カナダグースもアニマルファー使用停止に!ファーを取り巻く世界情勢をご紹介

世界的に有名な高級ダウンジャケット「カナダグース」が、コヨーテの毛皮の使用を停止するの発表しました。近年、アニマルファーを取り巻く世界情勢とともに、ご紹介。

2021年6月、高級ダウンジャケットなどを製造・販売している、カナダの老舗ブランド「カナダグース」が、2021年末までに毛皮の仕入れを終了し、2022年末までには毛皮の使用を停止することを発表しました。

カナダグースといえば、世界中に広く知られている防寒用衣類のラグジュアリーブランドです。

日本でも、ビームスやユナイテッドアローズなどから日本人の体型に合わせたコラボアイテムが展開されるなど、幅広い世代に人気があります。

 

なぜ「カナダグース」は、毛皮の使用を停止することにしたのでしょうか?

現在のアニマルファーを取り巻く世界各国、ファッションブランドの情勢と併せて、みなさんに解説させていただきます。

 

カナダグースと毛皮

コールド, コヨーテ, ワシントン州の無料の写真素材

カナダグースのダウンジャケットは、実際にエベレストへの登山家や南極観測隊にも提供されており、さらに、一緒に商品の開発を行うことで、本格派のダウンジャケットとして優れた防寒性とクオリティを備えているとして、世界中で愛用されています。

ただ、ダウンジャケットのフード部分のふちには、極寒の地で人間の顔を凍傷から守るために「コヨーテの毛皮」が使われており、このリアルファーが動物愛護の観点から問題になっていました。

 

今回の発表では、ブランドのシグネチャーアイテムともいえる「コヨーテの毛皮」の使用を停止することが決定されたのです。

 

リアルファーの使用停止を決めた背景

コヨーテの毛皮の使用を停止する理由について、カナダグース側は「二酸化炭素の排出量や、水の使用量を減らし、より持続可能な企業になる」という取り組みの一環だとしています。

しかし、長年にわたり動物権利保護団体PETAなどがカナダグースに対し、罠としてトラバサミを使うなど、残虐な方法で捕獲されたコヨーテの毛皮の使用をやめるように呼びかけていたことも事実です。

 

また、カナダグースが株式市場に上場した際には、経営方針に影響を与えることを目的として、株式を取得していました。

PETAは、今回のカナダグースの毛皮使用停止の決定を称賛し、デモや抗議活動を一時停止するとしたものの、引き続きダウンの使用停止を求めて交渉を持続するとしています。

動物権利保護団体PETAについては、こちらのハピキヌの記事もご参考になさってください。

PETAとは?アニマルライツに取り組むヴィーガン団体

 

リアルファー禁止へ向けての世界の動向

2000年に、世界に先駆けてイギリスが「毛皮用動物の飼育禁止」法案を可決し、2003年から禁止しました。

近年では、とくに欧州(ヨーロッパ)で、ファッションに本物の毛皮を使用することへの反対の動きが強まっており、以下の国々では、すでに毛皮製品の製造が禁止されています。

  • イギリス、オーストリア、クロアチア、チェコ・スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、ドイツ、ノルウェー、ベルギー、ボスニア・フェルツェコビナ、マケドニア、ルクセンブルク

 

さらに、2021年6月4日には、エストニアの議会でも毛皮用動物の飼育禁止が可決されるなど、欧州を中心に、アニマルファーフリーな世の中に向けて動き出しています。

ちなみに、日本国内では、2016年に最後に残った毛皮用ミンク養殖農場が閉鎖され、現在は毛皮用動物の養殖は行われていません。

 

ファーフリー宣言をしたブランド

ステージに立っている灰色のコートの女性

毛皮と人間の歴史はとても長く、寒さから身を守るために動物の毛皮を身に付けたところから始まりますが、それがいつしかファッションやステータスシンボルとなっていったようです。

しかし、近年では、ファッションのために犠牲になる毛皮用の動物たちの劣悪な飼育環境や、毛皮の残虐的な生産過程が問題となり、毛皮の生産を停止したり、身に付けたりしない、ファーフリーへと移行つつあります。

 

世界的に有名なラグジュアリーブランドの「グッチ、プラダ、ミュウミュウ、ラルフローレン、マイケル・コース、コーチ」なども、既にリアルファーの使用を停止しています。

有名ブランドのヴィーガン・エシカルファッションにつきましては、こちらのハピキヌの記事も参考になさってください。

ついにエルメスも! ヴィーガン製品を取り扱っている高級ブランド7選

 

リアルファーからエコファーへ

アダルト, アフリカ系アメリカ人, アフリカ系アメリカ人女性の無料の写真素材

近年では「エコファー」の技術が進化を遂げ、より「リアルファー」に近いものとなっています。

エコファーは主にアクリルやポリエステルなどの繊維を使って作られますが、日本の織物メーカーの優れた技術で作られたエコファー製品は、より本物に近い感触で、リアルな毛並みが再現されています。

 

このエコファーは、世界的な有名ラグジュアリーブランドにも供給されているほどハイクオリティーです。

エコファーが本物に近づくことで、あえてリアルファーを使用する必要性がなくなったことも、動物の毛皮の使用をやめることの要因のひとつとなったといえるのかもしれません。

 

まとめ

カナダの老舗ブランド「カナダグース」が、毛皮の調達や使用の停止を発表したように、近年では、有名なハイブランドなどが続々と、ファッションとして動物の毛皮を使用することをやめる「ファーフリー宣言」をしています。

食べ物だけではなく、ファッションにも動物由来の素材でできた服や鞄などを一切身につけない「ヴィーガンファッション」を取り入れることは、動物や自然環境を守ることにもつながっていきます。

 

リアルファーではなく、動物にも環境にも優しいエコファーを身に付けること、これも持続可能な社会に向けて私たちができる1つの選択ともいえるのではないでしょうか。

 

2.7万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアヴィーガンストアをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事