サステナブルなウィスキーとは? 各銘柄10選の取り組みをご紹介

ウイスキーを作っているメーカーや蒸留所が、どのようなサステナブルな生産体制を実際に行っているか調査しました。海外の蒸留所や日本が保有する海外の蒸留所では、すでに長年にわたる活動や、これからの計画がしっかりと考えられています。今回は日本でも有名なウイスキーの銘柄/ブランド10選について、その取り組みをご紹介いたします。

お酒の種類の中でウィスキーを蒸留するプロセス、環境はヴィーガンにとっては最も安心、安全な取り組みをしていると言われています。

今回は、各企業、銘柄の実際の取り組みについて調べてみました。

 

サステナブルな活動をしているウィスキー会社&蒸留所の取り組み

1. Johnnie Walker  ジョニーウォーカー

diageo-web.jpg
画像:Diageo

ジョニーウォーカー、スミノフ、ギネスのメーカーであるディアジオ(Diageo)が昨年発表したサスティナブルな取り組みは、2021年の春から新展開として紙製ボトルを導入するということ。

持続可能な方法で調達された木材のみを使った紙ベースのスピリットボトルは、使用後はリサイクルが可能となる革新的なパッケージで、世界初の100%プラスチックフリーとなります。

この紙パッケージの登場で炭素排出量を削減に繋がります。

 

2. Maker’s Mark メーカーズマーク

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maker’s Mark México(@makersmarkmex)がシェアした投稿

世界最大のバーボンブランドの1つメーカーズマーク”Maker’s Mark”は日本の最大手酒造のサントリー/ビーム サントリーが保有するアメリカ製バーボン・ウイスキーの銘柄です。

メーカーズマーク蒸溜所では、敷地内のスプリング・フェド湖の水を育む森を守るため、アメリカンホワイトオークの植樹等、水源保全活動に積極的に行っています。

 

親会社であるビームサントリーは、水源と敷地に隣接する土地を保護するためにケンタッキー大学と協力し、ブルーグラス州全体にあるビームサントリーのすべての施設で「流域バランスを開発する」方法に取り組んでいます。

 

*ビーム サントリーはアメリカ合衆国イリノイ州ディアフィールドに本拠をおく蒸留酒生産者。サントリーホールディングスの機能子会社。

 

画像:Beam Suntory Facebook

ビーム サントリーは自然環境に対する取り組みとして、水資源の管理・水源の保全・省エネへの取り組み・資源の有効利用など多くの課題を解決、促進しています。

 

ジムビームアメリカンスチルハウスはLEED(Leadership in Energy and Environmental Design)のゴールド認定を取得しています。

その特徴は25%にリサイクル建材を使用、節水型の設備を蛇口、水洗トイレに使い水使用量を年あたり50%削減、79%の建築廃材がリサイクルされ、埋立て処分を回避し環境の持続性性能を実行しました。

 

ビームスサントリーは、持続可能な活動の将来性を目標として設定しています。

10億ドル以上の投資をして環境・消費者・コミュニティーにプラスの影響を与えています。

 

炭素排出量正味ゼロ・水の使用量50%削減・流域の補充100%達成など、5億ドルを投資して消費者に責任ある選択を促している上、100万時間のボランティア活動を費やして多様性、公平性、包括性を高める活動を行っています。

 

3. Morrison Bowmore Distillers モリソンボウモア蒸留所

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bowmore Whisky(@bowmore)がシェアした投稿


ビーム サントリーが保有するスコットランドのアイラ島のボウモアにあるウイスキー蒸留所。

ウイスキー生産の環境への影響を減らすために、2008年にスコットランドのスコッチウイスキー協会は2020年の環境管理指標を設定し、業界はそれらに向けて共同で取り組んでいます。

 

Bowmore独自でより厳しい目標を設定し、ライフサイクル分析チームを結成。製造から廃棄まで全ての段階で環境への影響を減らすことを目指しています。

 

取り組みの成果として生産量が増加しても、2008年と比較してCO 2排出量を14%削減、梱包重量を15%削減することに成功しています。

ボウモア蒸留所は、エネルギー資源を活用した取り組み・梱包材のリサイクル・蒸留工程からの廃熱の再利用他多くの取り組みを実施しています。

 

4. ニッカウヰスキー

 

この投稿をInstagramで見る

 

雅斗(@masato_sake_whisky)がシェアした投稿

アサヒグループの機能子会社のニッカウヰスキーは、工場での再資源化100%の持続可能な取り組みにおいて、全工場で副産物・廃棄物再資源化100%を達成しています。

仕込み工程で発生する麦芽の殻皮・モルトフィードは、発生した副産物・廃棄物のうち約80%を占め、家畜の飼料などとして再利用されています。

 

また、汚泥は有機肥料や堆肥、アルミくずはアルミ缶や電気製品などに生まれかわって再び利用されています。

 

5. Marble Distilling Co. マーブル蒸留会社

 

画像:Marble Distilling Company Facebook

コロラドロッキーズの中心部にあるMarble蒸留所は、持続可能性のモデルに基づいて建てられました。

Marble社のビジネスの中核の持続可能な活動は、蒸留するための水を100%回収し、蒸留プロセスで得られたエネルギーを施設などで再利用します。

この行程を通じて、年間400万ガロン以上の水を節約し、20世帯を暖房するのに十分なエネルギーを再利用が可能になります。

 

他にもカスタム生産のボトルではなく、リサイクルバレルや既存の軽量ガラスボトルを使っています。

再生可能エネルギーで蒸留所に電力を供給し、プラスチック製のストローではなくグラスから飲むことを奨励しています。

 

6. Blinking Owl Distillery ブリンキングオウル蒸留所

 

この投稿をInstagramで見る

 

Blinking Owl Distillery(@blinkingowl)がシェアした投稿

ブリンキングオウル蒸留所ほとんどがオーガニック認定を受けた穀物・果物・植物を使っています。そして持続可能な農業慣行をしている地元のスペシャリティーな人々からも購入しています。

長年にわたって固有のディーゼル燃料を取り除いている、持続可能な農業慣行を行っている有機生産者とほぼ独占的に協力し合っています。

 

こうして地元の穀物コミュニティーと協力することで、100%カリフォルニアの製品になる目標を達成しました。

(2018年2月の時点で、使用されているすべての穀物はカリフォルニアの農場のオーガニック認定を受けたものです)

 

7. Belgrove Distillery ベルグローブ蒸留所

 

この投稿をInstagramで見る

 

BAR鶴亀(@bar.tsurukame)がシェアした投稿


ベルグローブ蒸留所はオーストラリアで最初のライ麦蒸留所で、バイオディーゼル燃料を使っています。

「最も環境に優しい」蒸留所を目指し、生成されたアルコール1リットルあたりに放出される化石燃料の二酸化炭素の量が最も少ない「GREENEST」活動をしています。

エネルギーの95%は、農場の隣のロードハウスから集めた廃棄物フライヤーオイルから作られたバイオ燃料(再生可能エネルギー)と最小限の貨物(フードマイレージ)から作られたものです。

 

その他5%のエネルギーは水力発電(再生可能)です。

ベルグローブ蒸留所では*ライコーンを栽培していますが、他のほとんどの穀物とは異なり、肥料や灌漑(かんがい)はほとんど必要なく、水路の汚染を回避できます。

*ライコーンはライコムギ「改良ライコーン」と呼ばれるもので耐倒伏性抜群の品種。

出典:Belgrove

 

8. Tamworth Distilling タムワース蒸留所

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sarah Mathason(@sarahahouse)がシェアした投稿

タムワース蒸留所は2015年に開業してまもなくは遠心分離機に投資しました。遠心分離機は、1日に250ガロンの使用済み穀物廃棄物を効率的に処理して*アップサイクルします。

近くのサニーフィールドブリックオーブンベーカリーと提携して、50万ポンド近くの「廃棄物」を有機小麦粉、コーンミール、ブラックストラップ糖蜜、酵母、海塩、モルト大麦と合わせ、製品として生まれ変らせています。

 

また蒸留所近くの自然の森の中では、新鮮なものを手に入れることができ、松ヤニなどの自然のフレーバーを使って特定の方法で蒸留し、その成分の良さを引き出しています。

こうした活動を通して、持続可能な生産体制を作るとともに、タムワース蒸留所のある土地ならではの利点やオリジナリティを活かした特別な味を創り出すことができます。

 

*アップサイクルとは、サスティナブル(持続可能)なものづくりの新たな方法論で、本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせること。

 

9. Far North Spirits ファーノーススピリッツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Far North Spirits(@farnorthspirits)がシェアした投稿

ファーノーススピリッツ蒸留所は全鋼構造で、現場での建設廃棄物を大幅に削減しました。

最も効率的な加熱システムを採用し、加熱に必要なのは小型のプロパン燃焼ボイラーだけです。

また蒸留所の床照明はすべてT5を採用し、初期設置時に必要なランプと照明器具の数を減らし、エネルギー消費量が削減しました。

さらに製造プロセスで使用される材料の大部分は、発生源が削減されているか、堆肥化可能であるか、リサイクル可能であるかのいずれかで、ごみ削減に繋がっています。

 

また同社は、ファーノーススピリッツの周りに600本以上の木を植え、さらに緩衝帯・砂防・野生生物の生息地、防風として機能する在来のプレーリーグラスを植えました。

野花は、ハエや蚊の捕食だけでなく、ミツバチや他の受粉を引き寄せるために原生草原地帯は大切な土地です。

さらに建物の屋根からの雨の流出は、原生草原地帯の溝に流れ込みます。この方法は、水の流れを遅くして侵食を減らし、堆積物やその他の潜在的な汚染物質を除去することで水質を改善します。

 

ごみ排出量を減らすだけではなく、周辺の野生生物の巣作りをする場所として最適な環境作りも行っており、地域に根ざした産業を行っていることがよくわかりますね。

 

10. ブルックラディ蒸留所

 

この投稿をInstagramで見る

 

古村 宏喜(@fullcon1967)がシェアした投稿

スコットランド西岸のヘブリディーズ諸島、アイラ島の西海岸沿いにあるブルックラディ蒸留所は、1881年に設立されたままの伝統的な蒸留設備と、革新的なウイスキー作りが融合した蒸留所です。

ブルックラディ蒸留所は*Bコーポレーションの認証を受けたヨーロッパでは唯一のウイスキーとジンの蒸留所として、サスティナブルなウイスキー造りに取り組んでいます。

 

*Bコーポレーション:米国ペンシルバニア州に本拠を置く非営利団体のB Labが運営。環境、社会に配慮した事業活動を行っており、アカウンタビリティや透明性などB Labの掲げる基準を満たした企業に対して与えられる民間認証です。

引用:Bコーポレーション

 

 

まとめ

サステナブルなウィスキーは、工場の場所、工場建設、原材料から製造プロセス、ボトル、梱包、出荷全てにおいてサステナブルな生産体制を目指した取り組みを行っている企業がたくさんあります。

日本での認知度はまだ少ないですが、サントリーやニッカウヰスキーはすでに取り組みを始めており、今後も日本のメーカー、蒸留所がもっとサステナブルな取り組みを発信していくようになると良いですね。

 

2.6万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事