世界の王室ヴィーガン事情<チャールズ皇太子、ウィリアム王子>

世界の王室ヴィーガン事情<チャールズ皇太子、ウィリアム王子>

世界でますます増えているヴィーガン人口。ヴィーガンの考え方は食生活だけではなくライフスタイルにおいても影響を与えています。それはイギリス王室についても同じこと。世界の王室ヴィーガン事情、今回はチャールズ皇太子、ウィリアム王子について紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年01月19日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
世界の王室ヴィーガン事情<チャールズ皇太子、ウィリアム王子>
ヴィーガン先進国のイギリスですが、イギリスの料理で有名なのは、シェパードパイ、フィッシユアンドチップスやローストビーフなどヴィーガンではないものが圧倒的です。

そしてイギリス王室の遊びでは、伝統的な狐狩りや大鹿などの狩猟など、ヴィーガンとは程遠いもの。

しかし、イギリスは世界最初の動物保護法が作られたほど動物の権利において、最も早い時期で取り組みを始めた国でもあります。

 

イギリス王室のヴィーガンライフスタイル

たくさんのヨーロッパ諸国では、毛皮を得るための動物飼育農場を違法としていますが、その先駆けを切った国々の一つはイギリスです。イギリス王室でもヴィーガンライフスタイルの意識は顕著に表れています。

 

最近ではエリザベス女王が毛皮を一掃し、毛皮を用いられている伝統のある儀式用衣装でさえも、フェイクファーのものにすることが明らかになりました。

イギリス王室という伝統を継承しつつ、新たな考えも迎え入れる柔軟な姿勢のイギリス王室のヴィーガンライフスタイル事情を、チャールズ皇太子とウィリアム王子を通して紹介します。

 

チャールズ皇太子

出典元:The Prince’s Foundation

「何年もの間、私は週に2日は肉や魚を食べていませんし、週に1日は乳製品を食べていません。」

昨年のBBCとの主要インタビューで、チャールズ皇太子は、地球温暖化を少しでも防ぐために、自分が何をできるかについて話しました。

 

チャールズ皇太子は、生涯にわたっての環境保護論者であり、肉と乳製品の消費を制限しており、バイオ燃料を使用している車を運転しています。

彼が住む王室も、カーボンフットプリントを少しでも減らすために、ソーラパネルを設置、暖房システムもバイオ燃料を使ったボイラーシステムを採用しています。

チャールズ皇太子は普段から環境問題に取り組んでおり、食事も元々ベジタリアン志向であったのですが、農畜産業がもたらす地球温暖化により、改めて地球温暖化防止のために、乳製品やお肉を食べることを控えることにしたとのことです。

 

1970年代からプラスチック汚染を示唆

出典元:The Prince’s Foundation

プラスチック海洋問題が、たくさんの深刻な問題を起こしていることは周知の事実。しかし、チャールス皇太子は、プラスチックが環境に悪影響を与えることを、50年も前から訴えていたのをご存知でしょうか?

上記にも述べたように、チャールズ皇太子は若い時から環境保護論者でした。使い捨てされるプラスチックが生分解されないことを危惧し、プラスチック汚染について22歳の時から訴えていたのです。

 

常に自然を愛し自然環境を第一に考えるように、50年間も訴え続け活動してきたチャールズ皇太子は、地球を守ることの大切さを、息子であるウィリアム王子とハリー王子にも教えていました。

チャールズ皇太子の子供達が大きくなった今、チャールズ皇太子は彼自身の慈善団体、The Prince’s Foundation(ザ・プリンス・ファウンデーション)を通して、子供達に自然環境の大切さを教える活動を行なっています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook