【ヴィーガン】ANA、JALなど航空各社のヴィーガン機内食を紹介

航空各社の特別機内食、ヴィーガンミール(VGML)についてご紹介します。どんなメニューがあるのか、美味しいのかなど、実際の写真や口コミも徹底解説。申し込み方法についても記載しています。

皆さんは、旅行中の機内食はどうされていますか?

食事に自由が利かない場面では、自分専用のヴィーガン食を持ち込んだり、事前に問い合わせておくことでヴィーガン食を用意してもらったり、様々な工夫が必要ですよね。

実は、ヴィーガン対応の機内食が、多くの航空会社で導入されていることをご存知でしょうか。

 

今回は、ヴィーガン旅をさらに快適にする、航空各社のヴィーガンミールを7選ご紹介します。

 

ヴィーガンミールとは?

ヴィーガンミールとは、ヴィーガン対応の機内食のことです。

アルファベット4文字で、「VGML」と称されることもあります。事前に予約しておけば対応してもらえます。

他にも、ヒンズー教徒向けの「HNML」、キリスト教徒向けの「SFML」など、様々なものが用意されています。

 

国内航空会社のヴィーガンミール

ここから各社のヴィーガンミールを紹介していきます。

 

日本航空(JAL)

JAL航空券・飛行機チケットの予約検索 – JAL国内線・国際線

日本航空(JAL)は、レガシー・キャリアと呼ばれる、日本最大手の航空会社のひとつです。

格安のLCCとは対象的に、充実したサービスを提供しており、JALの愛称で多くの方に愛されています。

JALが提供している機内食の中で、特別機内食としてヴィーガン向けに用意されているものは、3種類あります。

 

①ベジタリアンミール(VGML)

JAL1
JAL公式サイト ベジタリアンミール(VGML)

ベジタリアンミールは、2種類あります。

卵・乳製品を使用しているVLML、卵・乳製品を使用していないヴィーガン対応のVGMLがあります。

ペスカタリアンの方は、VLMLでも良いかもしれませんね。

 

②生野菜のベジタリアンミール(RVML)

JAL2
JAL公式サイト 生野菜のベジタリアンミール(RVML)

生野菜とフルーツのメニューで、カフェイン、高度加工食品、添加物、保存料を使用していないものです。ローヴィーガン向けのメニューとなっています。

 

③オリエンタルベジタリアンミール(VOML)

JAL3
JAL公式サイト オリエンタルベジタリアンミール(VOML)

ベジタリアンミールを、中華風に味付けしたメニューです。

動物性食品、動物由来製品、卵・乳製品は使用されていません。

※オリエンタルベジタリアンミールという名称になっていますが、五葷(ごくん)を使用しないオリエンタルヴィーガンメニューかどうかは、ハピキヌ編集部では確認が取れませんでした。

ただ、動物由来の食材は使用されていないため、ヴィーガン対応しています。

 

【評判・口コミ】

  • あっさりし過ぎているかと思ったら凄く美味しい
  • デザートも、乳製品、卵不使用とは思えない美味しさ
  • ヴィーガンミールは、会社によってはハズレもあるけれど、JALの機内食は、いつも美味しい

など多方面で、大好評です。

また、機内食に飽きてしまった、ヴィーガンではない方からのオーダーも多いようです。

 

【手続き方法】

特別機内食の手続き方法は3つあります。

  • Webサイト 出発便の25時間前まで(ご予約はこちらから)
  • 電話    出発便の24時間前まで(こちらにお問い合わせください)
  • メール   出発便の24時間前まで(一般の方はこちら、会員の方はこちら

Webサイトからは、日本航空(JAL)公式サイト 特別機内食

 

全日本空輸(ANA)

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

全日本空輸(ANA)は、JAL同様にレガシー・キャリアと呼ばれる、日本最大手の航空会社のひとつです。

丁寧で充実したサービスを提供しており、ANAの愛称で多くの方に親しまれています。

ANAが提供している機内食の中で、特別機内食としてヴィーガン向けに用意されているものは、3種類あります。

 

①ベジタリアンビーガンミール(VGML)

ANA公式 ベジタリアンビーガンミール(VGML)

VLMLという卵・乳製品を使ったコースもありますが、VGMLは動物由来食品やハチミツ不使用で、ヴィーガン向けのメニューです。

 

②生ベジタリアンミール(RVML)

ANA公式 生ベジタリアンミール(RVML)

高度加工食品、添加物、保存料を含まないメニューで、加熱した果物・野菜、動物性食品、動物由来製品は一切使われていません。ローヴィーガンの方におすすめです。

 

③ベジタリアンオリエンタルミール(VOML)

ANA公式 ベジタリアンオリエンタルミール(VOML)

東洋風に調理されたヴィーガンメニューです。

こちらにも、動物性食品や動物由来製品、卵・乳製品は一切含まれていません。

 

④フルーツプラッターミール(FPML)

ANA公式 フルーツプラッターミール(FPML)

こちらはベジタリアンの中でも、果物のみのメニューで、添加物や保存料を一切含まない果物が使用されています。

ローヴィーガンの方や、フルータリアンの方におすすめです。

 

【評判・口コミ】

  • 見た目以上に美味しい
  • 他の航空会社のメニューに比べて一番美味しい
  • 味がしっかりしていてボリュームもある

などの声が、多く見受けられました。他と比べて一番美味しいというのは、個人によるところが大きいと思いますが、ボリュームもあり満足のいく機内食であることは、間違いないですね。

 

【手続き方法】

  • Webサイト 出発便の24時間前まで(ご予約はこちらから)
  • 電話窓口  出発便の24時間前まで (こちらにお問い合わせください)

全日本空輸(ANA)公式サイト 特別機内食

 

スカイマーク

【公式】スカイマーク SKYMARK|国際線|航空券予約・空席照会・運賃一覧

スカイマークは、JAL、ANAに次ぐ規模を誇る、日本の航空会社のひとつです。

スカイマークの国際線には、ヴィーガン向けメニューが用意されています。

 

①ベジタリアンミール

スカイマーク1
スカイマーク公式 ベジタリアンミール

ベジタリアンミールという名前ですが、肉・魚・卵・乳製品は使用されていないので、ヴィーガン対応しています。

 

②フルーツミール

スカイマーク2
スカイマーク公式 フルーツミール

機内食やベジタリアンミールが苦手な方の中には、フルーツミールを注文される方も多いようです。

ローヴィーガン、フルータリアンの方も、安心していただくことができますね。

 

【手続き方法】

国際線予約センター 出発便の24時間前まで (こちらにお問い合わせください)

スカイマーク公式サイト 特別機内食

 

海外航空会社のヴィーガンミール

ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Maple Bear (@maple_bear_)

ハワイアン航空では、機内でもハワイ気分が味わえる所が好評です。

機内では、ハワイアンミュージックが流れ、機内の雑誌もハワイアンテイストだったり、CAさんの制服もハワイを感じさせる服装であったりと、楽しい気分で空の旅を満喫出来ます。

ハワイアン航空の、ヴィーガン向け機内食は食材が豊富に使われています。

「美味しいヴィーガン機内食」を提供したい、という意気込みを感じる、という口コミがありました。

 

【手続き方法】

出発便の48時間前まで (ご予約はこちらから)

ハワイアン航空公式サイト 特別機内食

 

カタール航空(Qatar Airways)

航空会社版のミシュランとも言える、スカイトラックスという各付け調査会社があります。

カタール航空は、その中で、2019年に世界1位を獲得しています。その為、機内食もサービスも好評な航空会社です。

 

カタール航空のヴィーガンミールは、豆の煮物などが多く、中にはかなりスパイスが効いている、という声もあります。

実際に編集部でもいただいたことがありますが、確かに味付けは中東っぽい、辛さやスパイスが効いている味でした。

そして、ファラエルなど、豆を使った料理の多い中東ならでは、口コミ通りお豆を使った機内食が多かった印象です。

しかし、決して日本人の口に合わないものではなく、お豆にも馴染みがあり、カレーが好きな日本人にはむしろ合っていると思いました。

 

手続き 出発便の24時間前まで (ご予約はこちらから)

カタール航空公式サイト 特別機内食

 

ルフトハンザ航空(Lufthansa)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by FAT VEGAN travel (@fat_vegan_travel)

ルフトハンザ航空は、ドイツの航空会社です。

前述のスカイトラックスの格付けで、5つ星を獲得していて、3年連続でヨーロッパのベストエアラインを受賞しています。

また、ヨーロッパのエアラインの中で、5つ星を獲得したのはルフトハンザ航空が初です。

 

ルフトハンザ航空の機内食は、豪華で美味しいとファンが多く、ヴィーガンミールは栄養バランスが良い印象ですね。

また、機内食にしてはボリュームたっぷり。

機内食だけではいつも満足できない…という方にも、おすすめです。

 

手続き 出発便の24時間前まで (ご予約はこちらから)

ルフトハンザ航空公式サイト 特別機内食

 

フィンエアー (Finnair)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by yumiko (@yumikooppa)

フィンエアーは、フィンランドの航空会社です。

フィンランド発の人気ブランドである、マリメッコとのコラボーレーションが大好評です。

アメニティからテーブルウエア、2機のみですが、航空機までマリメッコの美しい柄が施されています。

ご飯の上にアーモンドやレーズンが乗っていて、日本には無い味付け、味は薄めなのでお塩をかけた方がより美味しい、などの声がありました。

このあたりは各自調整してくださいね。

 

手続き 出発便の24時間前まで (ご予約はこちらから)

フィンエアー公式サイト 特別機内食

 

まとめ

ヴィーガンミールは、ほとんどが無料でオーダー出来ます

ヴィーガンではない旅慣れた方が、機内の楽しみの1つとしてヴィーガンミールを注文している事も多いです。

通常の機内食同様に、特別機内食も、航空会社ごとの個性やカラーが強く反映されています。

お好みのヴィーガンメニューを見つけ、空の旅がより快適になれば幸いです。

また世界中を旅行できるようになった時には、是非この記事を活用してみてくださいね!

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。