世界各国でクリスマスに食べるスイーツとは?日本で購入できるヴィーガンスイーツもご紹介

日本では、クリスマスにクリームたっぷりのホールケーキを食べる習慣がありますが、海外には、クリスマスケーキを食べる習慣があまりないようです。世界各国の伝統的なクリスマススイーツを、みなさんにご紹介させていただきます。

ハロウィンが終わり、もうしばらくすればクリスマスがやってきます。

クリスマスには、イチゴや生クリームたっぷりのケーキをご用意される皆さんも多いのではないでしょうか。

 

日本では、クリスマスにケーキを食べるのが一般的ですが、海外にはクリスマスにケーキを食べるという習慣があまりないようです。

では、海外の人たちは、クリスマスに、どのようなスイーツを食べているのでしょうか?

今回は、世界各国のクリスマススイーツとクリスマスの事情を、みなさんにご紹介させていただきます。

 

世界各国の伝統的なクリスマススイーツ

イエス・キリストの生誕を祝うクリスマスには、豪華な食事をするという習慣は、食文化や宗教などに違いはあれど、今や世界各国共通ともいえるのではないでしょうか。

ここでは、各国独自のクリスマススイーツを、それぞれご紹介させていただきます。

 

卵、ハチミツ、乳製品を含む動物由来の食品を一切摂取しない、ヴィーガンの方にもお召し上がりいただける「お取り寄せ可能なヴィーガンスイーツ」も、あわせてご紹介させていただきますので、ぜひご参考になさってください。

 

イタリア 【パネトーネ】

はじめに、カトリックの三大巡礼地とされるイタリアの、伝統的なクリスマス特有の発酵菓子パン「パネトーネ」をご紹介します。

ブリオッシュのパン生地にドライフルーツを入れてつくる「パネトーネ」は、保存期間が長いのが特徴で、通常「パネットーネ種」という酵母を練り込んで作られます。

ただし、この酵母には動物由来の成分が含まれていますので、ヴィーガンの方は注意が必要です。

 

バチカン市国があり、国教がカトリックでもあるイタリアのクリスマスには、世界中から多くのカトリック信者が集まり、盛大なミサが執り行われます。

また、イタリアの人々は、クリスマスには家族そろって、たくさんのごちそうを食べ、日本でいうお正月のようにゆっくりと過ごすのが一般的なようです。

ヴィーガン対応のパネトーネは、こちらから購入できます。

 

ドイツ 【シュトーレン】

桑の葉とココナッツのヴィーガンシュトレン ¥2,300 〈税込み〉

「シュトーレン」は、ドイツの伝統的なクリスマススイーツです。

日本でもクリスマスが近くなってくると、パン屋さんやパティスリーなどで見かけることがあります。

パン生地にドライフルーツやナッツが練り込まれた「シュトーレン」は、ドイツではクリスマスの1ヶ月以上前に作られ、クリスマスまでの間、少しずつスライスして食べるという習慣があるようです。

 

ちなみに、ドイツでは、クリスマスの4週間前からクリスマスを迎える準備を始める家庭が多いとのこと。

アドベントカレンダーでクリスマスまでの日数をカウントダウンしながら、クリスマスマーケットで買い出しをしたり、モミの木に飾り付けをして、華やかなクリスマスツリーを作ってクリスマスを待ちます。

また、クリスマス当日は家族団らんで過ごし、クリスマスディナーなどを楽しむようです。

上の写真の「桑の葉とココナッツのヴィーガンシュトーレン」は、こちらから購入できます。

 

フランス 【ブッシュ・ド・ノエル】

https://7-11net.omni7.jp/detail/111253       米粉と豆乳 乳不使用ブッシュドノエル  ¥3,758円〈税込〉

フランスで定番のクリスマスケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」は、木の切り株や薪(たきぎ)をイメージしてつくられたチョコレートケーキです。

ロールケーキなどで土台をつくったら、その上からチョコレートクリームやココアパウダーなどをコーティングして、こげ茶色の樹皮を表現した切り株のかたちに仕上げます。

 

フランスのクリスマスは、家族や親類が集結する一大イベントなので、ふだんは離れて生活している人も実家に帰省して、家族と一緒に過ごすのが一般的なようです。

ちなみに、クリスマスプレゼントは家族全員分のものを用意して、クリスマスツリーの下に置いておくという習慣があるようです。

上の写真の「米粉と豆乳のチョコクリームブッシュ・ド・ノエル」は、こちらから購入できます。

 

韓国 【クリスマスケーキ】

クリスマスケーキ4号 ¥4,500〈税込み〉

韓国では、クリスマスにホールサイズの「クリスマスケーキ」や「アイスケーキ」を用意するのが一般的です。

街中にあるパティスリーやパン屋さんでは、日本と同じようなクリスマスケーキが売られていることが多いようです。

 

また、韓国の人口のおよそ3割程度がキリスト教徒といわれており、クリスマスは国民の祝日に制定されており、教会では礼拝が執り行われます。

クリスマスが近づいてくると、街にはイルミネーションが光り輝き、カップルの姿が目立ちます。

韓国のクリスマスは、恋人や友人、そして家族など、大切な人たちと過ごすことが多いというのは、日本人と同じような感覚ですね。

 

アメリカ 【ジンジャークッキー】

多民族国家のアメリカでは、クリスマスにケーキを食べるという習慣がなく、ジンジャーブレッド(ショウガの入ったクッキー)や、お気に入りのアイスクリームなどをデザートに食べるのが一般的なようです。

また、信仰している宗教なども人それぞれに異なるため、クリスマスは「Merry Christmas」ではなく「Happy Holiday」として表現されることも多いようです。

 

ただし、キリスト教の人たちにとっては、クリスマスは神聖な日です。

礼拝に出かけたり、人のかたちをしたジンジャーブレッドを魔除けのためにクリスマスツリーに飾ったり、プレゼントを入れる靴下のそばにクッキーを置いて、サンタさんへお礼する習慣があるようです。

 

また、クリスマス休暇などを利用して旅行へ行ったり、家族とゆっくり過ごしたりと、アメリカの人たちにとっても、クリスマスは大切な行事といえるでしょう。

ヴィーガン「ジンジャースパイスクッキー」は、こちらから購入できます。

 

まとめ

世界各国の人たちにとって、クリスマスとは、イエス・キリストの誕生祭であると同時に、年末に家族や親戚などが集まる大切な日でもあるのではないでしょうか。

ヨーロッパ各国では、およそ1ヶ月前からクリスマスの準備を開始するため、クリスマススイーツも日持ちのするものが多いようです。

 

今年のクリスマスは、世界各国の食文化を次の世代へ受け継いで行くため、クリスマススイーツなど、伝統的なお菓子をレシピを見ながらつくってみるのも良いかもしれません。

ここ数年で、ヴィーガンの方たち向けのクリスマスケーキなど、お取り寄せ可能なスイーツが増えていますので、お気に入りのスイーツを召し上がって、幸せなクリスマスをお過ごしくださいませ。

 

クリスマスに最適なヴィーガンプレゼントはこちらから。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ