【3月20日】ニューヨークがミートフリーになる!?NY市長発のミートアウトデー

【3月20日】ニューヨークがミートフリーになる!?NY市長発のミートアウトデー

2022年3月20日は、アメリカのニューヨーク州が「ミートアウト」を実践するというのです。ニューヨーク市長であるエリック・アダムズ氏が、大きなイベントに乗り出すと発表しました。

ハッピーキヌア編集部
2022年03月19日
【3月20日】ニューヨークがミートフリーになる!?NY市長発のミートアウトデー

NY市長のアダムズ氏はプラントベース推進派

NY市長のアダムズ氏はプラントベース推進派

2021年にニューヨーク市長になったアダムズ氏が、ここまで街をあげたプラントベースイベントに乗り出す理由とはなぜでしょうか。

 

プラントベースを実践するNY市長

ニューヨーク市長がプラントベースに力を入れる理由はとってもシンプルです。

彼自身がプラントベース食を取り入れた生活をしているからです。しかも、ただのトレンドではありません。

 

アダムズ氏は、過去に糖尿病を患っていると診断されたことがあります

それを受けて、体に取り入れるものを入れ替え、プラントベースな食卓を囲むようになりました。その結果、糖尿病を克服したというのです。

 

実体験があるからこそ、より多くの市民にプラントベースの良さを知ってもらい、健康に気を使ってもらいたいという思いがあるのでしょう。

その思いの表れが、まさに今回の「NYのプラントアウト宣言」に現れています。

 

100%でなくてもプラントベースを推奨

彼は自分の言葉で「自分はヴィーガンではない」と宣言しています。自分の食生活は完璧なヴィーガンでないと告白しています。

100%ではないけど、プラントベースな食生活を取り入れることで、がらっと体調が改善された」と声に出しています。

だからこそ、100%食生活を変えるという無理強いはしないけれど、少しずつでも、「ミートアウトデー」だけでも、プラントベースを推奨しているのです。

 

NYの給食で実践されるヴィーガンフライデー

 NYの給食で実践されるヴィーガンフライデー

アダムズ氏の取り入れた政策の中で、目立つものがあります。2022年に入ってから実際に始まった「ヴィーガンフライデー」というイベントです。

なんと、ニューヨーク市内の公立1,700校において、金曜日はヴィーガンメニューという給食改善に乗り出しました。

 

これはすごい取り組みではないでしょうか。

子どもの頃から週に1回は「プラントベース食」に触れていれば、ヴィーガンメニューが「当たり前」になります。

また、子どもがヴィーガンメニューを食べているということで、各保護者のヴィーガンメニューへの理解が深まることにも繋がります。

 

まだ始まって1か月の施策ですが、これからどのような反響が聞こえてくるのか楽しみです。

 

まとめ:3月20日はNYがプラントベースのお祭りに!

まとめ:3月20日はNYがプラントベースのお祭りに!

ニューヨーク市長であるアダムズ氏は「3月20日を、ミートアウトデー」にすると宣言しました

ミートアウトデーは長い歴史のあるキャンペーンで、すでに多くの州が賛同して実施していました。

しかし、2022年アメリカ1の巨大シティが参加するというニュースは、アメリカだけでなく世界のプラントベースメディアが注目しています。

 

3月20日のある一週間がキャンペーン対象となっていて、有名レストランとのタイアップ企画や、街のあちこちでプラントベースへの理解を深められるようなイベントが開催される予定です。

シティをあげての巨大プラントベースイベントは、いったいどのようなものになるのでしょうか。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook