コペンハーゲン発のアップルレザー「リープ」と、ヴィーガンレザー5選を徹底解説

秋に向けて、流行りのヴィーガンレザーをチェックしてみませんか。特にオススメなアップルレザーをメインに解説していきます。

9月に入り、そろそろ秋用の服が気になる季節になりました。

秋と言ったら、レザーはマストアイテムではないでしょうか。

 

そんなレザーは地球に優しい「ヴィーガンなもの」へと変わりつつあることをご存知でしょうか。

その理由は動物を犠牲にせず、環境に配慮されている新な革として重宝され、世界中で研究・開発されているからです。

 

今回はヴィーガンレザーの一つとして、コペンハーゲンが生み出した「Leap™(リープ)」というアップルレザーについて解説していきます。

 

ちなみにコペンハーゲンとは、ヨーロッパのデンマーク首都で、2014年に欧州委員会より「European Green Capital(ヨーロッパの緑の首都)」に選出されている町です。

サステイナブルの意識が高い町のアップルレザーはどんなものなのか、是非最後までご覧ください。

 

そもそもアップルレザーとは

りんごの搾りかすを使用して作られている、ヴィーガンレザーです。

今までジュースなどで出た搾りかすは、食品廃棄物となって捨てられていました。

それをレザーに生まれ変わらせているのです。

 

ちなみに食品産業における、食品廃棄物はどのくらいの量かご存知ですか。

日本では年間1916万トン米国では2009万トンの食品廃棄物が排出されています。

引用:公益財団法人流通経済研究所

 

想像を絶する数ですね

 

そんな破棄予定だったものから新しい価値を生み出すアップサイクルは、地球環境に大いに貢献できることが可能です。

 

アップルレザーは今後の革製品の革新的な素材の一つとして、広まっていくことでしょう。 

 

「Leap™(リープ)」について

この投稿をInstagramで見る

 

BEYOND LEATHER(@BEYOND.LEATHER)がシェアした投稿

Leftover Apples(リンゴの残り物)の頭文字をとって、「リープ」と名付けられたヴィーガンレザー。

Beyond Leather(ビヨン ドレザー)社という、コペンハーゲンを拠点とした素材会社が生み出しました。

 

最低50%のアップサイクルされたりんごを使用してつくられています。

製品の半分が廃棄物というだけでも、
環境に配慮されています。



ですが、残りの50%は?


そこも気になるところだと思います。

 

素材が設計上持続可能なサステナブルであるリープ。

実は80%のバイオベース成分でつくられています。

 

そもそもバイオベースとは石油をつかわず再生可能な資源で、土壌や水中の微生物によって分解ができるとのこと。

環境中の二酸化炭素を増やさないという特徴もあります。

引用:農林水産省食料産業局

 

更に、従来の皮革生産よりも99%少ない水と、約85%少ないCO2*を使用してリープを製造でき、出来上がるまでに1日しかかかりません。リープは持続可能な革の代替品であるだけでなく、あらゆる段階で持続可能な方法で生産されています。

出典:Leap™

 

また、合皮によく含まれているプラスチックを一切使用せず、オーガニックコットンを使用

その質感は本革に非常によく似ていて、柔らかく滑らかな手触りです。



気になる方はこちらからビヨンドレザー社のインスタグラムをご覧ください。

実際にその手触りは”見る”だけでも体験できるかもしれません。

 

その他のヴィーガンレザー5選

ヴィーガンレザーはアップルレザー以外にも数種類あります。

例えば下記のようなレザー がありますが、日本ではまだあまり馴染のない種類もあるかもしれません。

 

普段よく食べている果物や意外なものなど、世界のテクノロジーや生産者の想いには驚かされるばかりです。

今回は厳選した5種類をピックアップしたのでこの機会に是非、今年の秋用にチェックしてみてください。

 

マッシュルームレザー

 

この投稿をInstagramで見る

 

BOLT THREADS(@BOLTTHREADS)がシェアした投稿


きのこの菌糸を使ったMylo (マイロ)は、Bolt  Thread(ボルトスレッド)社というカリフォルニアで生まれたヴィーガンレザーです。

 

素材自体が天然で他の資源を必要としない、製造過程においても有害な化学物質を出さずにつくられています。

環境に配慮されている優れた素材で、テクノロジーときのこが融合してできた革の代替品です。

 

マイロはステラマッカートニーやグッチ、アディダスにも使用されており、こちらのハッピーキヌアヴィーガンメディアでも紹介しています。

 

グレープレザー

 

この投稿をInstagramで見る

 

VEGEA(@VEGEACOMPANY)がシェアした投稿


ぶどうの搾りかすで作られたVEGEA(ベジェア)は、VEG(ヴィーガン)とGEA(母なる地球)というコンセプトの元に名付けられたそうです。

完全に油性、もしくは植物由来のもので作られており、最も厳しい欧州規制(REACH)に準拠しているイタリア製。

 

イタリアのワイナリーと共同してワインの生産中に廃棄されたブドウの皮、茎、種子で構成されるブドウのマルクというワイン廃棄物の価値を高めるプロセスを開発しました。
出典:VEGEA

 

また、高級車のベントレーに見出され、2019年にベジェアを採用されています。

こちらベジェアのホームページからベントレーの高級感溢れる美しい内装が見られるので、是非ご覧ください。

ぶどうの皮でできたシートの座り心地、一度は体験してみたいものです。

 

マンゴーレザー

FruitleatherRotterdam(フルーツレザーロッテルダム)社はオランダのデザイナーが立ち上げ、破棄されているマンゴーをアップサイクルしてつくられたヴィーガンレザーです。

 

若きデザイナーのKoen MeerkerkとHugo de Boonは同世代で、フルーツを使ったレザーの製造をはじめた当初は色々な種類のフルーツをためしたそうです。

そしてレザーにはマンゴーがよくマッチすることがわかり、現在はマンゴーのみを使用しています。

 

製造するにあたっていくつかの添加剤を使用していますが、これらの添加物は天然資源からつくられているので、環境に影響を及ぼす化学物質は使用していません

 

また、裏打ちの素材はGOTS認定のオーガニックコットンで作られています。

裏側にも配慮がされていて、ヴィーガンの方には嬉しい仕様ではないでしょうか。

 

パイナップルレザー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Piñatex® by Ananas Anam(@pinatex)がシェアした投稿

パイナップルの葉を原材料としたPiñatex(パイナテックス)は、Ananas Anam(アナナス アナム)社が動物性食品や有毒化学物質を含まずに作っているヴィーガンレザーです。

 

大量の皮革生産と化学的ななめしの環境への影響にショックを受けた同社のカルメン博士が、持続可能な代替案の研究をはじめたことで生まれました。

 

フィリピンをはじめ、他のパイナップル栽培国と協力して破棄される葉を原材料とし、他の環境資源を必要としません。

パイナテックスはH&Mやヒルトンホテルなど様々な企業に提供しており、これから益々増えていくヴィーガンレザーだと思います。

 

ハッピーキヌアヴィーガンメディアでもパイナテックスをご紹介しているので、こちらもご覧ください。

 

サボテンレザー

 

この投稿をInstagramで見る

 

RE:NNE(@RENNE_TOKYO)がシェアした投稿


日本企業のHAYAMI(ハヤミ)サボテン由来のブランド、Re:nne(リ:ンネ)を立ち上げて使用しているヴィーガンレザーです。

 

ハヤミは「草ストロー」を全国各地のおしゃれな飲食店や、ヴィーガン系のカフェなどに提供しています。

ベトナムで無農薬・無添加で製造された草ストローは、フォトジェニックなインスタグラムでもご覧になれます。

ハヤミのインスタグラムはこちら

 

サボテンレザーは最大55%が生分解性素材で作られており、化学物質を使用していません

 

また、サボテンと言ったら少量の水で育つ植物です。

その特徴を生かし、レザー加工の際にも最小限の水の量で抑えることができるので環境に優しく製造されています。

引用:Re:nne

 

アップルレザー製品について

 

この投稿をInstagramで見る

 

WOMSH(@WOMSH.SNEAKERS)がシェアした投稿

アップルレザーが環境に良いとされる理由は伝わりましたでしょうか。

実際にそんなサステナブルなレザーを使用した革の代替え製品、気になる方も多いと思います。

 

そこで、ハピキヌストアでは800以上ものヴィーガン商品を取り扱ってるので、その中からアップルレザーを使用したブランドをご紹介させてください。

 

リープ製品ではないですが、「Womsh(ウォムシュ)」もりんごを50%使用したサステナブルなレザーを使って、素敵な靴を作っています。

ハッピーキヌアヴィーガンメディアでも以前ご紹介しているので、こちらもご覧ください。

 

今回は一番人気商品と、限定予約中商品の2つをピックアップしました。

 

Womshヴィーガンシューズ
VEGAN SNIK WHITE CAMEL
レディース

通年問わず使えるカラーが人気のホワイトキャメル。

ソールの書かれた文字は「CHOOSE THE CHANGE」で、「変化を選択してください」と言う意味です。

 

ウォムシュは、「Word Of Mouth Shoes」(物申す靴)の頭文字を取って名付けられているブランドです。

環境や労働している方への配慮などをメッセージに込めたということですが、私たち消費者にも投げかけられたメッセージにも感じられます。

 

アップルレザーを外側だけでなく内側にも贅沢に使用し、リサイクル可能なラバーソウルはまさにサステナブルなスニーカーと言えます。

 

レビューでもある通り、ウォムシュを待ち望んでいる方は多いです。

ご購入はハッピーキヌアストアのこちらから

 

Womshヴィーガンシューズ
VEGAN CONCEPT BLACK WHITE
レディース

レザーと言ったらやはり「黒」ではないでしょうか。

マットでありながら落ち着いた光沢もややあり、上質な本革を思わせるブラックホワイトは限定予約品です。

これからの季節にぴったりな黒レザー。

 

ファッションの定番であるカジュアルスタイルは、今年の流行りでいうと”くすみカラー”や”太めのジーンズ”だったりします。

 

一歩間違えばお家ファッションになりかねないこのスタイル、コーデに悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時、野暮ったすぎずにキレイめ感も出せるのがこのブラックホワイト。

流行りのスーツスタイルにも、こんなスタイリッシュなスニーカーなら相性抜群です。

 

この他にもハッピーキヌアヴィーガンストアではウォムシュ商品を29種類取り揃えており、スニーカー以外にブーツもあります。

是非、こちらのハッピーキヌアヴィーガンストアも覗いてみてください。

 

まとめ

ヴィーガンレザーを通して、ファッションを秋仕様にチェンジする参考になりましたか。

 

現在、ファッション業界は革の代替え品として、サステナブルな素材を使用しているブランドが多く存在しています。

中でもアップルレザーは本革に引けを取らない見た目と質感に、今後も期待が高まるヴィーガン素材です。

 

今はクローゼットの中にアップルレザーのような製品は無くても、近い将来ヴィーガンレザーのものしか持っていない時代が来るかも知れません。

そういった環境に優しい時代の波なら、乗ってみたいものです。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ