エコな洗剤を見分けるTipsとは?おすすめの商品もご紹介

地球の未来のために、環境汚染の少ない「エコ洗剤」を選んでいくことが非常に大切です。「エコ洗剤」とは何かや、見分けるTipsを具体的な商品紹介を交えて解説していきます。

一般的な洗剤には性能を上げるために多くの化学物質が含まれていますが、化学物質を含んだ水が排水されることによる環境の汚染が心配されます。

地球の未来のために、環境汚染の少ない「エコ洗剤」を選んでいくことが非常に大切です。

この記事では、「エコ洗剤」とは何かや、見分けるTipsを解説していきます。

 

エコ洗剤とは?

エコ洗剤とは、地球環境に与える悪影響が少ない洗剤のことです。

エコ洗剤には正式な認証はなく、定義は曖昧ではありますが、基本的には化学物質や添加物を使用していない洗剤のことを指しています。

 

人や自然環境に有害な化学物質を含まないことにより、排水によって海に流れ出ても水界生態系への悪影響が最小限になることが利点です。

また、エコ洗剤は多くの場合自然由来の成分からできており、ナチュラルで刺激が少ないのもうれしいポイント。

 

エコ洗剤の洗浄力は十分

化学物質を使用しないエコ洗剤ですが、それによって洗浄力が落ちてしまうのではないかというのは気になるところですよね。

結論から申し上げますと、一般的な洗剤と変わらない洗浄力をエコ洗剤は持っています。

 

植物由来の成分とはいえ、合成洗剤と同じ界面活性剤なので、作用は同じです。

ただし、漂白剤や増白剤といった化学物質を使用していない分、殺菌能力や白さといった点は異なり、全く同じというわけではありません。

 

エコ洗剤を見分けるには?

エコ洗剤を見分けるには、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 生分解性の高い成分を選ぶ
  • 無添加

 

生分解性の高い成分を選ぶ

エコ洗剤には、「界面活性剤」と表記のあるものを選びましょう。界面活性剤とあるものは石油由来のものではなく、生分解性の高いものが多いためです。

 

洗剤には汚れを落とすために界面活性剤が含まれますが、植物由来の「界面活性剤」と、石油などを原材料にした「合成界面活性剤」では生分解性が異なります。

生分解性とは、自然界に流れ出たときにどれくらいの時間をかけて分解されるかによるもので、「合成界面活性剤」には有機物が多く含まれており、有機物は生分解性が低いために化学物質が残留しやすくなります。

その結果、排水によって流れ出た成分が水界生態系に悪影響を与えやすいのです。

一方で、エコ洗剤は無機物が多いため生分解性が高く、環境に流れ出てもすぐ分解されます。

 

無添加の表記がある

エコ洗剤を見分けるための2つ目のポイントは、「無添加」の表記があるかをチェックすることです

無添加の表記がある場合、基本的にはあらゆる化学物質を含んでいません。

具体的には以下のような化学物質を不使用です。

  • 蛍光増白剤
  • 漂白剤
  • 香料
  • 着色料
  • 抗菌剤

 

化学物質が不使用であることは、地球のみならず人にも優しいのも利点です。

化学物質が入ってないことにより、化学物質が原因となる肌荒れやアレルギーの可能性を下げることができます。

 

エコ洗剤を3点ご紹介!

最後に、具体的なエコ洗剤の例を見ていきましょう。

今回紹介するエコ洗剤は以下の通りです。

  • エコベール「ランドリーリキッド」
  • フロッシュ「洗濯洗剤」
  • サラヤ「ヤシノミ洗剤」

 

エコベール「ランドリーリキッド」

公式サイト

エコベールの「ランドリーリキッド」シリーズは、植物とミネラルを原材料としたエコ洗剤です。

ランドリーリキッドでは、すべての洗濯洗剤で化学物質や添加物を使用していません。

さらに、ボトルにはサトウキビを原料とした再生プラスチックを利用しており、製品全体がエコに設計されています。

 

1979年にベルギーで生まれたエコベールは、活動的に地球環境保護に取り組み1993年には「地球に貢献した500の団体」に選ばれています。

 

【成分】界面活性剤(11%、アルキルグリコシド、アルキル硫酸エステルナトリウム)、金属封鎖剤、アルカリ剤、水軟化剤、pH調整剤、泡調整剤

 

フロッシュ「洗濯洗剤」

衣料用洗剤濃縮タイプ アロエヴェラ

ドイツ生まれの「フロッシュ」は、オリーブ由来のエコ洗剤です。

フロッシュはドイツ語でカエルを意味しており、前面のカエルマークが印象的ですね。オリーブ油由来の洗浄成分は、微生物と二酸化炭素によりすぐさま分解され、成分の95%が自然に還ります。

 

フロッシュは、植物由来の素材で無添加なのに高い洗浄力を持ち、エコと実用性を兼ねた洗剤です。

ボトルは、再生可能な菜の花やオリーブ由来のプラスチックを使用しています。素材もヨーロッパ内の原料を利用することで、輸送によるCO2の発生を抑えています。

加えて、フロッシュは種類が多様で、選択肢が豊富なのも嬉しいポイントです。

 

【成分】界面活性剤(35% ポリオキシエチレンアルキルエーテル、純石けん分(脂肪酸カリウム、脂肪酸ナトリウム)、アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム)、可溶化剤、安定化剤、酵素

 

サラヤ「ヤシノミ洗剤」

ヤシノミ洗剤

「サラヤ」が製造するヤシノミ由来の「ヤシノミ洗剤シリーズ」は、日本生まれのエコ洗剤です。

1971年に初めて販売されて以降、約半世紀わたって愛され続けています。ヤシノミ洗剤は、香料や着色料、漂白剤といった添加物を使用しません。

透明なボトルとステンドグラスのように描かれたヤシの木が目印です。

 

【成分】界面活性剤(32%、ポリオキシエチレンアルキルエーテル、ポリオキシアルキレンアルキルアミン、純石けん分(脂肪酸カリウム))、安定化剤

 

重曹・クエン酸

重曹やクエン酸もナチュラルなエコな洗剤です。

すべて無機物ですので、有機物のような時間を生分解が必要がなく、環境への負荷はかなり小さくなります。

製造でも発酵や培養などのプロセスを経て生産されるため、CO2の排出も限定的です。

 

まとめ

エコ洗剤とは、地球環境に与える悪影響が少ない洗剤のことです。

エコ洗剤を購入する場合、「合成界面活性剤を使用していない」「無添加の表示がある」であることをチェックしましょう。

生分解性が低い合成界面活性剤を使用していないものを選ぶことで、排水による海洋の汚染を防ぐことが可能です。また無添加なものを選ぶことでお肌にも優しくなります。

企業や製品の種類によって原料としている植物や洗浄力、香りが異なるため、自分にあったエコ洗剤を選ぶために色々試してみるとよいでしょう。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ