エコな洗剤を見分けるTipsとは?おすすめの商品もご紹介

エコな洗剤を見分けるTipsとは?おすすめの商品もご紹介

地球の未来のために、環境汚染の少ない「エコ洗剤」を選んでいくことが非常に大切です。「エコ洗剤」とは何かや、見分けるTipsを具体的な商品紹介を交えて解説していきます。

ハッピーキヌア編集部
2021年08月18日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

エコな洗剤を見分けるTipsとは?おすすめの商品もご紹介
一般的な洗剤には性能を上げるために多くの化学物質が含まれていますが、化学物質を含んだ水が排水されることによる環境の汚染が心配されます。

地球の未来のために、環境汚染の少ない「エコ洗剤」を選んでいくことが非常に大切です。

この記事では、「エコ洗剤」とは何かや、見分けるTipsを解説していきます。

 

エコ洗剤とは?

エコ洗剤とは、地球環境に与える悪影響が少ない洗剤のことです。

エコ洗剤には正式な認証はなく、定義は曖昧ではありますが、基本的には化学物質や添加物を使用していない洗剤のことを指しています。

 

人や自然環境に有害な化学物質を含まないことにより、排水によって海に流れ出ても水界生態系への悪影響が最小限になることが利点です。

また、エコ洗剤は多くの場合自然由来の成分からできており、ナチュラルで刺激が少ないのもうれしいポイント。

 

エコ洗剤の洗浄力は十分

化学物質を使用しないエコ洗剤ですが、それによって洗浄力が落ちてしまうのではないかというのは気になるところですよね。

結論から申し上げますと、一般的な洗剤と変わらない洗浄力をエコ洗剤は持っています。

 

植物由来の成分とはいえ、合成洗剤と同じ界面活性剤なので、作用は同じです。

ただし、漂白剤や増白剤といった化学物質を使用していない分、殺菌能力や白さといった点は異なり、全く同じというわけではありません。

 

エコ洗剤を見分けるには?

エコ洗剤を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 生分解性の高い成分を選ぶ
  • 無添加

 

生分解性の高い成分を選ぶ

エコ洗剤には、「界面活性剤」と表記のあるものを選びましょう。界面活性剤とあるものは石油由来のものではなく、生分解性の高いものが多いためです。

 

洗剤には汚れを落とすために界面活性剤が含まれますが、植物由来の「界面活性剤」と、石油などを原材料にした「合成界面活性剤」では生分解性が異なります。

生分解性とは、自然界に流れ出たときにどれくらいの時間をかけて分解されるかによるもので、「合成界面活性剤」には有機物が多く含まれており、有機物は生分解性が低いために化学物質が残留しやすくなります。

その結果、排水によって流れ出た成分が水界生態系に悪影響を与えやすいのです。

一方で、エコ洗剤は無機物が多いため生分解性が高く、環境に流れ出てもすぐ分解されます。

 

無添加の表記がある

エコ洗剤を見分けるための2つ目のポイントは、「無添加」の表記があるかをチェックすることです

無添加の表記がある場合、基本的にはあらゆる化学物質を含んでいません。

具体的には以下のような化学物質を不使用です。

  • 蛍光増白剤
  • 漂白剤
  • 香料
  • 着色料
  • 抗菌剤

 

化学物質が不使用であることは、地球のみならず人にも優しいのも利点です。

化学物質が入ってないことにより、化学物質が原因となる肌荒れやアレルギーの可能性を下げることができます。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook