健康に良いと噂の「ローヴィーガン」とは?メリットや気になる点を徹底解説

話題のローヴィーガンとは何なのか、なぜ健康によいのかを徹底解説。メリットや気を付けるべき点を理解し、正しくローヴィーガンライフを送るための秘訣も紹介します。

ヴィーガンやベジタリアンと呼ばれる人たちには、その目的や食生活のスタイルによってさまざまな種類があります。

その中に、ローヴィーガンと呼ばれる人たちがいるのをご存知ですか?

ここでは、ローヴィーガンの食生活をご紹介し、なぜ健康に良いのかについて解説します。

 

「ローヴィーガン」とは?

ローヴィーガンとは

ヴィーガンとは、植物性のものだけを食べる食生活のことです。ローヴィーガン(Raw Vegan)とは、ヴィーガンと食べる「もの」は同じですが、「Raw」という文字のとおり、「生」で食べる食生活のことをいいます。ヴィーガンよりもさらに一歩進んだ、究極のベジタリアンとも言えるでしょう。

 

「ローフード」とは

ローフードとは、文字通り生の食べもののことです。ローフードダイエットなどで使われる広い意味での「ローフード」には、お刺身や生卵なども含まれることがあります。ローヴィーガンは、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜などをのぞいた植物性のものだけを未加熱で食べます

とはいえ、ローヴィーガンでは生の野菜をバリバリ食べているだけではなく、低温で加熱調理をすることもあります。加熱をするときは、栄養素や酵素が壊れないように48℃以下で加熱調理します。

 

ローヴィーガンは何を食べているの?

ローヴィーガンの食生活では、生の野菜や果物、加熱していないナッツやシード、スプラウト(植物の新芽)、海藻などを食べます。

すべて生で食べますが、加工をしないというわけではありません。ジューサーやフードプロセッサーを使って食べやすく、また栄養が吸収されやすくしたり、野菜をヌードル状に細く切ったりなどもします。ローヴィーガン向けに乳製品を使わないでナッツから作られる、チーズのような食感の「ナッツチーズ」もあり、生でありながらもさまざまな味や食感を楽しむことができます。

キャロット&セロリのシーザー風サラダ

(出典:LIVING LIFE MARKETPLACE「キャロット&セロリのシーザー風サラダ」

 

また、ローヴィーガンを取り入れたからといって、甘いものを我慢しなければいけないなんてこともありません。生カカオやデーツなどの自然な甘味を使った「ロースイーツ」もあります。

ロー-ヴィーガンラズベリーチョコレートスライス

(出典:LIVING LIFE MARKETPLACE「ロー ・ヴィーガン・ラズベリーチョコレートスライス」

このように、「植物性のものを加熱しないで食べる」といっても、さまざまなお料理を楽しむことができるのです。

 

ローヴィーガンはなぜ健康に良いの?

ローヴィーガン2

野菜のビタミンやミネラル、酵素などは、高温で加熱することによって破壊されてしまうものが多くあります。ローヴィーガンが生に近い状態のものだけを食べるというのは、野菜が本来持っているこれらの栄養素や酵素を破壊しないようにするためです。

また最近注目されてきた、野菜や果物が持つ「フィトケミカル」を効率よく摂るためにも、ローヴィーガンは優れています。フィトケミカルには健康や美容に対するさまざまな効果があることが報告されています。

”「フィトケミカル」とは、野菜、果物、豆類、いも類、海藻などの植物に含まれる化学成分のことで、具体的には、植物が紫外線や有害物質、害虫などの害から身を守るために作り出した色素や香り、アク、辛味などの成分です。

数千種類以上あるフィトケミカルには抗酸化作用を持つものが多いことから、抗酸化作用による老化予防が期待できるほか、代謝の促進、免疫力向上、脳機能の強化などその種類によってさまざまな働きがあると言われています。”

(出典:ハウス食品グループ|注目の成分「フィトケミカル」とは?種類と機能、さらに効果的に摂るコツ

このように、ローヴィーガンでは生で食べることで、熱で壊れやすい栄養素や酵素、フィトケミカルなどを破壊せずに効率よく摂ることができるので、健康に良いとされています。

 

ローヴィーガンのメリットと気を付けるべき点

ローヴィーガンのメリット・デメリット

ヴィーガンよりもさらに制約が多いにもかかわらず、欧米では多くのセレブやアスリートたちが美容や健康、パフォーマンス向上のためにローヴィーガンを実践しています。その魅力はどこにあるのでしょうか。

ここでは、ローヴィーガンのメリットと気を付けるべき点についてご紹介します。

ローヴィーガンのメリット

ローヴィーガンを実践することのメリットには次のものがあります。

  1. 病気の予防・健康増進
  2. 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  3. ダイエット効果
  4. 食品添加物の摂取が少ない

生で食べることで栄養素や酵素を破壊せず、効率よく摂取できるので、病気の予防や健康増進に役立ちます。野菜に含まれるフィトケミカルの抗酸化作用によって、アンチエイジング効果も期待できます。

また、野菜はグラムあたりのカロリーが低く、よく噛んでお腹いっぱい食べてもカロリーオーバーにはならないので、ダイエット効果も期待できます。

さらに、加熱した加工食品を食べないので、保存料や化学調味料などの食品添加物の摂取が減ります。食品添加物の中には、過剰に摂取すると健康被害をもたらすものもあります。新鮮なものを生で食べることで、これらの食品添加物を避けることができます。

ローヴィーガンで気を付けるべき点

このように健康に良いと言われるローヴィーガンですが、次のような気になる点もあります。

  1. 実践が難しい
  2. カロリー不足になりやすい
  3. 特定の栄養素が不足しやすい

まず気になる点としては、「植物性のものだけを生で食べる」ことを続ける難しさが挙げられるでしょう。多忙な方にとっては、新鮮な食材を買いにいったり調理したりすることが難しいときもあります。ローヴィーガン専門のレストランもありますが、まだまだ数も少なく、外出先や出張先などでもローヴィーガンを実践するのはなかなか難しいでしょう。

また、カロリーが低くダイエット効果があることの裏返しでもありますが、ローヴィーガン食だけでは、たくさん食べても1日に必要なカロリーを十分に摂取することは難しく、栄養不足になるおそれもあります。必要なカロリーを摂るためには、たくさんの量を食べなければなりません。

 

カロリーの問題だけではなく、ヴィーガンやベジタリアンは、以下の栄養素が不足しがちです。

  • たんぱく質
  • ビタミンB12
  • カルシウム
  • ビタミンD
  • 鉄・亜鉛

必須栄養素のすべてを植物由来のものから摂取することは可能ではありますが、「どの食材にどんな栄養素があるか」ということを意識して、不足しないよう注意しなければいけません。

長期的にローヴィーガンを実践するときには、これらの気になる点に注意が必要です。とはいえ、週末だけローヴィーガンにしてみたり、短期間だけローヴィーガンにチャレンジしてみたりというときは、それほど問題ではありません。食生活の一部にローヴィーガンを取り入れてみるだけでも、体のだるさがなくなって目覚めがよくなったり、体重が減ったり、などの効果が感じられるでしょう。

気になる点を理解して、健康的なローヴィーガンライフを楽しみましょう。

 

ローヴィーガンで若々しく健康に!

このようにローヴィーガンでは、野菜や果物を生で食べることで、野菜や果物が本来持っている栄養素をあますところなく摂取できます。そのため、健康にも美容にもさまざまな良い効果が期待できます。

ヴィーガンの中でもさらに制約の多いスタイルではありますが、健康や美容にはより効果の高い食生活です。ご自身のペースにあわせて、少しずつ生活に取り入れてみてはいかがでしょう。食事の一部をローヴィーガンにするだけでも、その恩恵は感じられることでしょう。

カラダにも環境にもやさしいお料理を、ぜひお試しください。

 

2.1万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新しています🐰

食品からアパレルまで、650を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセレクトショップをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されます、お楽しみに。

お買い物はこちらから。