【SDGs徹底解説】エシカルとサステナブルの違いとは?用語の解説、さらに使い分けも解説

最近よく聞く「エシカル」と「サステナブル」という言葉について解説します。エシカルは、エシカル消費に代表されるように、今の社会にとって良い取り組みを表します。一方サステナブルは、将来世代にとって良い状態を保つものを表します。今と将来という視点の違いはありますが、現代では将来世代を考えることも大切な視点だと考えられています。

SDGs(持続可能な開発目標)の注目とともに、「エシカル」や「サステナブル」という言葉もよく聞かれるようになりました。

前者は「エシカル消費」といった言葉が、後者は「サステナブルな生活」といった言葉が広く使われています。

この「エシカル」と「サステナブル」という言葉を、なんとなく使っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「エシカル」と「サステナブル」の違いについて解説していきます。

 

エシカルとは?

エシカルはethical(倫理的な)という英単語から来ています。

日本エシカル協会では、エシカルについて、以下のように定義しています。

 

「法的な縛りはないけれども、多くの人たちが正しいと思うことで、人間が本来持つ良心から発生した社会的な規範」

参照元:エシカルとは – 一般社団法人エシカル協会

 

定義の内容は少し難しいですが、簡単に言ってしまえば「社会にとって良いこと」を表します。

こう考えると倫理は道徳とも似ていて、たとえば「困っている人がいたら助けましょう」というようなことも倫理的と言えます。

また、倫理というのは、その時代の社会が置かれている状態に左右されるので、「今」の時代にとって良いものとも言えます。

 

これを踏まえ、冒頭に挙げた「エシカル消費」を例に、エシカルという言葉について詳しくみていきましょう。

エシカル消費は端的に言えば「今の社会にとって良い」消費ということになります。

 

今の社会で良いと考えられる消費は、たとえば以下のようなものが挙げられます。

  • 環境に配慮した商品を購入すること。
  • 違法労働によって作られた商品を買わないこと。
  • 地元で作られた商品を買うこと。

グローバル化が進んだ現代の商品やサービスは、様々な国との関係の中で作られているため、社会や環境に対する負担が目に見えづらくなっています。

 

エシカル消費は、これらの負担を可視化し、積極的に「社会に良い」商品を選ぶことと言えるでしょう。

参照元:環境省_平成30年版 環境・循環型社会・生物多様性白書 状況第1部第3章第2節 持続可能な消費行動への転換

 

サステナブルとは?

サステナブルは、sustainable(持続可能な)という英単語から来ています。

持続可能なという言葉は、SDGs(持続可能な開発目標)にも使われている言葉で、以下のように定義されています。

 

「将来の世代の欲求を満たしつつ、現在の世代の欲求も満足させる」

参照元:持続可能な開発(Sustainable Development)|外務省

 

つまり、将来の世代に不利益がないようにすることが「サステナブル」ということです。

 

サステナブルを考える際に一番わかりやすい例は、動植物の乱獲が挙げられるでしょう。

たとえばかつて日本で、どこにでもいた鳥であるトキは、装飾用や食用として乱獲されたことで絶滅してしまいました。

 

過去の乱獲によって、今の時代にトキを見ることができなくなってしまったことは、サステナブルではないといえます。

 

また、サステナブルについて、もっと大きなスケールで進行していることが、地球温暖化に代表される気候変動問題です。

気候変動に対処しないままでいると、海氷が溶けて海面上昇が起こり、2100年までに数億人が住む場所を失うという研究者の発表もあります。

 

今の私たちの生活を、将来世代につなげていくこと、それが「サステナブル」なことというわけです。

参照元:海面上昇、従来予測の2倍に 氷解が加速=英研究 – BBCニュース

 

エシカルとサステナブルの違い

エシカルは「今の社会にとって良い」とされる取り組みに対して使います。

一方、サステナブルは「将来世代に良い影響が繋く」取り組みに対して使います。

つまり、エシカルは「今」の社会を、サステナブルは「将来」の社会を中心に考えているという違いがあります。

 

とはいえ現実的には、エシカルとサステナブルが非常に似た使われ方をしていることもあります。

たとえば「エシカルファッション」と「サステナブルファッション」はほとんど同じ意味で使われている典型例です。

エシカルファッションもサステナブルファッションも、フェアトレードやオーガニック素材の使用などを推奨する点で同じです。

同じになる理由は、エシカルであることが、サステナブルでもあるからです。

 

不当な労働を強いられる人が、フェアトレードによって減れば、その地域の将来世代にとって恩恵があります。

また、環境負荷の低いオーガニック素材を使えば、地球環境を守ることに繋がり、将来世代にメリットがあります。

このように、「今」を大切にすることで「将来」も守られるため、エシカルファッションとサステナブルファッションはほぼ同じ意味で使われるわけです。

 

エシカルファッションについて、もっと詳しく知りたい人は以下の記事も参考にしてみてください。

エシカルファッションとは?皆に知って欲しいファッションの裏側

 

まとめ

今回は、最近よく使われるようになった「エシカル」と「サステナブル」という言葉について解説しました。

エシカルは、エシカル消費に代表されるように、「今の社会にとって良い取り組み」を表します。

一方、サステナブルは、「将来世代にとって良い影響を残すもの」を表します。

 

「今」と「将来」という視点の違いはありますが、現代の倫理観では、将来世代を考えることも大切な視点だと考えられています。

これが、エシカルとサステナブルが似たような使われ方をする理由といえるでしょう。

これからますます注目されていくエシカルとサステナブルについて、少しでもお役に立てば幸いです。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ