SDGsを意識して移動しよう!引っ越し時のエシカルアクション5選

春からの新生活に備えたSDGsを考慮した引っ越しをしよう!誰でもできるエシカルな引っ越しのポイントを一挙ご紹介します。

引っ越しは皆さん一度や二度は経験あると思いますが、荷物が多いと本当に大変な作業ばかり!

新入学や新社会人の引っ越しで、何から何まで新しいものを揃える場合は別として、たいがいの方は今ある荷物を運んだり、廃棄したりと手間がかかってしまいます。

そうした引っ越しで、ぜひ考えたいのがSDGsを意識した方法です。今回は引っ越しの時のエシカルアクションについてご紹介します。

 

SDGs的な引っ越し時のエシカルアクション5選

1. 引っ越の準備中からゴミゼロを考える

ボックス, 段ボール, パッケージ, 配信, 梱包, コンテナー, トランスポート, 負荷, 海運, パック

引っ越しをする際、荷物をすべて運ぶ方は少ないですよね。この機会に必要のないものを整理したり、新しいものに買いかえる方が多いと思います。

引っ越し時のゴミの量は想像以上に多く、ただただ捨てるというのは環境に配慮したやり方ではありません。できるだけゴミが出ないようにするためには、どのようにしたら良いでしょうか。

  • 必要ない大型家具や家電はリサイクル業者に見てもらう。

不用な家具や家電を処分する場合、自治体の粗大ごみ回収や民間の不用品回収業者に依頼する方が多いようです。

査定はそれほど期待できませんが、リサイクルショップで一度査定依頼することをおすすめします。

  • 引っ越し前は食品や調味料などはなるべく使い切るようにする
  • 消耗品の備蓄はしないで減らしていく(洗剤やトイレットペーパーなど)
  • 着なくなった衣類などはリサイクルしてみる

 

画像:BRING

ファッション業界では、サステナビリティーを重視した取り組みが広がっています。衣類の回収を受け付けている企業やブランドが増えています。

  • ユニクロ(UNIQLO)
  • ジーユー(GU)
  • 無印良品
  • H&M
  • ザラ(ZARA)
  • ゴールドウィン(ザ ノースフェース・ヘリーハンセン
  • ワコール

自社ブランドのみや他社製品も扱うメーカーもあります。

また、洋服や本、CDなど不要品を寄付し、インドやガーナへ送るNPO法人もあります(NPO法人ACE)。着なくなった服を回収してリサイクルする会社もあります(BRING)。

その他、自治体で回収している区や市もあり、さまざまな企業がサステナブルを考慮した取り組みをはじめています。

  • 入らない本やDVDを買い取り店へ持って行きましょう。

 

2. 環境に配慮したプラン・引っ越し業者を見つける

数年前から環境問題に取り組み始めた引っ越し業者が増えてきています。

荷物の梱包をする段ボールを、使い捨てでなく繰り返して使えるオリジナルな梱包アイテムを導入したり、引越便で不要品の買取サービスをしてる業者があります。

遠方に引っ越しの場合

このようにそれぞれの業者が取り組んでいますが、自分にあった業者で見積もりを出してもらうことが肝心です。

 

3. リユースをしよう

 

引っ越しは荷物の整理をするのに良い機会です。引っ越しの荷造りをするときのポイントは、普段いつも使うもの、シーズンしか使わないもの、あまり使っていないものに分類してみましょう。

あまり使わないもので処分するものは、リユースできるのであれば業者に依頼します。引っ越し業者でリユースしているサービスがあります。

リサイクルやリユースしたいけれど、近くに買い取り店などがなかったり、忙しくて行けない方にはとても便利です。

  • トレファク引越 引越と買取の両方があり、買取額を差し引いて引越し費用を算出
  • 西濃運輸 エコな引越+エコ・ループ 引っ越しとリユースがセットになったプラン
  • アップル引越センター 引越と一緒に行う買取・引取のサービス

買い取り金額はあまり期待をせず、ものによっては引き取れないものや、引き取りは有料になるケースもあるので、必ず事前に見積もりをとることが大切です。

 

4. 引っ越しが終わった際のエコな行動

発送箱, リサイクル, パッケージ, 段ボール

 

エシカルに考慮しながら引っ越しを行っていても、引っ越し後は必ず段ボールはたくさんゴミとなってしまいます。引っ越し業者が処分してくれる場合はよいですが、できるだけエコな片付けをしたいですよね。

無料でダンボールを処分できるエコボックスやリサイクルボックスを利用すると良いでしょう。地域のリサイクル推進と資源ごみを回収する場所が、スーパーなどの敷地に設けてあります。

マルエツ・イオン・マックスバリュ・ザ ビッグエクストラのリサイクル対象店舗イトーヨーカドーベイシアなども一部の店舗で段ボールを回収しています。

愛知をはじめ中部地方を種としたエコファミリーや、eco広場、など地域によって異なりますがリサイクルできる取り組みです。

 

5. 新居でも、エコな暮らし方を考えてみる

新しく入居する家は、家具や家電、カーテンや照明器具など今まで使っていたものを使用する場合はよいですが、新しくする場合はエコを配慮した製品に切り替えてみましょう。

例えば、照明はエコなLEDにしてみたり、コンセントをエコなものにしたりなど、簡単に出来ることがあります。

その他、空気や喚起の流れを考慮した家具の配置、省エネにつながるエコなカーテン等おすすめです。

電気のアンペア確認もチェックし、契約アンペアの容量が高いケースは、低いアンペアに変えられるか検討してみましょう。

 

まとめ

引っ越しでの最大のエシカルアクションはごみが出ることを防いだり、減らしたり、リサイクル・リユースをして、ごみの発生する量を大きく減らすことです。

そしてこれを期に物を増やさず、必要な物はできるだけサスティナブル商品に切り替えてみてはいかがですか?

自分で選び自分で使うものは、リサイクルやリユース可能なもので作る責任、使う責任を考えた暮らしをしていきたいですね。

 

2.3万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。