【アメリカ情報】ケンタッキーからヴィーガンチキン発売

米KFCが植物由来のフライドチキンを発売。おなじみのケンタッキーの味がするのかどうかなど、様々な疑問点を解説。他ファストフードで食べられるヴィーガンメニューの最新情報も併せてご紹介。

健康志向の高まりを受けて、低糖質・高たんぱくの「代替肉(だいたいにく)」が注目を浴びています。

2020年8月27日、大手ファストフードチェーンのケンタッキーフライドチキン(KFC)は、アメリカ・ジョージア州のアトランタのひとつの店舗にて、植物だけで作られた「フライドチキン」を1日限定で無料提供しました。

ここでは、ケンタッキーのヴィーガンチキンへの取り組みを中心に、気軽に食べられるヴィーガンミートを使ったファーストフードについてご紹介します。

 

ヴィーガンミートとは?

ヴィーガンミートとは

ヴィーガンミート」とは、大豆やえんどう豆などを主な材料として作られる、植物性代替肉のことです。

健康志向の高まりから、ベジタリアンヴィーガンのように、植物性のものだけを食べる方だけではなく、フレキシタリアンと呼ばれる、肉の摂取をできるだけ減らそうという方も増えています。

そんな方たちのために、本物の肉にそっくりの味や食感を持つ、さまざまな種類のヴィーガンミートが開発されています。

 

中でも、アメリカで最も注目を浴びているのは、2019年に世界で初めてNASDAQ上場を果たした代替肉企業ビヨンド・ミート(Beyond Meat)の商品です。

見た目のみならず、味や食感も本物の肉にたいへん似ているため、言われなければ代替肉とは気付かないほどです。

このビヨンド・ミート社が、今回ケンタッキーと提携して開発したヴィーガンチキンが「ビヨンド・フライドチキン」です。

 

ケンタッキーの「ヴィーガンチキン」への取り組み

2019年、ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、現在のスタンダード商品に対してより健康志向の高い代替品として、ビヨンド・ミート社と提携して「ヴィーガンチキン」を開発すると発表していました。

 

その開発の結果、2020年8月27日に試験的に提供されたのが、「ビヨンド・フライドチキン」です。

写真で見る限り、本物のチキンそっくりでおいしそうに見えますね!

米KFCは、数多くのファストフードチェーンとの厳しい市場競争の下にあって、長らく成長が停滞していました。さらなるビジネス拡大のために、ヴィーガンやベジタリアン向きの代替肉を使ったメニューの開発と提供に乗り出しました。

 

健康や環境への意識の高まりを受けて、世界各国のスーパーマーケットや飲食店で植物性代替肉の人気が高まっていますが、全米展開するファストフードチェーンでビヨンド・ミートの代替肉を使ったメニューが提供されるのは初めてのことです。

KFCによれば、今回の「ヴィーガンチキン」については、他の商品と同じフライヤーで調理されるため、厳格なヴィーガンには準拠せず、肉の摂取量を減らしたい「フレキシタリアン」の顧客をターゲットにしているとのことです。

また、KFCによれば、植物由来とはわかりにくく、通常のものと同様に「ケンタッキーフライドチキンの味」がする、と自信を持っています。

今後は顧客の反応次第で、さらなる試験提供や全国展開などを決めるとのことです。

 

その他の植物性代替肉を使ったファストフード

欧米では、他にもいくつかの大手ファストフード店が植物性代替肉を使ったメニューを取り入れ始めていて、注目を集めています。

メキシコ料理チェーンの「デル・タコ」では、ビヨンド・ミートを使った「ビヨンド・タコ」を販売して、売上を伸ばしました。

その他、ハンバーガーチェーンでは、既に植物性代替肉のメニューを提供しているところもあります。

バーガーキングでは、代替肉のハンバーガー「インポッシブル・ワッパー」の販売を全米で開始しています。

また、マクドナルドは、一部でヴィーガンハンバーガー(McVegan)を販売しており、スウェーデンやフィンランドなどでは、既に定番となっているそうです。

 

日本のヴィーガンミート動向

日本のヴィーガンミート動向

日本でも、同じように植物性代替肉のメニュー開発が進められています。

2020年5月21日、モスバーガーは「グリーンバーガー」の販売を始めました。モスのグリーンバーガーは動物性の食材を使わないだけではなく、五葷(ごくん)と呼ばれる5種類の野菜(ニンニク、ニラ、ラッキョウ、ネギ、タマネギ)も使っていません。オリエンタルヴィーガン」と呼ばれる人は、これらの匂いが強く精力がつく植物も避けているためです。これは、アジアの企業らしい配慮とも言えるでしょう。

 

モスバーガーの「グリーンバーガー」については、こちらの記事もご覧ください!

「モスバーガーのヴィーガンメニュー!味や口コミを紹介」

MOS BURGER|グリーンバーガー GREEN BURGER

 

また、オランダ発のベジタリアン向け食品販売会社、ベジタリアンブッチャージャパンは、2020年9月2日より、「ゴーストレストラン/The Vegetarian Butcher Delivery池袋店」をオープンしました。

ベジタリアンブッチャー

(引用元:PR TIMES|日本初!プラントベースドミート専門の「ゴーストレストラン」が9月2日OPEN!メインのハンバーガーは植物性由来のプラントベースドミート!?)

ゴーストレストランとは、ニューヨーク発祥のビジネスモデルで、間借りしたキッチンで調理を行い、UberEatsなどのデリバリーサービスを通して注文を受け、配達するという仕組みです。現在は、池袋、新宿、中野など都内12箇所に拠点があり、3㎞範囲内で配達してくれます。サービスが利用可能なエリアについては、下記のリンクからご確認ください。

The Vegetarian Butcher Delivery

 

まとめ

今回ご紹介したように、国内外の大手ファストフードチェーンなどでは、ヴィーガンやベジタリアン、フレキシタリアンのための植物性代替肉メニューの開発を進めています。

健康のため、環境のため、動物愛護のため、とヴィーガンになりたいと思う理由はさまざまですが、いきなりヴィーガンのライフスタイルに切り替えるというのは難しいものです。

まずは食生活を変える一歩目として、気軽に食べられる「ヴィーガンミート」のフライドチキンやハンバーガーを試してみてはいかがでしょう?

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事