ヴィーガンフライドチキンの革命!Atlas Monroe(アトラスモンロー)とは?

ヴィーガンフライドチキンの革命!Atlas Monroe(アトラスモンロー)とは?

ヴィーガンフライドチキンメーカーAtlas Monroeオーナーが、アメリカ版マネーの虎で100万ドルの支援を断った後に、世界最大のヴィーガンフライドチキンメーカーに!Atlas Monroeヴィーガンチキンを紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年03月12日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
ヴィーガンフライドチキンの革命!Atlas Monroe(アトラスモンロー)とは?
カリフォルニア州に拠点を構える植物ベース食品会社Atlas Monroe(アトラスモンロー)は、ヴィーガンフライドチキンの革命児。

アトラスモンローのダークミートフライドチキンは、米国フライドチキンフェスティバルで入賞したことがあるほどの美味しさです。

今現在、米国そしてカナダの50以上のレストランのメニューにも含まれており、世界最大のヴィーガンフライドチキンメーカーとなったアトラスモンローを紹介します。

 

オーナーの家族全員が好きな料理フライドチキン

アトラスモンロー社オーナーのデボラ・トーレスは、母親はイギリス出身、父親は南アメリカのガイアナ出身と多様な文化の元、カリフォルニア州サンノゼで育ちました。彼女の両親の母親はそれぞれレストランのオーナーでもあり、両親共々料理が大好きな家庭で育ちます。

しかし、2015年彼女の父親は2型糖尿病と診断。糖尿病の治療はまず食生活を含む生活習慣の見直しが必要です。

デボラ家族はヴィーガンの食生活が糖尿病の改善に良いと聞き、家族全員が90日間ヴィーガンダイエットを試すことにしました。

その時にデボラは、家族のお気に入りの料理フライドチキンを、植物ベースで作ってみようと試みたことがアトラスモンローの始まりです。

 

大豆を使わない植物ベースフライドチキン誕生

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ATLAS MONROE (@atlas.monroe)

多くの植物性代替肉に使用されている大豆の代わりに、デボラは小麦タンパク質を選びました。 大豆は多くの場合、遺伝子組み換えされているため、大豆から離れたかったためです

最初の植物ベースのフライドチキンはナゲットのようで、料理にはこだわりを持つ両親には今ひとつ。

 

2年間の試行錯誤の末、デボラは両親の口に合う植物性フライドチキンの開発に成功し、商品として販売することにしました。

そのため、彼女はケータリング会社設立のため1年間お金を節約し、2017年にケータリング会社Atlas Monroeを設立しました。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook