ヴィーガンを実践するアスリート8選|動物性食品を控えることにメリットを実感

ヴィーガンを実践するアスリート8選|動物性食品を控えることにメリットを実感

世界で活躍するアスリートの中で、ヴィーガンを実践している方を8名ご紹介。アスリートがヴィーガンを実践するメリットも徹底解説します。

ハッピーキヌア編集部
2020年10月14日
ヴィーガンを実践するアスリート8選|動物性食品を控えることにメリットを実感

2. カイリー・アービング(バスケット選手)

カイリー・アービングさんは、北米の男子プロバスケットボールリーグ、NBAで活躍されている方です。

彼がヴィーガンになったきっかけは、以下のように語られています。

「私は元気を取り戻すために、動物の肉を一切口にしないようにしました。菜食中心の食生活をはじめたら体の調子もすごく良くなって、元気が蘇ってきた。ヴィーガンに切り替えてから、選手としてのパフォーマンスも格段に上がっている。」

(出典:5 sportifs célèbres qui ont adopté un régime vegan | CNEWS

 

また、関節や足の疲れを早く取るためにヴィーガンを取り入れたこと、現役のスポーツ選手でいるために年齢の影響を補いたい、という考えもあるそうです。

彼以外にも、菜食を採用しているNBAの選手は、

  • クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)
  • デアンドレ・ジョーダン(ブルックリン・ネッツ)
  • ジャフリー・マクギー(ロサンゼルス・レイカーズ)
  • ジャリル・オカファー(ニューオーリンズ・ペリカンズ)
  • イネス・カンター(ボストン・セルティックス)

など、多く存在しています。

 

3. セリーナ・ウィリアムズ(テニス選手)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Serena Jameka Williams (@serena_williams_fanpage) on

セリーナ・ウィリアムズさんは、アメリカの女子プロテニスプレーヤーです。

セリーナさんがヴィーガンになったきっかけは、姉のヴィーナスさんによる影響です。

ヴィーナスさんは、免疫システムが弱まるシェーグレン症候群に苦しんでおり、医師のアドバイスで菜食主義の食事を取り入れました。すると、菜食をはじめたヴィーナスさんの症状は、改善していったそうです。

その姉を見習って、セリーナさんもヴィーガン生活を始めたところ、筋肉はしっかりと維持することができ、体の調子が良くなったと感じたそうです。

 

彼女は2018年に、自身のヴィーガン衣料品ブランド「Serena」を立ち上げています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Serena Williams (@serenawilliams) on

自身でヴィーガンブランドを立ち上げるほど、ヴィーガン生活を愛し、続けられています。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook