保護猫とふれあえる、都内近郊の保護猫カフェ7選

保護猫とふれあえる、都内近郊の保護猫カフェ7選

飼い主のいない保護猫たちが生涯幸せに暮らせるよう、新しい飼い主とのめぐり合いの場でもある「保護猫カフェ」。都内近郊の保護猫カフェ7選を、みなさんにご紹介させていただきます。

ハッピーキヌア編集部
2022年11月11日
 

ご自宅で手軽に作れる安心安全のオーツミルク。今なら以下リンクから、初回お試しセットが70%オフの2,360円でお楽しみいただけます。いますぐチェック!

保護猫とふれあえる、都内近郊の保護猫カフェ7選
猫たちに新しい飼い主を見つけ、生涯幸せに暮らせるお手伝いをしてくれる譲渡型のカフェを「保護猫カフェ」といいます。

保護猫カフェには、さまざまな事情により飼い主を失った猫たちが暮らしています。

 

今回は都内近郊にある7店の保護猫カフェを、皆さんにご紹介いたします。

 

猫カフェと保護猫カフェの違いとは?

街中で見かけることの多い「猫カフェ」と「保護猫カフェ」には、一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

「猫カフェ」は店内に放し飼いにされている猫を眺めたり、ふれあうことを目的としたカフェです。

猫カフェにいる猫たちはカフェで飼われていることも多く、飼い主さんがいます。

 

また、駅から近い繁華街にあることも多く、カフェでの飲食料金に加え、入場料の支払いが必要になります。

 

「保護猫カフェ」でも猫たちとふれあうことができますが、店内にいる猫たちには、何らかの事情で飼い主がいません。

飼い主のいない保護猫たちと、新しい里親さんの出会いの場所も兼ねているのが「保護猫カフェ」なのです。

 

猫カフェと同様、入場料が必要ですが、多くは保護猫たちの飼育のためにつかわれています。

また、相性の良い猫が見つかった場合には、里親として引き取ることもできます。(※諸条件あり)

 

1. 保護猫喫茶 要にゃんこ亭 【池袋】


「保護猫喫茶 要にゃんこ亭」は、有楽町線の要町駅から徒歩3分の場所にあります。

 

アットホームな店内では、保護猫たちがのんびりと暮らしています。

カフェでは「人間と猫がふれあうことで、信頼関係を築くことができるように」というオーナーの計らいで、猫ちゃんたちとしっかりと遊ぶことができます。

 

リピーターの方には、割引料金が適用されるため、通い続けるうちに相性の良い猫ちゃんと巡り合えるかもしれません。

【店舗詳細】
店舗名:保護猫喫茶 要にゃんこ亭
住所:〒171‐0014 東京都豊島区池袋3‐12‐1 松井ビル2F
営業時間:12:00~21:00
定休日:不定休
料金:平日60分・1400円/休日60分・1500円(フリードリンク・駄菓子食べ放題付き)

HP:保護猫喫茶 要にゃんこ亭 (nyankotei.com)

 

2. 保護猫カフェ Catio 【代々木公園】

千代田線代々木公園駅の2番出口からすぐの場所にある「保護猫カフェCatio」では、さまざまな過去を持つ飼い主のいない保護猫が在籍し、新しい飼い主さんを待っています。

 

「猫といつまでも」をモットーに、高齢の方や一人暮らしの方にも譲渡されているようです。(動物取扱業の譲受飼養登録あり)

 

居心地の良い店内で、10匹の猫ちゃんたちとのんびり触れ合いながら、癒しのひとときを。

※現在、最大利用人数4名までの、完全予約制になっています。

【店舗詳細】
店舗名:保護猫カフェCatio
住所:〒151-0063 東京都渋谷区富ケ谷1丁目8−5 3F
営業時間:水~日 14:00~19:00(最終入店18:00)
定休日:月・火曜
料金:60分・1000円(1ドリンク付き)

HP:保護猫カフェCatio

 

3. 保護猫カフェ 拝啓ねこ様 【高円寺】

里親募集型猫カフェ「拝啓ねこ様」は、高円寺駅北口から徒歩5分ほどにあるレンガ造りの建物の2階にあります。

アットホームな店内で、オーナー夫妻の愛情をたっぷり注がれた猫ちゃんたちと触れ合うことができます。

 

また、ウェディングフォトの貸し切り撮影や、イベント、オフ会などを店内で行うことも可能です。(※要予約)

 

ご予約の上、ご来店されることをおススメします。

※来店時には、マスク・靴下の着用が必要になります。

【店舗詳細】
店舗名:拝啓ねこ様
住所:〒166-0002 東京都杉並区高円寺北3-45-16
営業時間:平日14:00~20:00(最終入店19:00)/土日祝13:00~20:00(最終入店19:00)
定休日:木曜 ※臨時休業の際には、Twitterで告知します。
料金:60分・1500円(ドリンク付き)
注意事項:中学生以下のお子様(4歳以上)は土日のみ入店可能です。

HP:拝啓ねこ様|高円寺の保護猫カフェ (amebaownd.com)

 

4. 保護猫カフェ ⅭHA ⅭHA 【練馬】

練馬駅西口から徒歩1分の場所にある「保護猫カフェ ⅭHAⅭHA」は、2021年にオープンした、比較的新しい保護猫カフェです。

 

猫ちゃんとのふれあいスペースの横にあるカフェでは、パスタやトーストランチなどのお食事メニューを楽しむことができます。

 

お店は地下ですが、Wi-Fi環境もあります。

おしゃれな店内で、猫ちゃんとふれあいながら癒しのひとときを過ごせます。

【店舗詳細】
店舗名:保護猫カフェ CHACHA
住所:〒176-0001 東京都練馬区練馬1-5-7 サンライズビル地下
電話番号:070-9020-4525(予約電話)
営業時間:12:00~19:00
料金:1時間1650円/フリータイム3540円
定休日:不定休

HP:保護猫カフェCHACHA | (hogonekochacha.com)

 

5. 保護猫カフェ Meooow!(ミャーオ) 【五反田】

五反田にある「Meooow!(ミャーーーオ!)」は、保護猫が、相性の良い飼い主さんを見つけ、本当の家族になれるようなお手伝いをする譲渡型の保護猫カフェです。

 

小さいお子さんの入店を禁止している保護猫カフェもありますが、ミャーオでは、乳幼児でも入店することができます。

保護猫を迎える際には、お子さんと猫ちゃんの相性も大切ですので、猫をこよなく愛するオーナーに、いろいろと相談されてみてはいかがでしょうか。

【店舗詳細】
店舗名:保護猫カフェ Meooow!(ミャーーーオ!)
住所:〒142-0063 東京都品川区荏原1-12-6
電話番号:070-8322-5630(ハチミツにゴロミャーオ)
営業時間:13:00~20:00
料金:1時間1000円(1ドリンク付き)
定休日:水曜

HP:ごあいさつ|保護猫カフェ Meooow! (ミャーーーーオ!) (meooow-cat.com)

 

6. 保護猫カフェ きゃりこ 【埼玉県 ふじみ野市】

保護猫カフェ きゃりこ

東武東上線池袋駅から急行で25分、ふじみ野駅から徒歩5分ほどの場所にあるショッピングモール「トナリエ ふじみ野」内にあるのが「保護猫カフェ きゃりこ」です。

 

広いスペースの店内では、自由気ままに過ごす猫ちゃんたちを観察したり、ふれあうことができます。

相性のよさそうな猫ちゃんがいましたら、ぜひ里親に立候補してみてください。

 

なかなか猫が飼えないという方でも、一緒に遊ぶことで「猫助け」ができますし、予約も必要ないため、保護猫カフェデビューにもオススメのお店です。

【店舗詳細】
店舗名:保護猫カフェ きゃりこ
住所:〒356-0056 埼玉県ふじみ野市うれし野2-10-87
電話番号:049-265-4799
営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
料金:10分ごとに220円 ※高校生までは半額/フリードリンク¥330は任意
定休日:トナリエふじみ野に準じます

HP:保護猫カフェきゃりこ on Strikingly (mystrikingly.com)

 

7. NECOT COFFEE HOUSE 【葛西】

この投稿をInstagramで見る

 

Necot Coffee House(@necot0301)がシェアした投稿

住宅街にたたずむ小さな保護猫カフェ「NECOT COFFEE HOUSE」は、東西線葛西駅から徒歩10分ほどの場所にあります。

 

店内は、「猫の間エリア」と「サバイバーズエリア」、そして「カフェエリア」の3つに分けられています。

 

猫の間エリアとサバイバーズエリアは完全予約制になっているため、事前予約が必要です。

 

カフェエリア内では、本格的なコーヒーやスムージー、マフィンなどが販売されています。

また、NECOTオリジナルグッズの販売や、猫おばさん手作りの「猫神社」にて、1回50円のおみくじを引くこともできます。

【店舗詳細】
店舗名:NECOT COFFEE HOUSE
住所:〒134-0084 東京都江戸川区東葛西5-19-22
電話番号:03-3877-0082
営業時間:水曜~土曜13:00~20:00/日・祝日13:00~19:00
料金:平日90分2300円(1ドリンク付き)/休日90分2500円(1ドリンク付き)※完全予約制
定休日:月曜・火曜/第2・第4日曜

HP:保護猫カフェ NECOT COFFEE HOUSE

 

保護猫を迎える前に注意しておきたいこと

日本ペットフード協会の調査によりますと、猫全体における平均寿命は15.3歳です。

譲渡された保護猫は、責任を持って、終生飼育しなければなりません。

 

それぞれの性格にもよりますが、環境の変化は、猫にとって強いストレスになります。

保護猫たちが、安心・安全に暮らし、食事や排せつをすることができるようになるまで、長い目で見守ることが必要です。

 

とはいえ、猫と一緒に暮らすことで、癒されますし、楽しい毎日を送ることができるようになることでしょう。

 

まとめ

何らかの事情により、飼い主のいない保護猫たち。

そんな保護猫に、新しい飼い主が見つかるよう、猫と人間の絆をつなぐ役割を果たしているのが「保護猫カフェ」です。

 

猫が好きで一緒に暮らしたいと考えている方は、ペットショップに行く前に、いちど保護猫カフェに足を運んでみられてはいかがでしょうか。

 

なお、保護猫カフェに行かれる際には、靴下(ストッキング)やマスクの着用を、どうかお忘れなく。

 

ハッピーキヌアヴィーガンメディアの、以下の記事もぜひご参考になさってください。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook