クルエルティーフリーって何のこと?ヴィーガン必見の世界的な潮流を徹底解説

ヴィーガンはちゃんと知っておきたい「クルエルティーフリー」について解説。もしかしたらあなたの使っているボタニカル化粧品はヴィーガンではないかも!?

クルエルティーフリーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

近年、クルエルティーフリーという概念が欧米を中心に広まり、クルエルティーフリー商品が増えてきています。

  • クルエルティーフリーという言葉自体、聞いたことがない。
  • クルエルティーフリーに興味はあるけど、ヴィーガンとどう違うのか、イマイチ分からない。
  • クルエルティーフリーに取り組みたいけど、具体的にどう行動すればいいのか分からない。

そんな方は、この記事を参考にしてみてください。

 

クルエルティーフリーとは?

私たちが普段、当たり前のように使っている化粧品や日用品は、どのように安全性が確かめられるのでしょうか?

古くから、薬の効果や安全性を確かめるために、実験体となってしまっている動物がいるのは、皆さんもご存じかと思います。

” 動物で効果や安全性を確かめたあと、治験を募集して人間への有効性や副作用を確かめる ”、ざっくりですが、新薬や化粧品などの効果・安全性を試す流れは、このような感じなのです。

 

クルエルティーフリーcruelty‐free)とは、直訳すると「虐待性がない(虐待的な行為をしない)」という意味です。

「虐待性」と聞くと、多くの方がギクリとしてしまいそうな言葉ですが、ここで言う虐待性とは、動物実験のことを指します。

 

日用品や化粧品には当然ながら、化学物質が使われているため、安全性の確認と確保のために動物実験が行われています。

非常に心苦しいことですが、人間の安全性のために、多くの動物たちが実験体として使われているのが現状です。

薬の安全性を確かめる際にも、多くの場合、まずは動物実験から人間の治験へと進む、という手順を踏んでいるわけです。

化学や医療の発展のために、動物実験は幅広い分野で行われている一方で、必須ではない場合でも行われていることもしばしば。

 

クルエルティーフリーという言葉が表す内容は以下の通りです。

  • ・必須ではない動物実験に対して倫理的思考で疑問を投げかけ、改善していこうとする動き。
  • ・動物の尊厳や命を重んじ、倫理的思考から生まれた概念を指す。
  • ・日用品や化粧品の開発から消費者の手元に届くまでの過程で、一切の動物実験を行っていない製品のことを指す。
  • ・動物の権利運動におけるラベルのことを指す。

 

動物の権利運動とは、動物には、それぞれ本能にしたがって生きる権利があり、人間のために搾取や残虐性のある行いを受ける理由はないという考え方のことです。

 

ヴィーガンとの関係は?

クルエルティーフリーは、動物に虐待的な行為をしない。という考えですが、ヴィーガンの考えとはどう違うのでしょうか。

 

ヴィーガンは、様々な理由でなる方がいらっしゃいますが、主に動物由来の食品を摂らない、動物由来の製品を使わないことで、動物への配慮をしています。

例としては以下のようなことです。

また、ヴィーガンの定義についての詳細が気になる方は、こちらもご覧ください。

 

一方で、動物実験を行わないことを、クルエルティーフリーと言います。

クルエルティーフリーは動物実験という行為・行動をしないということです。

 

ヴィーガンは、動物由来の製品を使わないと述べましたが、製品に動物由来の成分が含まれていなかったとしても、製造や試験の過程などで動物が使われていれば、避けるようにします。

つまり、ヴィーガンの考え方の中には、クルエルティーフリーの考え方も含まれているのです。

前述のハチミツを避ける理由も、ハチミツを作るためだけに飼育されたミツバチが働いて集めたものを、勝手にいただいていることになるために、そこにクルエルティーがあるので避けるのです。

 

化粧品なども、動物由来の成分を用いてなかったとしても、動物実験を行っているためにヴィーガンではないケースがよくあります。

反対に、クルエルティフリーであったとしても、動物由来の成分を絶対に使っていない証拠にはならないため、この点も注意が必要です。

 

動物実験における3つのR

動物実験を行わないという考えは、欧米を中心に少しずつ世界に広まってきています。

中でも有名なのが「3つのR」という対策です。

 

  • 代替(Replacement)「できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること」
  • 削減(Reduction)「できるが限りその利用に供される動物の数を少なくすること」
  • 改善(Refinement)「できる限り動物に苦痛を与えないこと」

(引用元:実験動物教育研究センター

不要な動物実験を無くし、動物の権利運動の促進のために掲げられたのが、この「3つのR」なのです。

 

クルエルティーフリーマーク

Leaping Bunny Programme | Cruelty Free International

クルエルティーフリー認定された製品には、認定マークが付けられます。

クルエルティーフリーマークの多くは、動物実験に使われていたウサギがシンボルとされているものがほとんどです。

実験動物はウサギの他に、マウス、モルモット、ラットなどが挙げられます。

もし、お買い物中にウサギのマークを見つけたら、それはクルエルティーフリーの製品かもしれません。

 

現在、クルエルティーフリーに取り組んでいる企業は増えており、認定を受けている企業も1300以上あります。

そのため、クルエルティーフリーの商品を選ぶ際に、選択肢が狭まるのでは?という不安をお持ちの方は、ご安心ください。

思っている以上に、クルエルティーフリーマークの商品は出回っています。

 

海外でのクルエルティーフリーへの取り組み

クルエルティーフリーは、主に欧米で広がっている取り組みです。

特にヨーロッパは国内での動物実験を禁止しており、クルエルティーフリーへの認識や基準が厳しいため、製品への信頼性は抜群と言われています。

他にもアメリカやカナダ、イギリスでも動物実験の禁止が進んでいます。

 

日本でのクルエルティーフリーへの取り組み

日本ではクルエルティーフリーへの認知はまだ浅く、認定の基準や表記に関しての制度が確立していないと言われています。

日本で情報を集めようと思うと、海外のサイトを参考にしなくてはならなかったり、クルエルティーフリーの製品を探すのに苦労したりというのが現状です。

しかし、日本でもクルエルティーフリーの商品を扱う企業が増えてきていることもあり、認知は少しずつ広まってきています。

 

ただし欧米と比較した上で日本に視点を当ててみると、まだまだ認知が広がっていないのが現状です。

しかし同時に、今後のクルエルティーフリーへの認知の浸透と、クルエルティーフリーの商品開発や販売に取り組む企業が増えることに期待と注目が集まっているのも事実です。

 

まとめ

クルエルティーフリーとは、製品の開発から販売までの間に、一切の動物実験を行わないことを指します。

ヴィーガンとは切っても切れない関係のクルエルティーフリー。今後、日本でも広まっていくといいですよね。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。