタンガスによって引き起こる被害について懸念し、菜食主義の生活を続けているようです。

彼は、動物愛護・環境保全の意識も高いことで有名で、その影響もあり、植物ベースの生活への動きを支持しています。

 

3. アリアナ・グランデ Ariana Grande

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ariana Grande (@arianagrande) on

アリアナ・グランデさんは、1993年生まれ・アメリカ出身の女性歌手。その歌唱力で日本でも人気の高いアーティストです。

人間よりも動物が好き」と公言するほど、動物好きであり、主に動物愛護の観点からヴィーガンに生活を続けています。

ヴィーガンになり、一層パワフルになった彼女の、今後の活躍に期待しましょう。

 

4. ジョニー・デップ Johnny Depp

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Johnny Depp (@johnnydepp) on

「パイレーツ・オブ・カリビアン」などの有名作品に数多く出演し、日本でも人気の高い、ジョニー・デップさんも、ヴィーガンです。

当初は、役作りで体型コントロールのために、何度かベジタリアン生活を送っていました。そしてその後、当時妻であったアンバー・ハードの影響で、本格的にヴィーガンになりました

動物愛護家である事で有名で、上の写真の絵画の犬は、かつてご自身が飼っていた犬です。

映画のロケ中に急死してしまったのですが、こんなに大きなキャンパスに描いてもらって、きっと幸せですね。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook