オーガニックはお金がかかる?手軽にオーガニックを実践できる方法をご紹介

オーガニックってなぜ高いの?どうしたらお手軽に実践できるの? オーガニック食品の価格が高くなる理由と、少しでもオーガニック食品をお手軽に取り入れられるtipsを紹介します。気軽にオーガニックライフを始めましょう!

みなさんはオーガニックに対してどのような印象を持っていますか?

今回は少しでもお手軽にオーガニック生活を取り入れられるtipsを紹介していきます。

 

世界のオーガニック事情

まずは世界的にみた日本のオーガニックの状況についてみていきましょう。

世界の有機食品業界は年々増加しており、売上はアメリカが全世界の46%、北米と欧州でほとんどを占めている状況です。

 

消費に関してはスイス、デンマーク、スウェーデンなど欧州諸国がトップを占めています。

スイスでは年間約3.3万円が有機食品の消費に充てられていますが、日本は約1,000円となっており、世界と比べても日本が有機食品にかける費用はまだまだ少ないと言えます。

 

農地面積に関しては、日本の有機農業の農地面積は全体の約0.5%だと言われています。

国別ではイタリア14.5%、スペイン8.7%と欧州諸国の割合が高くなっています。

またトータルの農地面積でいくと中国が2,281千ヘクタールと、トップに躍り出ます。

(参照:有機農業をめぐる我が国の現状について

 

しかし日本でも環境意識の高まりで、有機農産物への需要が拡大しており、農林水産省は2050年に有機農業用の農地を全体の約25%に増やす目標を掲げています。

(参照:朝日新聞デジタル

 

同時に、有機農業の拡大には問題があり、これから挙げる問題が有機農業の価格、手に入れやすさに直結しています。

 

有機農業拡大の問題

①労力がかかる

有機農業は化学肥料や農薬で害虫や病原菌を駆除するのとは違い、土づくりから手元に届けられるまで手間暇をかけて生産されています。

実際に有機農業を縮小する理由として「労力がかかるため」が主な理由にあがってきており、特に除草に対する労力が大きな要因となっています。

 

②入手チャネルの制限

もうひとつは入手チャネルが限られていることがあげられます。

今であればイオン系列のビオセボンや、こだわりや、大手スーパーなどで手に入るようにはなりましたが、地域によっても異なります。

また有機JAS認定を受けるには時間と費用がかかることもあり、小規模の農家さんには手が出しづらいのが実情です。

 

またオーガニックと言えど認められた有機肥料は使用可能、などの基準に則ったものであり、実際に完全無農薬栽培や自然栽培などよりこだわりを持って生産する生産者さんもいます。

 

③価格が高い

上記①、②の理由により必然的に通常より価格が高くなってしまうことが挙げられます。

しかし、農薬や化学肥料などをなるべく体に取り入れないため、環境負荷を減らすため、人にとっても環境にとってもオーガニックを積極的に取り入れていくことは有効的だと言えます。

 

お手軽に取り入れる方法

消費者の17.5%が週に1度有機食品を利用しており、中でも有機野菜の割合が60%を超えています。

また、約9割がスーパーで有機食品を購入しており、農家から直接購入しているのは1割以下です。

 

スーパーは体系化された流通網があるので、スーパーのスケールメリットを生かして価格が抑えられている部分もありますが、中間に業者が挟まっていることで手数料部分で上がってしまうことがあるのも事実です。

 

①スーパーの場合、オリジナル商品を選択

スーパー独自のオリジナル商品に関してはスーパーが直接買い付けしていることも多く、手に取りやすい価格が多いです。

また提携農家さんと組んでいるところもあり、供給量に関してもある程度担保できると言えます。

 

②農家さんから直接買い付け

ファーマーズマーケットなどでは直接農家さんから購入でき、価格もお手頃です。

またおすすめの調理方法についても教えてもらえたりと、会話がうまれるきっかけにもなります。

今となってはSNSが発達しているのでSNSで農家さんを見つけることも可能な時代になりました。

 

それはハードルが高いなという方は、下記のようなサイトも参考になります。

 

食べチョク

品質にこだわる農家・漁師から旬の食材を直接お取り寄せできる産直通販サイトです。

農薬節約栽培、自然栽培などタグで簡単に見分けることもできるものポイントです。

サイトはこちら:https://www.tabechoku.com/

 

ポケットマルシェ

こちらも旬の食材を直接買えるオンライン上のマルシェになります。

サイトはこちら:https://poke-m.com/

無農薬などのキーワードで検索すれば、さまざまな農家さんがでてきます。

 

またプラスチックにいれてほしくない場合、新聞で簡易梱包などリクエストすれば

対応してくださる農家さんもいるのでプラスチックに入った野菜を購入したくない方にもおすすめです。

 

まとめ

手間、労力、人手、流通量の少なさをみてもオーガニックが通常品より高いのはある程度仕方がないといえるかもしれません。

しかし、わたしたちが購入し、オーガニック野菜のニーズが増えることで需要が拡大し、いずれは手軽に、現状よりも安価に手に入ることにつながります。

全てをオーガニックにすることは難しいかもしれませんが、お米など、直接かつ食べる頻度の高いものや、ニンジンなどの皮ごと食べることを推奨される野菜などからオーガニックにするなど、ぜひご自身でうまくオーガニックと付き合っていける方法を見つけてみてくださいね。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ