ヴィーガン・植物性ミルクを標準採用に!ブルーボトルを筆頭にアメリカで広がる動きとは

アメリカのブルーボトルコーヒーが一部店舗で、植物性ミルクへの変更を「カスタマイズ料金なし」で実施開始。植物性ミルクの選択が標準となる未来についての考察、現状の動きについて解説します。

アメリカのほとんどのコーヒーショップでは、牛乳から植物性ミルクに変更する際には、カスタマイズ料として75セントほど(80円程度)かかってしまいます。

そんな中、東京や京都にオープンしたことで人気のカリフォルニア発祥のコーヒーチェーン、Blue Bottle/ブルーボトルコーヒーが新たな取り組みを開始しました。

 

ブルーボトルコーヒーのアメリカの一部店舗において、植物性ミルクであるオーツミルクが標準対応(無料で変更できる)として追加されたのです。

本記事では、詳細を見ていきます。

 

Default to Veg(デフォルトトゥベジ)

出典元:Pixabay

ブルーボトルの代表は、植物性ミルクをデフォルトオプション(=標準対応)とすることは、気候変動に対応する動きであると主張しています。

「多くの人がオーツミルクを好んでいる。しかもオーツミルクは牛乳よりも温室効果ガスの排出量が少なく抑えることができる。」と述べており、ブルーボトル社のこの動きは、業界を大きく震撼させそうです。

 

今現在、世界中で展開されているブルーボトルの店舗100か所全てで、オーツミルクを標準対応にする計画があるかどうかについては、言及されていません。

しかしおそらくですが、近い将来には植物性ミルクのデフォルトオプションが、アメリカブルーボトル全店対応となるのではないのでしょうか。

 

この動きはヴィーガンライフスタイルを送るアメリカの多くの人々(ヴィーガン人口は3億人の国民の中で、3〜5%と言われ、加えてベジタリアンや週に数日だけヴィーガン生活をするフレキシタリアンの数がとても多いのがアメリカです)

 

そして実は、ヴィーガンオプションを標準採用にしようとしているコーヒーチェーンは他にもあるのです。

 

非営利団体であるBetter Food Foundation(BFF)は、プロジェクトDefault to Vegの下で、オレゴン州ポートランドに本拠を置くGuilder Cafeや他のコーヒーショップと、と協力して同様の切り替えを支援しています。

 

これらのショップでの植物性ミルクへのシフトは、顧客からたくさんの支持を得ているようです。

しかし、植物性ミルクが人気とはいえ、ほとんどのアメリカのコーヒーショップでは、植物性ミルクに変更する際は、追加料金が必要な現状です。

 

環境に配慮したメニュー

出典元:Pixabay

植物性ミルクの導入は、環境に対する良い側面が多くあります。

2018年のオックスフォード大学の調査によると、牛乳を植物性ミルクに置き換えると、食品の二酸化炭素排出量が約半分に削減されるということが分かっています

 

前述のBFFとGuilderが協力して、植物性ミルクオプションを標準とすることが、実際の二酸化炭素排出量の節約にどのように変換されるかを追跡し、資料として公開しています。

そして、BFFは、Guilderと他コーヒーショップとの協力により、各地域での反応を見るためにオーツミルクのサプライズイベントをニューヨーク、サンフランシスコ、ワシントンDCなどの都市で開催することを計画もしているようです。

ブルーボトル以外にも、ますます多くの企業が植物性ミルクの標準化に取り組んでいることがわかりますね。

 

植物性ミルクに対する大手チェーンの動き

出典元:Pixabay

ブルーボトル以外のアメリカ大手コーヒーショップも、温暖化ガス排出削減に向けて、乳製品から植物性ベースにシフトしています。

世界最大のコーヒーチェーンのスターバックスも然り。ヴィーガンサンドイッチから植物性ミルクもメニューに加えています。しかし、植物性ミルクでカスタマイズをする時は、未だ追加料金が必要です。

 

温暖化ガス排出量の21%は、乳製品由来であるにもかかわらずにこの動きは、まだまだ大手は動きが遅いと言えるかもしれません。

一方で、小規模なコーヒーショップは、植物性ミルクを標準にすることにより、大手コーヒーショップとの区別化を図り、ヴィーガン、そして環境問題に意識の高いお客のニーズに応えることが期待できます。

 

スターバックスは持続可能性のリーダー?

出典元:Pixabay

女優のアリシア・シルバーストーンは、長い間スターバックスに、植物性ミルクに変更する際の追加料金をなくすよう要請しています。彼女曰く、スターバックスの売り上げの90%はドリップコーヒーによるもの。

 

そして乳製品の価格は、アメリカ政府の補助金により低く抑えられており、動物愛護の観点、環境への影響を考えると割に合うものではない。

牛乳は子牛のためのもの。そのため、たくさんの人間の大人は乳糖不耐症であるのに、なぜ植物ベースにシフトしないのかと訴えています。

 

スターバックスが包括的な持続可能性のリーダーになりたいのであれば、持続可能性の目標を達成するために、独自のデフォルトメニューの変更を検討する必要があるのではないでしょうか。

 

アメリカのミルク事情

出典元:Pixabay

植物性ミルクは、今では棚ひとつを埋めるほど、もう当たり前の商品となったアメリカですが、アリシアの言う通り、牛乳のコストはアメリカでは実はかなり安いのです。

そして植物性ミルクは人気ですが、値段は牛乳よりも高価格です

 

その差が大きいために、植物性ミルクのデフォルトをするには、かなり難しい現状ではあります。

それでも持続可能な社会の実現に向けて、多くの企業が・消費者が行動を起こし続けることで、スターバックスのような大手のコーヒーチェーンもこの動きに従っていくでしょう。

 

しかし、もしもスターバックスが植物性ミルクをデフォルトし、それにより多くの顧客がスターバックスに流れると、経済面で植物性ミルクをデフォルトにするのが難しい、小さいコーヒーショップは営業の危機に陥るなんて可能性もあり、問題は多くありそうです。

 

まとめ

出典元:Pixabay

環境問題への取り組みから、植物性ミルクにシフトは確実に起こっていることです。

しかし、コーヒーショップが植物性ミルクをデフォルトにすることは、上記の非営利団体であるBetter Food Foundation(BFF)のように、植物性ミルクへのサポートが必要になります。

 

現状では残念ながら、アメリカ政府介入のアメリカの酪農システムにより、牛乳の値段が抑えられているため、まだまだ時間がかかるかもしれません。

しかし、今回のブルーボトル社の取り組みは大きな第一歩となるのではないでしょうか。

 

合わせて読みたい

【ヴィーガン】牛乳はもう不要!植物性ミルク12選

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ヴィーガン入門に最適な、ハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img
2.8万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
 
ハッピーキヌアの姉妹ブランド、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
リラックスや忙しい時の2タイプで使い分けられます。ぜひお試しを。以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill’s Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

28,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ