大豆ミートだけじゃない!植物性代替肉「セイタン」とは?簡単レシピも紹介

植物性代替肉「セイタン」をご存知ですか?一体どんなものなのか、どうやって使えばよいのかなどを解説します。セイタンを使った簡単レシピもご紹介。

ここ数年、地球環境や健康、動物たちへの関心が広まり、ヴィーガン生活を取り入れる人が増えてきました。

今では、ヴィーガンへのニーズに応えようと、各メーカーでは、大豆ミートなどの植物性代替肉が多く発売されています。

大豆ミートは、スーパーでも見かけるようになってきましたが、大豆ミートのほかに、植物性代替肉には何があるのでしょうか。

 

植物性代替肉には、「セイタン」という食材もあります。

あまり聞き馴染みがない名前ですが、実は、日本とは深い関りがある食材なのです。

今回は、「セイタン」という植物性代替肉の食材と、「セイタン」を初めて使う人にも取り入れやすいレシピをご紹介します。

 

植物性代替肉「セイタン」とは

植物性代替肉「セイタン」とは、いわゆる「グルテンミート」のことです。

「セイタン」は聞かれたことがない人も多いかもしれませんが、「グルテンミート」といわれると分かりやすいですね。

小麦粉などに多く含まれるタンパク質、「グルテン」を使ってつくられた植物性代替肉です。

代替肉といえば、大豆ミートだけしか知らなかった!という方も、是非一度試してみてください。

 

セイタンのはじまり

「セイタン」は、もともと、1960年代に、マクロビオティックの創始者・桜沢如一氏(海外での愛称ジョージ・オーサワ)が広めたものです。

語源は諸説ありますが、「正しい」「タンパク質」を略して付けられたともいわれています。

当時は、日本ではあまり普及しませんでしたが、欧米では、カタカナの「セイタン」という名前で普及し、日本に逆輸入されたような背景があります。

 

マクロビオティックの商品を取り扱っている「オーサワジャパン」は、このジョージ・オーサワ氏の名前を受け継いでいます。

 

セイタンの作られ方

では、「セイタン」は、どのように作られているのでしょうか。

原材料の小麦粉、水、少量の塩を混ぜ合わせたものをこねて寝かし、水洗いをします。

そして、残ったグルテンの塊を適当な大きさにし、味付けをしたものが「セイタン」です。

味付けは、醤油やソースでされています。

 

 

セイタンの料理法

「セイタン」は、家庭でも作ることができますが、ねかせるのに少し時間がかかります。

市販されている「グルテン粉」を使うと、比較的簡単にできることから、最近では、「セイタン」を使った料理を始める人も多いようです。

また、市販の「セイタン」は、缶詰やパックに入っていて、「固形状タイプ」や「そぼろタイプ」などが発売されていています。

下味が付いているので、料理がしやすく、お肉と同じようにいろんなメニューに活用できますよ。

普通のお肉の比べ、カロリーや脂質が抑えられるので、海外でもダイエット食として人気のようです。

 

では、「セイタン」を初めて使う方でも取り入れやすいレシピをご紹介します。

 

初めてでも取り入れやすいセイタンレシピ

1. 動物性不使用のセイタンコロッケ

定番で人気のコロッケです。

「セイタンコロッケ」は、動物性不使用でも、普通のコロッケと同じように美味しくできますよ。

卵を使わず、水で溶いた小麦粉を使ってくださいね。

あとは、ひき肉を「セイタンそぼろ」に代えるだけなので、ぜひ作ってみてください。

 

【材料】

  • じゃがいも 大4個
  • 玉ねぎ 半分
  • セイタンそぼろ 50g
  • パン粉(衣用) 適量
  • 小麦粉(衣用) 適量
  • 塩こしょう 少々
  • 植物性の油(炒め用) 少々

【作り方】

  1. じゃがいもを茹でる(レンジで加熱してもOK)
  2. 玉ねぎをみじん切りにし、油で炒める。
  3. 茹でたじゃがいもをつぶし、セイタンそぼろと炒めた玉ねぎを入れ、塩こしょうを振り、混ぜ合わせる。
  4. 3を好みの形に丸め、水に溶いた小麦粉、パン粉の順番につけ、きつね色になるまで揚げる。

(出典:cookpad【純正食品マルシマ】

 

2. セイタンシチュー

セイタンを煮込むと、本当のお肉のような食感になります。

野菜の材料を代えて、いろんなシチューに挑戦してみてくださいね。

 

【材料】

  • セイタン 220g位
  • 玉ねぎ 1/2個
  • じゃがいも 中2個
  • 人参 1/2本
  • マッシュルーム(他のきのこでも良い) 10個位
  • オリーブオイル 大さじ2
  • にんにく 1かけ
  • 小麦粉 大さじ3
  • 赤ワイン 1/2カップ
  • トマトペースト 大さじ4
  • スープ(野菜ブイヨン) 3カップ
  • ローリエ 1枚
  • 塩こしょう 適宜

【作り方】

  1. セイタンは1時間くらい水につけて塩抜きをし、ひと口大に切る。
  2. にんにくはみじん切り、玉ねぎは薄切り、じゃがいも・にんじんはひと口大に切る。
  3. 大きめの鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくと玉ねぎを入れ炒め、さらに小麦粉を入れ、こげ色がつくまで炒める。
  4. 3.の鍋にスープとセイタンを入れ強火にし、沸騰したらあくを取る。
  5. 赤ワイン・トマトペースト・ローリエを入れ、再び沸騰したら弱火にして30~40分煮る。
  6. じゃがいも・にんじん・マッシュルームを入れ、さらに30分ほど煮て、塩こしょうで味を整えてできあがり。

(出典:cookpad【Little Black Cat】

 

3. オートミールとセイタンのハンバーグ

食物繊維が豊富なオートミールに、セイタンを使ったヘルシーハンバーグです。

ウスターソースにケチャップを混ぜたものをかけると美味しいですね。

 

【材料】

  • オートミール 1カップ
  • セイタン 150g(味付きのもの)
  • ごま油(または菜種油) 適量
  • 玉ねぎ 1/2個(みじん切りにする)
  • 塩 少々
  • 水 1カップ

【作り方】

  1. 鍋に少量の水を沸騰させ、みじん切りにした玉ねぎを加えて、しんなりするまで炒める。
  2. 1.に水1カップを加えて沸騰させ、オートミール、塩を加えよく混ぜ、ひと煮たちさせる。
  3. 鍋にふたをして、ごく弱火で5分くらい炊き、火を止めてコンロから下ろして、ふたをしたまま約2分蒸らす。
  4. 3.に、細かく刻んだセイタン加えてよく混ぜ、トレーなどに移して冷ましておく。
  5. 4.のハンバーグのタネを手でまるめ、油をひいたフライパンで両面を焼いてできあがり。

(出典:オートミールとセイタンのハンバーグ | 【ビオクラ】ヴィーガンレシピサイト

 

まとめ

今回は「セイタン」について、レシピとともにご紹介しました。

今まで、植物性代替肉というと、まず、「大豆ミート」を先に思い浮かべる人も多かったと思いますが、これからは、「セイタン」を使うことによって、またさらに、いろんな料理に活用できそうですね。

例えば、今回ご紹介したレシピのほかに、和風の煮物や唐揚げ、酢豚などもおすすめです。

 

ヴィーガンになると、今まで使ったことのない食材で料理をするのも、ヴィーガンの醍醐味です。

新しい食材「セイタン」で、料理のレパートリーを増やしてみてはいかがでしょうか。

 

今回ご紹介したセイタンはハピキヌのセレクトショップで購入できますよ!

ハッピーキヌア|ヴィーガンセレクトショップ

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

アバター
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事