【保存版】ソイミート徹底比較!栄養価、原材料、価格など7種類を比較解説

いろんな種類をどう選べばいいか、迷ってしまう、ソイミート。製品選びのポイントと、もっと手軽に使えるレトルトのソイミートをご紹介します。

原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

日本でソイミートが認知されるようになって、ずいぶん経ちました。

しかしまだ、限られた一部の人のみが食べるもの、というイメージが強く、定着していないのが現状です。

 

食肉を得るため、人間は、多くの自然や動物の命を奪ってきました。

しかしそれは、私たち自身を追い詰めることにもなるのです。

 

そこに危機感を覚えた企業が、続々と、プラントベース、特にソイミートの開発、生産販売に乗り出しています。

私たちヴィーガンはもちろん、より多くのソイミート製品を手にすることができるようになってきました。

 

今回は、こうして選択肢が増えてきたソイミートを、いくつかの製品を比較しながら、どのように選べばいいかを解説します。

そして、もっと簡単に、おいしく、ソイミートを食べたい方にもおすすめする、レトルトのソイミートも、ご紹介します。

 

ソイミートの選び方

形状は大きく3種類

ソイミートは、その名のとおり、お肉の代用品として利用されます。

そのため、形状も、目的に合わせて使えるようになっています。

 

・ミンチタイプ・・・ひき肉のように、ハンバーグやそぼろはもちろんのこと、トッピングとしても使用できます。

・ブロックタイプ・・・鶏もも肉のような噛み応えがあるので、から揚げやカレーなどに。

・フィレタイプ・・・バラ肉や、こま切れ肉のように使えます。生姜焼き、炒め物、丼ものにも便利です。

 

毎日お料理をしていると、メニューに合わせて使い分けられるのは、本当に助かりますよね。

普段と違うタイプのものを使ってみて、食感や、味のしみ込み具合の変化を楽しむこともできます。
ほんの少しの工夫ですが、料理の幅が広がりそうですね。

 

使い切るか、保存するか?製品の保存形態を選べる

ひとり暮らしの方、家族みんなで食事をする方。または、調理方法など、ソイミートの使い方はさまざまです。

開封したら使い切りたい方もいれば、コスパを考えて大袋で購入される方もいらっしゃいますよね。

ソイミートには、保存形態が3種類あります。
使用目的やライフスタイルに合わせて、ご自身に合うものを選びましょう。

 

・乾燥タイプ・・・使いたい分だけ使用でき、残りは密閉し、室温保存できます。ゆで戻す必要があります。

・レトルトタイプ・・・乾燥タイプをゆで戻した状態です。下準備なくそのまま使えて便利ですが、基本的に使い切ることをおすすめします。

・冷凍タイプ・・・下準備なく使用できます。こちらも、解凍したら使い切るのがおすすめです。

 

原材料に注目

「 ソイミート」といっても、原材料に大豆以外のものが配合されている製品もあります。

ソイミート特有の、香りや食感を苦手とする方にも食べやすく改良していたり、賞味期限を少しでも延ばせるようにしたり、保存状態を良くするためなど、さまざまな企業努力が込められています。

好みやこだわりなどを重視される方は、ぜひチェックしてみてください。

 

・大豆100%?他の原材料もミックス?・・・乾燥タイプのものは、原材料がシンプルに「大豆」もしくは「大豆の形状、状態を加工したもの」のみであることが多いです。

レトルトタイプ、冷凍タイプは、食感や手軽さなど、使用する際にも食肉に近づけているため、大豆以外のたんぱく質や、着色料などを使用していることもあります。

・オーガニック製品か?原料原産地は?・・・オーガニック大豆を使用しているもの、国産大豆を使用している、などが選択できます。

 

以上のように、いろんな視点、こだわりから選べるのは、加工食品であるソイミートならではの利点です。

 

ソイミートを初めて利用される方、もっと深く知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

 

ソイミートを徹底比較!

ソイミートは、選択の自由度が高く、製品の形態に応じて、調理の幅も広がることがわかりました。

とはいうものの、実際に選ぶとなると、多くのメーカー、ブランドから販売されているため、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、5製品を、比較検討しやすいよう一覧表にまとめました。

オンライン通販で手に入るもの、近所のスーパーに行けばすぐに手に入るものをピックアップしました。

 

こうして見ると、ひとくちに「ソイミート」と言っても、それぞれの製品に個性がありますね。

 

ソイミートの導入や定着が日本より早かった海外製品は、オンラインで気軽に購入できます。

今すぐ欲しい方や、ストックせずに使い切りたいという方には、スーパーで手軽に購入できるものがおすすめです。

 

価格は、100グラムあたり、平均460円程度です。

オンライン販売であれば、大容量のものを購入したり、まとめ買いをすることで安くなる場合もあります。

 

乾燥タイプは、ゆで戻しすることで、かさが増します。

使用量は少なくなりますので、価格と同様に、カロリーなど栄養素に関しても、1食分としては少なくなります。

 

次から、一覧表の、ソイミート5製品を、ひとつずつご紹介します。

 

おすすめソイミート5選

1. SOYCLE(ソイクル)

息子さんのご病気がきっかけで、「環境問題を食からの切り口でアプローチする」をテーマに起こした事業、SOYCLE(ソイクル)。身体に地球に良い循環を。大豆ミート「ソイクル」

「SOY(大豆)」と「SICLE(サイクル/循環)」を合わせた「SOYCLE」という名前にも、その理念が表れています。

 

発芽大豆を原料としたソイミートは、DAIZ(ダイズ)株式会社の「ミラクルミート」を使用しています。

発芽させることにより、アミノ酸量、ビタミン量がぐっと増え、不飽和脂肪酸であるオレイン酸の量も、牛肉の1.6倍にもなります。

うまみと栄養がたっぷりのソイミートです。

また、オレイン酸が豊富に含まれていることにより、大豆特有の風味が生成されないため、ソイクルのソイミートは、ゆで戻しが不要です。

手軽に使えて、味、栄養も大満足な、ソイクルのソイミートです。

 

公式サイトでは、単品購入、定期購入が可能です。

近日中に、ブロックタイプもお目見えするとのことです。楽しみですね。

 

ご購入は以下リンクから


2. SoMeat(ソミート)

テレビ・ネットで話題の大豆ミートと言えば…SoMeat

文久二年創業。創業160年の豆腐屋、染野屋が手掛けたソイミートブランド「SoMeat(ソミート)」。

100%植物性で、看板の名にかけて、納得のいくソイミートを開発するのに、8年もの時間をかけています。

 

きっかけになったのは、まさに、ヴィーガンの方と同じ考えからでした。

動物を飼育することで必要な牧草などの植物、森林を破壊しないように。

一頭、一匹、一羽でも、動物の命を犠牲にしないために。

また、肉と同じように、たんぱく質を摂取し、健康的な生活が送れるように。

 

そもそも、豆腐は、乳腐(昔のチーズ)の代替品として作られていました。

その豆腐に、1世紀以上にわたり向き合ってきた染野屋が、次世代のために何ができるかと考え、ソイミートを作りました。

ご紹介するのは、冷凍品として販売している、「ソミート プラントベースミンチ」です。

こちらは、見た目も味も、お肉そのものですが、動物性原材料をいっさい使用しない、100%ヴィーガンです。

使わない分は、冷凍保存できますし、面倒な下処理が不要なので、料理をするときも、普通のお肉とまったく同じです。

ソイミートを使うのが初めての方や、いままでソイミートが少し苦手だと感じていた方には、ぜひお試しいただきたい製品です。

ご購入は以下リンクから。


ヴィーガンの方は、動物愛護の観点からだけでなく、いろんな方向から、ヴィーガンを選択しています。
染野屋のソミートを立ち上げた方の思いもきっと、ヴィーガンの方と同じでしょう。
こちらの記事で、詳しく書かれています。ぜひお読みください。

 

3. BORDONI(ボルドーニ)

1845年、スイスで創業したボルドーニ社のソイミートです。

こちらのソイミートは、有機大豆100%使用。原材料の記載個所には、もちろん、「有機大豆」と書かれているだけです。

EUのオーガニック認定はもちろんのこと、日本においても、有機JAS認定されています。

 

乾燥タイプのこちらは、しっかりと10分間茹で、その後水分を絞ってから使用します。

オーソドックスなタイプのソイミートですが、この下茹でがあることで、大豆特有の臭みを減らし、料理の味を、しっかりしみ込ませてくれます。

 

しっかりと歯応えのある食感のフレークタイプのこちらは、ブロックタイプよりも食べやすいと評判です。

ご購入はこちらから(アマゾン)

 

4. トップバリュ

大豆からつくったミンチ 乾燥タイプーイオンのプライベートブランド TOPVALUE(トップバリュ)-イオンのプライベートブランド TOPVALUE(トップバリュ)

イオンの展開するプライベートブランド「TOPVALUE(トップバリュ)」からも、ソイミートが販売されています。

イオンは、みなさんのお住まいの地域でも、身近なスーパーではないでしょうか。

 

こちらの「TOPVALUE(トップバリュ) もっと“植物由来”Vegetive(ベジティブ) 大豆からつくったミンチ」「どこにでもある」「すぐ買える」ことが最大のメリットです。

それだけでなく、価格も非常にお手頃です。

チャック付き袋なので、使いかけても、しっかりと密閉保存できます。

 

こちらの原材料も、いたってシンプル。「脱脂大豆」のみです。

脱脂大豆を使用しているため、乾燥タイプのなかでも脂質量が少ないです。

より低カロリーに抑えたい方、大豆のクセが苦手な方にはおすすめです。

 

ちょっと使ってみたいな、と思ったら、お近くのイオンに行けば、すぐに手に入ります。

ソイミートを通販で大量に買う前に、ご自身に合うかどうかを確かめたい方は、こちらからスタートするのもいいですね。

 

トップバリュ 公式サイト TOPVALU 〜トップバリュはお客さまの声を商品に生かします〜
商品ページ 大豆からつくったミンチ 乾燥タイプ-イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) – イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
その他のソイミートなど、植物性の製品情報 もっと“植物由来” Vegetive(ベジティブ) – イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
公式Instagram @topvaluofficial

 

5. マルコメ

ダイズラボ 大豆のお肉フィレ レトルトタイプ(大豆ミート・ソイミート)| マルコメ

こちらもお近くのスーパーで簡単に手に入る製品です。

味噌で有名な「マルコメ」が「ダイズラボ」というラインを立ち上げました。

ソイミートをはじめとする、大豆加工商品を展開しています。

そのうちのひとつ、「ダイズラボ 大豆のお肉フィレ レトルトタイプ」をご紹介します。

 

こちらは、なんといっても、開けたらすぐに使える、生タイプのソイミートです。

1袋90gと、使い勝手のいい量です。

 

材料の大豆粉末は、あらかじめ醤油と一緒に加工されたものを使用。

さらに、味噌や酵母エキスで、ソイミートそのものに味をつけています。

ソイミートを使用した料理で、ゆで戻した後の水分の味が気になる方には、こちらを使用してお料理されてはいかがでしょうか。

マルコメ公式サイトや、公式インスタグラムでは、製品を使用したお料理レシピがたくさん紹介されています。

今夜のおかず、あと1品欲しいな・・・。

そんなときには、スーパーで「ダイズラボ 大豆のお肉フィレ レトルトタイプ」を買ってきて、公式サイトでレシピを見ながら、あっという間に完成です。

 

ご購入はこちらから(アマゾン)

 

より便利でおいしく食べられるソイミート

nextmeats.co.jp NEXTカルビとアボカドの生春巻き

ソイミートは、肉の代替品として生まれました。

そのため、「精肉」と同じように、どれも調理の手間が必要でした。

 

最近では、ソイミートをより身近な定番食材にしていこうと、味や見た目、アレンジの利く使い勝手を持ち合わせた、レトルトソイミートが増えてきました。

 

ご紹介するのは、どれも本当においしく、ソイミートのポテンシャルに驚く製品ばかりです。

気になるものはありますか?

 

SoMeat(ソミート) / レトルトシリーズ

商品一覧 | 100%植物性のお肉 ソミート(SoMeat)

先ほどもご紹介しました、ソミートは、味付け加工済みのソイミート製品も多数ラインナップしています。

 

「ソミート 炙り焼き」という、醤油の香ばしい風味がおいしい味付けソイミートは、「美味アワード2022」というプロジェクトで受賞するほどの高評価です。

その「ソミート 炙り焼き」を使用した、「ソミート 炙りカレー」は、香ばしさとコクを活かしたレトルトカレーです。

もちろんヴィーガン対応。さらに、オリエンタルヴィーガンの方にも嬉しい、五葷(ごくん/ニラ、にんにく、らっきょう、玉ねぎ、ねぎ)抜きのカレーです。

 

ほかにも、味付けソイミート、カレーの製品があります。

ご購入は以下リンクから。

 

オリエンタルヴィーガンについて、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

NEXT MEATS(ネクストミーツ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネクストミーツ(@nextmeatsjapan)がシェアした投稿

「地球を終わらせない」

ハッとする言葉を理念として掲げる、NEXT MEATS(ネクストミーツ)。

CMで見かけた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

味付け加工をされたソイミートは、「本当に植物性?」と驚くほどです。

ただ焼くだけ、湯せんで加熱、もしくは煮るだけ。

その見た目も香りも、味までも、脂がのったお肉そのものです。

味付けもすべて、動物性不使用の、ヴィーガン対応です。

 

一部スーパーでも販売中です。

店頭で見かけたらぜひ、お試しください。そのクオリティに、きっと驚きますよ。

 

ご購入はこちらから(アマゾン)

また、ハッピーキヌアヴィーガンストアでも、ネクストミーツの製品を取り扱っています。

 

ZEROMEAT(ゼロミート)

レトルトカレーや、こんにゃく米の先駆け的な存在である、大塚食品。

ソイミートをはじめ、プラントベースフードブランドが「ZEROMEAT(ゼロミート)」です。

ゼロミート商品一覧-【公式】大塚食品ZEROMEAT(ゼロミート)公式通販サイト

ソイミートとしては珍しい、ハムやソーセージタイプがラインナップ。ハンバーグもナゲットも、お子様が大好きなメニューが勢ぞろいしています。

ヴィーガンの方だけでなく、ノンヴィーガンの家族がいらしても、同じものをいただけますね。

 

また、調理も簡単なのが嬉しいところです。

「ゆで戻し→成形→調理」の手間なく、温めるだけなので、時間がないときの食事にもぴったりです。

ハンバーグは、パックのまま加熱できますので、お皿に移す手間もありません。

さすが大塚食品、レトルトカレーの温め技術が活かされています。

 

コンビニやスーパーでも販売しているお店がありますので、お買い物の際には、チェックしてみてください。

ご購入はこちらから(アマゾン)

 

まとめ

ソイミート市場は、どんどん成長、拡大しています。

そのなかで、ライフスタイルや使い方に合った製品の選択肢が増えていくことは、ヴィーガンである私たちにとっても嬉しいことです。

そしてまた、ノンヴィーガンであっても、ソイミートをいただくことが、環境や動物の命、ご自身やご家族の健康を考えるきっかけになると思います。

 

今回、製品の比較をはじめ、ソイミートをたくさんご紹介しました。

お気に入りが見つかるお手伝いができたなら幸いです。

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

iHerbで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら
(限定で15%割引が適用になります!)

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

3万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img
原材料はオーツ麦と酵素の2つだけ。自分で必要な分だけ作って楽しめる新しいオーツミルク Earth MILKを試してみませんか?
今だけ初回お試しセットが¥7,860→¥2,360に。以下のリンクから限定で送料無料になります。この機会にぜひ。

新着記事

spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ