ヴィーガン食にはちみつが含まれないのはなぜ?代替品もご紹介

ヴィーガンでない方には盲点かもしれませんが、実ははちみつは、ヴィーガン食に含まれません。 しっかりとした理由ではちみつを食さないのです。 今回は、はちみつがヴィーガン食に含まれない理由の解説と、はちみつ代用に使いたい4つの甘味料の紹介をしていきます。

ヴィーガンの方の中には、肉や魚と同様にはちみつも食べない方がいます。

はちみつは動物性の食品でもなく、蜂を直接食べているわけでもありません。

 

なぜ、ヴィーガンの方ははちみつを食べないのでしょうか?

今回は、ヴィーガンの方がはちみつを食べない理由と、はちみつ代用に使いたい4つの甘味料の紹介をしていきます。

 

ヴィーガンの方がはちみつを食べない理由

ヴィーガンの方がはちみつを食べない理由は、はちみつが、「ハチが働いたことによって作られる動物性の食品」であるからです。

ヴィーガニズムの根底ある思想として、「脱搾取主義」があります。脱搾取主義とは、「動物からの搾取及び、動物への残酷な行為の排斥に努める」というもの。

 

はちみつは、単にハチが花の蜜を運んでいるという訳ではなく、製造過程で蜂の酵素や唾液などによって作られています。

ハチの労働によって作られるはちみつを食べることは「搾取」にあたりますので、ヴィーガン食にはちみつが含まれないのです。

 

厳格なヴィーガンは白砂糖も食べない 

厳格なヴィーガンの方は、白砂糖も避けています

白砂糖の原料自体は、植物である「サトウキビ」ではありますが、製造の過程で「骨炭」という動物の骨を原料としている炭を使用しているためです。

 

骨炭とは、動物の骨を800度以上の温度で熱し炭化させたもので、脱色材としての性質を持っています。

砂糖を漂白するために使うわけですが、これを動物の骨を使う「残酷な行為」であるとし、ヴィーガン食とは認めないという考えのもと食べません。

 

一方で、骨炭は既に生を終えた動物の骨を使用しているため、生きている蜂から採取されるはちみつとは分けて考える見方もあります。

 

はちみつ・白砂糖の代用品をご紹介!

ここからは、はちみつや白砂糖に代替できる植物性の甘味料をご紹介します。

ポピュラーなはちみつや白砂糖を使用できないのは寂しいですが、幸い自然界には糖分が豊富で、代用品としてたくさんの選択肢が存在します。

 

これから紹介する代用品は、白砂糖のように骨炭を利用して作られないため厳格なヴィーガンの方でも利用可能です。

はちみつに代替品には、以下のものがあります。

  • メープル
  • アガベシロップ
  • ココナッツシュガー
  • 黒砂糖

 

メープル

1つ目は、サトウカエデから作られれる「メープルシロップ」です。

メープルシロップは、サトウカエデ樹木からとれる糖分をしっかりと煮詰めて作られます。

とろっとした見た目と食感のメープルシロップは、粘度や甘みなどはちみつに近い特徴を持ちます。

 

日本でもかなり一般的な甘味料で、スーパーやドラッグストアなどに売っていることが多く、手に入れやすいのも利点です。

はちみつの用途と同じ利用方法ができるので、ホットケーキやパンケーキなどにかけて食べるとよいでしょう。

 

アガベシロップ

2つ目は、「アガベシロップ」です。メキシコで多く作られ、テキーラの材料でもあるリュウヅルラン属アガベから作られています。

砂糖に比べて、カロリー75%低く、しっかりとした甘味がありながらもヘルシーであることが特徴です。

 

味わいは砂糖のシロップのようにクセがないため、様々な用途に利用することができます。普段の「みりん」や「砂糖」を使う場面に、アガベシロップで代用可能です。

 

ココナッツシュガー

3つ目は、ココナッツから採取される甘味料「ココナッツシュガー」です。

「ココナッツ」と聞いて、風味やコクに癖がありそうだなと思った方も多いはず。

しかし、ココナッツシュガーはココナッツの実ではなく木に咲く花のつぼみから作られるため、癖がありません

 

アガベシロップと同様に、単純に砂糖と置き換えてココナッツシュガーを使用することが可能です。

また、ココナッツシュガーには食物繊維「イヌリン」が豊富。イヌリンは水溶性食物繊維の一種で、便の流れを良くしてくれるという効果があります。

 

黒砂糖

4つ目は、「黒糖」です。

黒砂糖は、白砂糖と同様にサトウキビから作られますが、骨炭を使った漂白をしていないので、厳格なヴィーガンの方でもお召し上がりいただけます。

 

黒砂糖の製造方法は、サトウキビの水分を蒸発させて濃縮した糖分を冷まし固めるというもの。

その際に含まれる本来不純物であるミネラルを精製して取り除かないため、黒砂糖は濃厚な甘みと芳醇な風味を持ちます。

 

カラメルのような芳醇な香りや、ミネラル分の複雑な渋みなども含まれており、それだけで味が成立するような味わい。

その一方で、独特な風味、味わいから料理・おかしなどの使用はかなり限定的になります。

 

ヴィーガン食として使用できる甘味料を見分けるには?

最後に、ヴィーガン食として使える甘味料の見分け方を紹介していきます。

これまで4種類紹介してきましたが、実は他にも代用品として使えるものはたくさんあり、それを見分けるポイントがあります。

 

ヴィーガン食として使える甘味料を見分けるポイントは以下の2つです。

  • オーガニックなどのワードを使っている
  • 全体が茶色っぽいかどうか

 

オーガニックや未加工などのワードを使用している

以下のワードを使用している甘味料は、ヴィーガン食として使える可能性が高いです。

  • オーガニック
  • 未精製・未加工
  • 生(raw)

 

これらの単語がついているものは、基本的には製造過程で骨炭を使用していないものになります。よって、ヴィーガン食として使用可能です。

 

茶色っぽい色合いのもの

また、色でもは以下の通り

  • 茶色っぽい色
  • 白っぽくない

ヴィーガン食でなくなるのは、骨炭によって精製されている時です。

そのため、色が茶色っぽい・白っぽくない時は、骨炭不使用である可能性が高くなります。

 

まとめ

はちみつは、蜂が働くことで作られる食品のため、ヴィーガンにはなりません。

ヴィーガンの理念である「動物が犠牲になる食品を食べない」こいうルールに抵触するためです。

 

同じ理由で、白砂糖も厳密に言えばヴィーガンでないとみなす方も多くいます。

 

はちみつや白砂糖の代用品は多く、様々な選択肢から選ぶことが可能です。

新たな甘味料を試していく過程でお好きな味に巡り合えば、人生がより豊かになるかもしれません。

 

2.7万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアストアをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

↓ お買い物はぜひ、ハピキヌストアで ↓spot_img
↓ ハピキヌの公式インスタはこちら ↓spot_img
- ハピキヌストアへのリンクはこちら -spot_img
- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

おすすめ記事