スターバックスもプラントベースミルクの変更を無償化に!イギリスから

スターバックス発祥のアメリカそして日本よりも先に、ヴィーガン大国イギリスのスターバックスがついに植物性ミルクに変更の際にかかるカスタマイズ料金を廃止にすることを決定しました。今回の決定に至った背景を紹介します。

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

スターバックスはこれまで、オーツミルク、豆乳、アーモンドミルクやスターバックス特製オリジナルナッツブレンドなど、乳製品を含まないさまざまなミルクオプションがあり、ヴィーガンの人たちでも楽しめるメニューを提供してきました。

しかし、そのためには、追加料金を支払わなければなりませんでした。

 

今年に入り英国スターバックスは、他国に先駆け、植物性ミルクへの変更を無料にするとのニュースを発表しました。

 

英国スターバックスの決定

ここ数年において植物性ミルクが欧米ではもはや当たり前の飲み物となり、英国では大手コーヒーチェーンのスターバックスに対して、植物性ミルク変更の際にかかる追加料金(0.40ポンド)に対する不満の声が上がっていました。

その声に反応してか、英国スタバは、英国全土にあるスタバ全ての1,020店舗で追加料金を廃止することをついに決定。

 

このニュースは、乳製品に反対するデイリーフリー擁護団体Switch4Good(スウィッチフォーグッド)によって流された、スタバが変更料金を廃止した、というデマの直後に発表されました。

このグループは、スタバに植物性ミルクへに変更の際にかかる追加料金廃止に向けての圧力をかけるため、そして*ダイエット人種差別の意識を高めるためにこのデマを流したそうです。

 

*ダイエット人種差別:いくつかの研究によると、**BIPOCの人々は乳糖不耐症の影響を受けている可能性が非白人よりも高いと示唆している。

**BIPOC(バイポック):Black, Indigenous, and People of Color(黒人、先住民、有色人種)の略で、個人ではなく集団を指す言葉で、今まで非白人として無いものとされてきた多様な文化を尊重するための言葉です。

 

英国スターバックスの新ヴィーガンメニュー

英国スターバックスは、3つの新しいオーツラテを含む、いくつかの乳製品を含まないメニューオプションも発表しました。

新しいメニューのうち2つは嬉しいことにヴィーガンメニュー。ストロベリー&バニラオートラテとダークココア&オレンジオートラテ。そして三つめの新メニュー、ヘーゼルナッツベースのラテには、蜂蜜が含まれています。

 

そしてフードメニューにも、英国の植物性代替肉メーカーThe Vegetarian Butcher’s(ベジタリアンブッチャー)のヴィーガンマグロで作られる、Tu’NAHサンドイッチが新たに仲間入り。

他にも、ピーカン&キャラメルブラウニー、キャロットケーキ、チョコレート&キャラメルマフィンなどの、植物ベース由来の素材からできているメニューが新たに加わっています。

 

地球環境に優しいスターバックスオートラテ

植物性ミルク変更の際にかかる追加料金を廃止し、より多くのオーツミルクベースの飲料を導入するというスターバックスの選択は、消費者だけでなく地球にとっても有益なことです。

国連食糧農業機関によると、畜産は世界の温室効果ガス排出量の14.5パーセントを占めています。温室ガスを排出するのみではなく、家畜を育てるに土地の利用や水資源などの自然資源も大量に消費します。

 

オックスフォード大学の研究に基づくBBC気候計算機によると、1日に1杯の牛乳を飲むためには、年間45,733リットルの水が使用されるとの計算になり、1日に1杯のオーツミルクに対しては、年間3,512リットルの水が必要との計算になるそうです。

スタバは以前に、乳製品が環境に与える影響を明言しています。昨年、CEOのKevin Johnson(ケビン・ジョンソン)は、植物性ミルクはスタバにおけるの持続可能性への取り組みの解決案になるかもしれないアメリカメディアに話しています。

 

日本での植物性ミルクの認知

農林水産省のデータによれば、日本では牛乳、乳製品の消費量はピーク時ほど多くはないものの、2014年からまた増えています。

酪農大国北海道では、まだ酪農家を目指す人たちのために研修を行ったり、サポートをしたりしているのも現状。先の#ミルクに感謝運動を考えると納得のいくデータだと思います。

 

酪農ジャーナルによると、農林水産分野で発生する温室効果ガス排出量は、国内で排出される温室効果ガス全体の4%です。数字4%は低い数字なため、日本では酪農が環境に与える影響についてあまり認知がないのかもしれません。

しかし日本ではアーモンドミルクの売り上げが一年で30%以上増加しています。これは地球環境への配慮というよりは、乳糖不耐症や健康志向からの観点から需要が高まってきているようです。

 

反対に米国では、酪農家が生乳の売上減少に伴い、植物性ミルク事業に転向している酪農家が増えています。

 

2016年にはニューヨーク市で90年以上続いていた最後の酪農メーカーElmhurst(エルムハースト)が植物性ミルクメーカーに転向。今ではオーツミルクやアーモンドミルクのみならず、くるみ、カシューナッツなどのミルクも製造しており、大成功を収めています。

 

スタバ、エコフレンドリーなお店へ

昨年12月に日本初の環境配慮型店舗、Greener Stores(グリーナーストア)、を皇居外苑にオープンした日本のスタバ。

この日本初のスタバは世界自然保護基金(WWF)と共に策定したサステナブル国際認証を得、従来の店舗に比べ、CO2排出量約30%、水の使用量約20%の削減を実現しました。

 

CO2排出量と水の使用量だけではなく、クリーンエネルギーの使用や廃棄物削減などの取り組みも試みています。

 

今現在スタバ直営店は、全世界で16,000店舗以上あります。

北米ではすでに2,300店舗がグリーナーストアとなりました。2025年までに、全世界のスタバ直営店10,000店舗を、環境に優しいサスティナブルなお店にすることが、スタバが目標としている環境対策に対しての取り組みです。

 

まとめ

今年に入り米国に本店を置く大手コーヒーメーカースターバックスが、英国で植物性ミルクの変更料金を廃止すると発表。

日本では植物性ミルクは、まだまだ欧米に比べると需要量は少なく、また手軽に購入する環境ではありません。ですが日本でも植物性ミルクの人気は高まってきているのは事実です。

 

英国のスタバで初めて植物性ミルクの変更料金を廃止、他の国々のスタバはどう受け止めるのでしょうか。

 

今回の英国スターバックスによる発表は、現時点では英国にのみ適用されます。米国のスターバックスは引き続き追加料金約70セント、日本では追加料金約60円が必要です。

 

合わせて読みたい

ヴィーガン・植物性ミルクを標準採用に!ブルーボトルを筆頭にアメリカで広がる動きとは

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

iHerbで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら
(限定で15%割引が適用になります!)

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

3万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img
原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

新着記事

spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ