ネスレが、イスラエルの培養肉開発に本格参入!食の最先端をお届け

ネスレの培養肉開発に参入というニュースの詳細と、培養肉について、そして今後の伸びしろについてご紹介していきます。培養肉、これから急速に広まっていきそうです。

食品業界の中でもトップの大きさを誇る、グローバル企業であるネスレが、培養肉開発に本腰を入れて取り組み始めたというニュースが入ってきました。

そんな大企業までもが注力する「培養肉」とはどのようなものなのでしょうか。

この記事では、ネスレの培養肉開発に参入というニュースの詳細と、培養肉について、そして今後の伸びしろについてご紹介していきます。

なんとなく聞いたことある程度の「培養肉」ですが、これから急速に広まっていきそうです。

 

食業界の巨大企業ネスレが培養肉開発に参入

食業界の巨大企業ネスレが培養肉開発に参入

世界で最も大きな食品会社であるネスレ社が、培養肉開発を進めるイスラエルのスタートアップ企業Future Meat社とパートナーシップを結んだと発表しました。

多くの企業がよりサステナブルな食品の提供に向けて舵取りをする中で、若干で遅れていると批判されていたネスレ社ですが、ここにきて「タンパク質の代替品」への取り組みを加速させることとなります。

 

今回のプレスリリースでネスレ社が公表した、培養肉への開発を進めるメリットは二つ。

  • 培養肉を混ぜ合わせることで、代替肉の味や食感をより良くしてくれる
  • 「細胞培養の分野」が発展することで、代替肉の値段も下がる

 

急速に広がる「従来の畜産」への見直しを受けて、代替肉の需要は爆発的に伸びています。

開発を進めることで、より美味しく、より満足度の高い代替肉を作り出し、さらに開発コストも下がることで商品価格も下がっていくことが期待されています。

 

培養肉の研究開発を進めるイスラエルのFuture Meat社とは

培養肉の研究開発を進めるイスラエルのFuture Meat社とは

今回ネスレ社がパートナー企業として選んだのはイスラエルのFuture Meat社でした。

この会社は、培養肉の研究開発に取り組んできており、世界初の大規模な生産ラインまで構えています

 

今までは小さな研究所単位での開発が進んでいましたが、この生産ラインが稼働することで、注力する「培養チキン」の大量生産が可能になります。

量を確保することで、商品コストを抑えることができ、より多くの人の手に届くような培養チキンを生産販売することを目標としています。

 

培養肉や代替肉などは、新しい業界ということもあり、安価な値段で出荷するというのが難しいという課題が依然として残っていますが、そこにフォーカスしようと取り組んでいるのがこのFuture Meat社です。

同社は2022年末までに、アメリカ市場で販売開始を目指しています。

 

現時点では100gあたり2ドルでの培養チキンが販売可能とのことですが、それでも本物のボーンレスチキンがアメリカでは100g1ドルで販売されているので、代替品の方が2倍の値段になってしまうというのが現状です。

より多くの人に届けるには、さらなる開発が必要と言われています。

Future Meat社の公式ホームページはこちら

 

そもそも培養肉ってどんなお肉なの?

そもそも培養肉ってどんなお肉なの?

このネスレ社とFuture Meat社のパートナーシップで話題になっている「培養肉」とはどのようなものなのでしょうか

研究室の中で行われる畜産とも言われ、まだイメージできないという方も多いのではないでしょうか。

培養肉とは、牛や鶏、魚などからごくわずかな細胞を採取し、それを研究所にて培養したもののことです

 

まだ開発途中ではあるものの、見た目や食感などを出来るだけ本物の肉に近づけようと多くの研究室が切磋琢磨している最中です。

従来の畜産と大きく異なるのが、環境負荷が限りなく少ないこと。

牛や鶏を育てる畜産は、多くの土地や水、牧草などを使い動物を育てるため、環境負荷が大きいと言われています。さらに動物の排出するメタンなどの温室効果ガスも見逃せません。

 

そんな中で、研究室の中で「育てる」ことの出来る培養肉は、限りなく環境負荷が少ないとされており、サステイナブルな取り組みとして注目を集めています

 

培養肉については、書籍「クリーンミート」が参考となるため、ご興味ある方はご一読を推奨いたします。

 

培養肉はヴィーガン対応なの?

培養肉はヴィーガン対応なの?

ヴィーガン・ベジタリアン食を楽しんでいる方は「培養肉」には注意が必要です。

なぜなら、培養肉は動物性の細胞から「育てて」作られたお肉だからです。

 

一言で「代替肉」とくくられてしまうことが多いのですが、「代替肉」の中には大きく分けて二つのジャンルが発生しています。

  • 培養ミート(動物の細胞から培養したもの)=動物性なのでヴィーガン・ベジタリアン対応ではない
  • 植物性ミート・ベジミート(大豆などをベースに作られたもの)=こちらは植物性なのでヴィーガン・ベジタリアン対応であることが多い

 

まだ新しいジャンルということもあり「培養肉」の方は特にいろいろな呼び名があり混乱してしまいがちです。

  • セルミート(Cell meat):セル=細胞という意味
  • ラボベースドミート(Lab based meat):研究室で作られる肉という意味

 

「代替肉」と書いてあるからと言って、必ずしもヴィーガン・ベジタリアン対応ではないこと、また「培養肉」の方は新しい呼び名がどんどん生まれている点を覚えておいていただければと思います。

 

加速する植物性ミートと培養ミート業界

加速する植物性ミートと培養ミート業界

ネスレ社が研究開発を進めるのは培養ミートですが、同じく植物性ミート業界も話題沸騰です。

世界中でヴィーガン・ベジタリアンがトレンドとなっていたり、人々の消費がよりエシカルな方に目を向けるようになっていることを受け、急速に「代替肉業界」は成長しています

 

今回のネスレ社のプレスリリースでは、このような想定値が紹介されています。

  • 培養ミート業界は、2027年までに2000万ドル規模に膨れ上がる
  • 2040年までに培養ミートが「お肉」の35%を占めるようになる
  • 2040年までに培養ミートと植物性ミートが世界の「お肉」の60%と過半数以上を占めるようになる

 

培養肉の研究開発を進めることで、20年後には世の中の「お肉」の半分以上が、従来の畜産ではない「新しいタイプの代替肉」に切り替わるだろうと予想されています。

市場の半分以上が「培養ミート」や「植物性ミート」に切り替わるというのは、少しアグレッシブな見通しかもしれませんが、最近のベジミートの急速な広がりを見ていると、あながち遠い未来でもないのかもしれません。

 

まとめ:培養肉業界は大手企業や国家も参加する一大プロジェクトに成長中

 

食品業界の最大手であるネスレ社までもが参入を決めた培養肉業界。培養肉について、一早く動き出したのはシンガポールでしたが、中東のイスラエルからも参戦するスタートアップ企業がたくさん出てきています。

シンガポールの大学で、”代替肉学コース”が誕生!ヴィーガンを学べる学科のある大学

 

このFuture Meat社はイスラエル国内に、自社レストランも構えて「より多くの人に培養チキンの味を知ってもらいたい」と認知度UPに力を入れています。

 

日本ではまだまだ聞きなれない「培養肉」は、今後急速に広まっていくと期待されています。まだ研究室の中のものというイメージが強く、正直半信半疑という方も多いかもしれません。

しかし、昨今ベジミートが急速に普及して、コンビニやスーパーで手軽に買えるようになったスピードを見ていると、培養肉の方も身近な存在になる日も近いかもしれません。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ