佐世保バーガーがヴィーガンに!本場長崎・佐世保の「Y’s V Burger」を実食

佐世保バーガーがヴィーガンに!本場長崎・佐世保の「Y’s V Burger」を実食

遂に「佐世保バーガー」に「ヴィーガンバーガー」が登場しました。その本場長崎・佐世保の「Y's V Burger」をご紹介。実際に食べた感想とお店の情報もお伝えします。

ハッピーキヌア編集部
2021年03月31日
佐世保バーガーがヴィーガンに!本場長崎・佐世保の「Y’s V Burger」を実食
最近、動物性不使用の「ヴィーガンバーガー」を発売されているお店が、多くなってきました。

モスバーガーやドトールなどでも、「大豆ミートのハンバーガー」が発売されるようになり、ヴィーガンやベジタリアンにとっては嬉しいニュースが続いています。

そして、2021年2月、全国的に有名な「佐世保バーガー」にも、遂に「ヴィーガンバーガー」が誕生しました。

 

今回は「Y’s V Burger」(佐世保ヴィーガンバーガー)を開発・発売された会社「Y’s Burger」とその「Y’s V Burger」についてご紹介します。

また、実際にお店に訪問した感想とお店の情報も混じえてお伝えします。

 

 

佐世保バーガーとは

佐世保とは

佐世保といえば、「ハウステンボス」や「ジャパネットたかた」の社屋があることでも有名です。

長崎県では、長崎市に次いでの街で、人口24万人ほどの中核市。

九州の西の端に位置し海に面した港町で、海上自衛隊や米海軍の基地があり、街中で外国人に会うことはめずらしいことではありません。

海と山の自然に囲まれた住みやすい街です。

 

 

佐世保バーガー

旧日本海軍の基地として栄えた佐世保。

戦後には米海軍基地が置かれ、さまざまなアメリカ文化がもたらされました。

そのひとつである「佐世保バーガー」の歴史は昭和25年頃、米海軍基地から直接レシピを聞き作り始めたのがはじまり。

(引用元:だから美味しい佐世保バーガー!誕生秘話や店舗紹介&食べ歩きマップ|佐世保・小値賀「海風の国観光圏」

 

佐世保バーガーの認定には、5つの基準があります。

  1. コンセプト
  2. 独自性・主体性
  3. 信頼性
  4. 地産地消
  5. 将来性

この5つを基準に審議が行われ、認定された事業者は「佐世保バーガーマップ」への掲載と「佐世保バーガー認定証」が贈られます。

 

 

「Y’s Burger」とは

「Y’s Burger」(ワイズバーガー)

出典画像:Y’s BURGER MENU

佐世保市を中心に、衣料品店と飲食店を展開している「エバーグリーン」

その「エバーグリーン」という会社が、2020年5月に、佐世保バーガー認定店 「Y’s Burger」をオープン。

2021年2月、「佐世保バーガー」初となる「ヴィーガンバーガー」を発売しました。

卵や牛乳のアレルギーがある人でも食べられる商品を考える中で、「ヴィーガンバーガー」を思いついたそうです。

 

 

「Y’s V Burger」(佐世保ヴィーガンバーガー)

「Y’s V Burger」のパティは、同じ九州の熊本県にある会社「DAIZ」が開発した発芽大豆由来の植物肉(ミラクルミート)が使用されています。

マヨネーズソースやチーズも豆乳をベース作られていて、すべての原材料が動物性不使用です。

パティ以外の食材もすべて長崎県内・九州内から調達されていて、「佐世保バーガー」の認定基準でもある「地産地消」に貢献。

ヴィーガンだけではなく、アレルギーなどの理由でハンバーガーを食べることができない方にも、安心して食べていただけます。

 

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook