ペットのがん細胞やストレスにCBD有効?CBDが動物に与える影響を徹底解説

ペットのがん細胞やストレスにCBD有効?CBDが動物に与える影響を徹底解説

さまざまな効能が期待されるCBD製品が、今、話題になっています。CBDをペットに与えた場合、人と同じような効果が期待できるのでしょうか。その詳細を解説いたします。

ハッピーキヌア編集部
2022年11月17日
ペットのがん細胞やストレスにCBD有効?CBDが動物に与える影響を徹底解説
大麻草から抽出されるCBD製品は、カンナビジオールとよばれる成分でつくられ、安全性が高いことで知られています。

 

近年、健康維持や治療、リラックス効果が期待できるCBD製品を購入する人々が増加し、ペットにCBDを与える飼い主さんが増えています。

 

CBD製品をペットに与えることで、どのような効果が期待できるのでしょうか?

ペット用CBDにおける使用上の注意点なども含め、その詳細を解説いたします。

 

CBDの原料とペット向け製品について

CBDは大麻草の茎や種の部分から抽出される「カンナビノイドCannabidiol」という成分の一種です。

大麻と聞いて、不安になるみなさんも多いのではないでしょうか。

 

現在、日本の法律では、違法大麻の所持や売買は禁止されています。

この違法大麻とは、精神活性作用のある「THC」成分の含まれる大麻草の葉や根、つぼみの部分のことです。

THC成分の含まれていない大麻草の種や茎は合法ですので、規制の対象にはなっていませんのでご安心を。

 

オイルやサプリメントをはじめ、食品や化粧品としても、CBD入りの製品は、広く市場に流通しています。

 

ペット向け商品として、CBD成分入りのペットフードやカプセル、オイルなどが販売されています。

 

ペットと人間用CBDの違いや注意点とは

ペット用も、人間用のCBD製品も、基本的な成分は同じ「カンナビノイド」でつくられています。

 

ただし、人間用のCBDオイルには、リラックス効果を高めるために精油やアルコールなどが含まれているタイプの製品があります。

この中には、動物が摂取すると危険な成分も含まれているため、注意が必要です。

 

  • リモネン・・・みかんの皮に含まれる成分で、猫が摂取した場合、中毒症状を引き起こします。
  • ソラレン・・・レモンの皮に含まれる成分で、猫が摂取すると下痢や嘔吐などの症状があらわれます。

 

また、ペット用のCBDには、効率よく摂取してもらうため、ビーフエキスやチキンエキスなどの添加物が含まれていることがあります。

ペットの体重によって、それぞれ一度に与えて良いCBDの量も異なります。

 

人間用のCBDは、ペット用に比べて成分濃度が高いものがほとんどですので、くれぐれもペットには与えないように注意してください。

 

CBDがペットにもたらす効能とEⅭS

人間や動物など、すべての哺乳類にはEⅭS(エンドカンナビノイドシステム)とよばれる身体機能が備わっています。

 

EⅭSは、ストレスやウィルスから身体を守り、身体機能のあらゆる調整において極めて重要な役割を担う大切な機能です。

 

CBDには、このEⅭSの働きを活性化させる作用があることが分かっています。

ECSの活性化により、がん、痛みや炎症の緩和、ストレスや不安の軽減、睡眠改善などに効果があらわれることが、近年の研究により報告されています。

 

では、人間と同じ哺乳類であるペットにCBDを使用した場合にも、同様の効果が得られるのでしょうか。

飼い主さんからの報告や、海外の研究をもとに、これから解説いたします。

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook