【SDGs】サステナブルな取り組みに力を入れるヨーロッパの企業まとめ

【SDGs】サステナブルな取り組みに力を入れるヨーロッパの企業まとめ

環境問題、貧困問題、格差社会などの世界問題を解決することを目標としたSDGs。サステナブルに取り組んでいるヨーロッパ企業をご紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2022年05月16日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

【SDGs】サステナブルな取り組みに力を入れるヨーロッパの企業まとめ
UN(国際連合)が、2015年に17の分野からなるSDGs/Sustainable Development Goals持続可能な開発目標)を設定する以前から、ヨーロッパ各国では貧困や格差問題、そして気候変動は懸念されていました。

 

企業のみならず、ヨーロッパに住む人々も個人としてできることは何かを常に考え、より良い世界を作るために取り組んでいます。

サステナブルな暮らしが当たり前となっているヨーロッパ、持続可能なエネルギー開発、発展途上国への投資や、温室効果ガス削減を含む、気候変動への対応などを積極的に行なっている、ヨーロッパッ企業を紹介します。

 

Adidas

 

View this post on Instagram

 

A post shared by adidas (@adidas)

ドイツ発祥人気スポーツウェアブランドAdidas(アディダス)は、サステナブルに最も力を入れているファッションブランド。

特に、気候変動や生物多様性、廃棄物や汚染などに対応するべく循環経済(サーキュラーエコノミー)に力を入れています。

 

循環経済とは、新たな資源を使わずに、すでに使用している資源をできるだけ長く再利用しながら、資源を無駄にせずに新しい価値を見出すこと。

同社は海と海洋資源を守る活動をしている団体Parley Ocean Plastic(パーレー・オーシャン・プラスティック)と提携して、海洋汚染と深く関わりのあるプラスティック問題を無くすべき力を注いでいます。

 

再生プラスチックにより作られた素材を使った靴を開発し、2024年までに、アディダスではすべての製品に、リサイクルポリエステルを100%使用へ向け取り組んでいます。

 

アディダスのヴィーガン製品も是非チェックしてみてください。

アディダス スーパースター ヴィーガン (Amazon)

アディダス スタンスミス ヴィーガン (Amazon)

 

Moncler

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Moncler (@moncler)

1952年にイタリアで生まれた高級アウトドアブランドMoncler(モンクレール)。モンクレールは、そのイタリアらしい斬新なデザインにより作られたダウンジャケットが人気です。

同社はファッションへの持続可能なアプローチにより、2021年にDow Jones Sustainability Index(ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス)に取り上げられました。

 

モンクレールは、徹底された品質管理をしている機関、ダウン・インテグリティ・システム&トレーサビリティ(DIST)を採用し、特定のダウンのリサイクルを開始。このプロセスにより、従来のリサイクル方法よりも70%少ない水を使用することができます。

同じく、モンクレールが作る商品のすべては、環境への影響が少ない素材を使い政策されています。
モンクレールの製品も是非チェックしてみてください。

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook