【徹底解説】VEGAN AWARD(ヴィーガンアワード)とは?2022年の受賞者もご紹介

【徹底解説】VEGAN AWARD(ヴィーガンアワード)とは?2022年の受賞者もご紹介

VEGAN業界の最大級の祭典「VEGAN AWARD2022」が、4月30日に開催されました。日頃からヴィーガンのライフスタイルの発展に貢献されている、本年度9名の受賞者のみなさんをご紹介させていただきます。

ハッピーキヌア編集部
2022年06月24日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
【徹底解説】VEGAN AWARD(ヴィーガンアワード)とは?2022年の受賞者もご紹介
2022年4月30日、グランドプリンスホテル新高輪において、日本最大級のVEGAN業界の祭典「VEGAN AWARD(ヴィーガンアワード)」が開催されました。

本年度のVEGAN AWARDでは「ヴィーガン」という次世代のライフスタイルの発展に貢献している企業や個人団体などから選出された、9名のみなさんが表彰されています。

 

今回は、新型コロナウィルスの影響により、約3年ぶりの会場での開催となりました、VEGAN AWARDの受賞者の方たちを、みなさんにご紹介させていただきます。

 

VEGAN AWARDSとは

https://vegeaward.jp/news/2022winner/

VEGAN AWARDでは、医学や経済、料理などのあらゆるジャンルの中から、VEGANのライフスタイルの発展や革新に貢献した受賞候補者を、まず100名ノミネートします。

そして、ノミネートされた100名の中から、表彰式当日、VEGAN AWARDの受賞者が発表・表彰されるのです。

 

2022年度の受賞者をご紹介

VEGAN AWARD 2022の受賞者9名とは、どのようなヴィーガンの活動をされている方たちなのでしょうか。

早速、みなさんにご紹介させていただきます。

 

1. 【大賞】 ネクストミーツ株式会社

今年度、VEGAN AWARDの大賞に、みごとに輝いたのは「地球を終わらせない」をコンセプトに、美味しい代替肉でサスティナブルな地球の未来に貢献する「ネクストミーツ株式会社」です。

2020年6月に創業したばかりのフードテックベンチャー企業ですが、人気レストランチェーンとのコラボや、スピーディーかつ積極的な海外進出などにより、業績を拡大し続けています。

 

一般的な食肉と比べ、値段が高いといわれていた代替肉ですが、ネクストミーツ株式会社では、3月から自社の製品価格を約3割程度下げるなど、パラダイムチェンジにも挑戦・貢献されています。

日本の代替肉市場の活性化のきっかけを作ったネクストミーツ株式会社は、今後も世界進出を続け、プラントベース食の新たな選択肢を広げてくれることでしょう。

 

2. 【文化貢献賞】 室谷 真由美(むろや まゆみ)さん

ビューティーフード研究家でモデルの室谷 真由美さんは、私生活でも玄米や野菜を中心とした、ほぼヴィーガンの食生活を実践されています。

VEGAN AWARDで、文化貢献賞に輝いた室谷さんは、日本ヴィーガン協会の理事長や、環境省のアンバサダーも兼任されている、才色兼備な方です。

 

さらに、ヴィーガンの専門家として、これまでに開拓された、ヴィーガンのレストランやカフェは3100店以上にものぼり、ご自身でも飲食店のプロデュースや監修をされています。

TVや雑誌など、メディアへの出演や取材も多数こなす室谷さんの、今後の活躍から目が離せません。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook