テスラがヴィーガン仕様の車をリリース!テスラがエシカルな理由も紹介

テスラがヴィーガン仕様の車をリリース!100%動物性レザーフリーとなった話題の「モデル3」の詳細や、テスラがエシカルな理由について徹底解説します。

電気自動車、世界最大手のテスラは、ヴィーガン仕様の車をリリースしました。

 

2019年9月、テスラの最高経営責任者である イーロン・マスク氏が、同社の電気自動車「モデル3」から、革素材を完全に排除したことを発表しました。

近年、ヴィーガンという生き方を選ぶ人達が世界中で増えており、テスラのような大企業が無視できないほど、大きな存在になっている事を感じさせるニュースでした。

今回は、そのテスラのヴィーガン仕様の車についてはもちろん、テスラがエシカルな理由もご紹介します。

 

テスラとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla (@teslamotors) on

テスラは、電気自動車業界で世界最大手、米国・カリフォルニア発のグローバルカンパニーです。

電気自動車を開発・販売し、エコフレンドリーな企業として知られています。

自動運転技術などの先進技術でも注目されていたり、電気で駆動しているとは思えないほどの加速力を持っていたりするなど、新しい価値を提供し続けている会社です。

 

古い企業ではないため、まだ日本では珍しい存在ではありますが、カリフォルニア州をはじめ、世界では徐々に受け入れられ始めています。

エシカル消費を実践したい層からだけではなく、その圧倒的な加速力や、先進的な技術・デザインなどに惹かれて購入するユーザーも多く、今後ますます注目されること間違いなしの自動車メーカーです。

 

テスラのヴィーガン仕様の車「モデル3」、開発への秘話

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla (@teslamotors) on

そもそも、テスラは、どうしてヴィーガン仕様の車を開発することになったのでしょうか?

 

その理由として、以下の記事が参考になると思います。

「完全に「ヴィーガン仕様」のモデルを提供するというアイデアは、2015年から動物活動家によって推進されていました。

動物愛護団体(動物の倫理的扱いを求める人々の会)(PETA:People for the Ethical Treatment of Animals )の代表は、モデル3と次のモデルYから2020年までに完全に革を排除するとの約束をマスク氏から取り付けていました。」

(出典:forbes「The Tesla Model 3 Has Gone Completely ‘Vegan’」

 

ただし、より大きなモデルS、モデルY、またロードスターがこれに続くかは定かではないようです。

テスラは3年前に、モデル3やモデルX、モデルSで合成素材を使った「プレミアム」な内張りを開発していますが、ハンドルに関しては、耐久性が革を超える素材を見つけることが難題だったようです。

しかし、2019年夏より、モデル3のハンドルにヴィーガンレザーの採用を開始し、シートも含め100%動物性レザーフリーとなりました

 

上記の動物愛護団体、PETAの公式サイトでは、以下のような見解が述べられています。

「PETAは、何年もの間、動物の皮を排除するようテスラに圧力をかけてきました。

環境に配慮した消費者は、皮革用の牛を飼育するには、大量の飼料や土地・水・化石燃料が必要であり、牛は最も強力な温室効果ガスの1つである、大量のメタンを大気中に放出することを知っています。

可能な限り環境に優しいヴィーガン素材を選択することで、消費者は企業に動物や環境への思いやりのない慣行への支持を拒否していることを示すことができます。」

(出典:peta「PETA has pressured Tesla for years to ditch animal skins. 」

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by PETA (@peta) on

このように、動物愛護団体が、大企業であるテスラへの働きかけを成功させたことは喜ばしく、人々の意識を大きく変えることへ繋がるのではないでしょうか。

 

ヴィーガンレザーに関する詳しい記事も参考にしてください。

【動物性素材不使用】ヴィーガンレザーとは|植物性レザー8種紹介

 

テスラのヴィーガン仕様の車「モデル3」の安全性や特徴、価格は?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @teslamodel3 on

テスラの「モデル3」は、ハンドル、そして、シートも含め100%レザーフリーのヴィーガン仕様であることはお分かり頂けたと思います。

そこで気になる、テスラ「モデル3」の安全性や特徴、価格についてもご紹介します。

 

テスラのモデル3の安全性

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Model 3 (@tesla_model_3) on

まず、重要となる安全性は、以下の通りです。

「安全性はModel 3のデザイン全体で最も重要な部分です。金属構造は、すべての部分が最大強度となるようアルミニウムとスチールが組み合わされています。

ルーフのクラッシュテストにおいて、Model 3はオールガラスルーフであっても車両の4倍もの重量にも耐えました。これは大人のアフリカゾウ2頭に匹敵する重さです。」

(引用元:tesla「Model 3」

安全性に関しては、十分な配慮が施されているようです。

 

テスラ「モデル3」の特徴

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Model 3 (@tesla_model_3) on

いくつかの特徴を以下にご紹介します。

  • エンジンが未搭載の特徴を生かした造形であり、ノーズが低く、ガラス面積が大きい。
  • キーは薄いカード型で、センターピラーのセンサーにかざすとロックが解除される。
  • インパネは、中央に巨大なディスプレイがあるだけであり、スイッチはステアリングのスポーク上に集められ、エアコンのルーバーは段差に埋め込まれている。
  • シートの座り心地はソフトで、後席はボディサイズ相応のスペースが確保されているが、床下にバッテリーを積む関係でフロアは高め。
  • アクセルペダルを大きく踏み込んだ際の加速は強烈で、レスポンスの良さに圧倒される。

(出典:car-and-driver「新車情報」

車としての性能の高さはもちろん、内部のデザインにまで拘りを感じる魅力ある車であることは、間違いないようです。

 

テスラ「モデル3」の価格

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Model 3 (@tesla_model_3) on

テスラ「モデル3」は、以下の3グレード構成となっています。

  • スタンダードレンジプラス・・・511万円
  • ロングレンジAWD・・・655万2000円
  • パフォーマンス・・・713万3000円

(出典:car-and-driver「新車情報」

※価格に関しましては、購入を予定される販売所にて事前に確認してください。

 

購入価格は決して安くはないですが、「普及価格モデル」という謳い文句通り、確かに手が届かない価格ともいえないかもしれません。

現在、いくつかの自動車会社が、革を使わないヴィーガン仕様のオプションを採用し始めているようです。

一例を挙げると、ボルボの電気自動車ブランドであるポールスターは、ヴィーガンのインテリアの新しいモデルを発表しました。

このように、ヴィーガン仕様の車の選択肢が増えることで、より手軽に購入できる車も増えると、期待したいものです。

 

テスラがエシカルな理由とは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Jeet🔵 (@kumarjeetofficial) on

テスラと言えば、エシカルなイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。

まず、エシカルについて、簡単にご説明します。

この「エシカル」 を直訳すると「倫理的な」という意味です。

一般的に、「倫理的な」こととは、法的な縛りはなくても、多くの人達が正しいと思っていることで、私達人間が本来持つ良心から発生した社会的規範となります。

近年良く耳にするようになった「エシカル」とは、上記の一般的な意味合いを根底に置き、地球環境や人、社会などに配慮した考え方のことを言います。

詳しくは、エシカルに関する記事も参考にしてください。

エシカルとは?エシカル消費を実践するポイント5選

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Model 3 (@tesla_model_3) on

それでは、何故テスラがエシカルなのか、その理由の一例をご紹介します。

その理由を知るには、テスラという企業について知っておく必要もあるため、まず簡単にご紹介します。

 

テスラの企業情報として、以下のような紹介があります。

「電気自動車は ガソリン車よりも優れていて、速く、楽しく、運転に妥協する必要がないことを証明したい — そう願った数名のエンジニアにより、2003年、Teslaは創業されました。

その後、Teslaは100%電気自動車だけでなく、限りなく拡張可能な、クリーンエネルギーを発蓄電する製品をも製造する会社となり、世界の化石燃料への依存に終止符を打ち、ゼロエミッション社会への移行を加速することで、より良い未来を実現したいと考えています。」

(引用元:tesla「企業情報」

Tesla=電気自動車会社のイメージがありますが、それだけに留まることなく、「クリーンエネルギーを発蓄電する製品をも製造する会社となることも目指している」ことが、お分かり頂けたと思います。

 

また、その目標の一環として、既に以下のようなことも行っています。

「完全に持続可能なエネルギー エコシステムの構築を目指し、Teslaでは一般住宅、商用施設、そして電力会社における再生可能エネルギーの生産、蓄電、消費を可能にする、PowerwallPowerpackそしてSolar Roofを開発してユニークなエネルギー ソリューションを提供します。

完全にギガファクトリー1は、Teslaの電気自動車とエネルギー製品群の核となるバッテリーセルのコストを大幅に削減する目的で建てられました。

セルを自社生産することで、Teslaでは製品の生産目標に必要な量のバッテリーを製造できるだけでなく、数千人規模の雇用を生み出します。」

(引用元:tesla「企業情報」

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Powerwall (@teslapowerwall) on

参考として、Powerwallなど、聞き慣れない用語の詳細は、以下の通りです。

  • Powerwall:太陽光発電による電力や系統電力を蓄電し、停電時にも家全体へ電気を供給できシステム。
  • Powerpack:効率と長寿命のためにデザインされた最先端のバッテリーシステム。
  • Solar Roof:太陽光を電力に変換するシステム。

Solar Roofにより日中に集められたエネルギーは、Powerwallホームバッテリーにいつでも利用できるように蓄えられ、ご自宅がまるで自分だけの電力会社のようになる。

  • ギガファクトリー1:テスラのミッションは、より低価格の電気自動車とエネルギー関連製品を通して、世界の持続可能エネルギーへのシフトを加速することです。
    年間500,000台の生産体制を築くためには、テスラだけで現在全世界で生産されているリチウムイオン電池のすべてを必要とします。
    その必要性に迫られて生まれたのがテスラ ギガファクトリーです。
    予測される電気自動車需要の増加に応じてバッテリーを供給することができます。(引用元:テスラ 「ギガファクトリー」

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Tesla Model 3 (@tesla_model_3) on

以上のように、

  • 持続可能なエネルギーエコシステムの提供
  • ヴィーガン仕様の車の販売

など、テスラは、地球環境や人、社会などに配慮した、エシカルな企業であることがお分かり頂けたと思います。

 

まとめ

画像:Model 3 | テスラ ジャパン

インターネットやSNSの普及により、消費者による意思が集約され、社会や企業、産業などに対し、かつてないほどの大きな影響力を持つようになってきています。

その中でも、エシカル消費の動きは、その根本に、社会や環境の改善を考えた純粋な意思があり、それが発信力や影響力を高めてきていると考えらえます。

これからの時代の企業活動を考えた時、こうした環境変化に伴うリスクとチャンスを正確に認識し事業を進めていかなくては、企業としての成長は厳しいことになるのではないでしょうか。

そういった意味で、今回ご紹介したテスラは、時代に即した成長を続けているように感じました。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。