【ヴィーガン】話題の植物由来の代替シーフードを一挙紹介!

【ヴィーガン】話題の植物由来の代替シーフードを一挙紹介!

代替肉は知られていても、意外と知られていない代替魚。食生活を豊かにする代替シーフードを一挙ご紹介します!実は着々と開発されているのです。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月30日

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

サスティナブルなオーツミルクの通販サイト|Earth MILK
【ヴィーガン】話題の植物由来の代替シーフードを一挙紹介!
肉・卵・乳製品の代替食品は、かなり目にするようになってきました。

技術の発達により、代替食品がヴィーガン生活の満足度を高めてくれることもあります。

 

そんな中、ペスクタリアンからヴィーガンに移行したいという方にとって朗報です!

最近では、シーフードの代替食品が商品として登場し始めてきました。

代替肉は流通しているけれど、魚の代替品はどんなものがあるのかわからないという方のために、最新情報を交えてお伝えします!

 

植物由来の代替シーフードとは

植物由来の代替シーフードとして考えられているプラントベースの魚。

プラントベースとは、100%植物由来の食材のことです。

野菜や豆類などを使用し、見た目も味も改良を重ねて必要とする方のもとへ届けられています。

大豆でできた代替肉と共に、植物由来の代替シーフードで食生活を充実させてみませんか?

 

代替肉についての詳しい記事はこちらから

【ヴィーガン対応】話題の植物性代替肉、4選徹底比較(ビヨンドミート、ネクストミーツ)

 

では、具体的な代替シーフードについて見ていきましょう!

 

話題の植物由来の代替シーフード

1. アヒミ(オーシャン・ハッガー・フーズ)

アヒミとは、マグロそっくりの植物由来の代替シーフードです。

米国ベースのオーシャン・ハッガー・フーズ天然の植物ベースのマグロ代替品を開発。

環境持続性を考え、まるでマグロのような見た目の食品を、独自の加工技術により生産しました。

原料はトマト、水、砂糖、胡麻油、醤油。ちなみに醤油はグルテンフリーのものが使用されています。

 

2. ウナミ(オーシャン・ハッガー・フード)

アヒミの他に、ウナギもどきのウナミもあります。

滋養強壮のためにウナギが食べたいと思っても、ヴィーガンであれば避けますよね。

ウナミは、茄子、醤油、みりん、砂糖、米油、藻類油、こんにゃく粉からできています。

もちろん、醤油はグルテンフリー。

現在は、人参を使って鮭の代替シーフードも開発中なので、食の幅がさらに広がりますね!

アメリカの高級スーパーマーケットのホールフーズでは、代替シーフードをお寿司にも使いはじめたそうですよ。

 

3. 代替ツナ(グッド・キャッチ・フード)

ニューヨークに拠点を置くスタートアップ企業、グッド・キャッチ・フードは、植物性の素材からできた「環境に優しいシーフード」を作っている会社です。

マグロやカツオなどの動物性食品は使わずに、エンドウ豆やひよこ豆などの豆類を豊富に使用し、植物性原料でツナを作っているそうです。

見た目や味は、まるでツナを食べているかのように思えるほど!味も3種類から選べます。

また、豆類がたくさん使用されているので、たんぱく質もしっかり摂れますよ。

しかも、藻類オイルを加えることでオメガ3脂肪酸も同時に摂取できます。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook