ヴィーガンはウールを避ける?理由と代替品も紹介

ヴィーガンはウールを避ける?理由と代替品も紹介

ヴィーガンはなぜウール製品を避けるのか、その理由やウールの代替品について徹底解説。ヴィーガンファッションを取り入れて、エシカル消費を実践していきましょう。

ハッピーキヌア編集部
2020年10月17日
ヴィーガンはウールを避ける?理由と代替品も紹介

海藻繊維

 

View this post on Instagram

 

A post shared by smartfiber AG (@smartfiberag) on

「シーセル」とも呼ばれています。その名の通り、海藻の繊維からできています。植物由来なので、自然に生物分解もでき、環境に優しいエシカル素材です。

 

ソイシルク

絹に似た手触りがする「ソイシルク」は、豆乳などの大豆製品を作るときに出る「おから」から作られています。環境に優しい製品で、生物分解が可能です。

 

フラックスリネン

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sanelin 100% Lin (@sanelin) on

フラックスと呼ばれる植物から作られたリネンです。

リネンは、使えば使うほど味が出て、やわらかく、しなやかになっていきます。使う人の個性が出るので、長く大切に使うという点でも、サスティナブル(持続可能)な代用品になりそうです。

 

ヘンプ繊維

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Hemp Fabric Lab (@hempfabriclab) on

ヘンプと呼ばれる植物から作られた麻です。吸湿、吸汗性があり、通気性に優れています。

 

レーヨン

レーヨンは、化学繊維・再生繊維のひとつで、木材パルプが原料となっています。肌触りが良く、ひんやりとした質感があります。

 

竹布

竹布は竹の繊維からできた布です。

レーヨンの材料の一部として使われることもあります。さらさら感があり、肌触りも心地よいです。

 

ご紹介したように、植物由来の天然繊維、または人工繊維を代替品にすることができます。植物由来の天然繊維は、自然に生物分解もされるので、サスティナブルな代用品だと言えます。

商品を購入する際には、それが何からできているのか、タグを確認してみましょう。

 

まとめ|自分が身につけるものについて考えてみよう

ウールに限らず、工業化・合理化された環境にいる動物たちの現場は、良い環境でないケースが多いです。

しかし、そのような現状に対して、私たちができることの一つとして、ヴィーガンのように「動物由来の製品を購入しない」という選択ができます。

動物愛護だけでなく、自然環境保護や持続可能な社会への第一歩として、今年の服を買う前に、「自分が身につけるもの」について、今一度考えてみてはいかがでしょうか。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ

LINE

Facebook