水が枯渇する? 世界中で問題視されている、水資源の危機について徹底解説

地球上の全ての生物は「水」がなければ暮らしていけません。しかし、ここ数十年、経済の発展とともに急激な環境汚染が進み、自然環境や生態系が破壊されています。さらに、地球温暖化による気候変動や世界人口の増加により、安全な水資源の確保や水不足が懸念されています。貴重な水資源を守るために、私たちは今、何をすればよいのでしょうか。

宇宙から見た地球は、とても美しく青い色をしています。

それもそのはず、地球は表面の約7割が海におおわれています。すなわち、地球の青く見えている部分は海なのです。

 

地球上には、海の他にも河川や湖、さらには地下水などの水資源が存在していますが、近年、世界各国では、環境汚染や気候変動などによる水資源の危機が問題となっています。

別名「水の惑星」ともよばれるほど水におおわれている地球ですが、なぜ水の枯渇が起きると考えられているのでしょうか?

 

今回は、世界で取りざたされている水資源の問題について、これから皆さんに解説させていただきます。

 

地球上にある水の割合とは

DSC_0155

国土交通省の資料によりますと、地球全体には、およそ14億km3もの水が存在していますが、実にそのうちの97.5%が海水で、淡水(真水)の割合は2.5%ほどしかありません。

さらに、この淡水の中には氷河や氷雪なども含まれているため、実際に私たち人間が利用できる水の割合はさらに少なくなり、地球上の水全体の0.02%ほどです

 

また、疾病対策予防センターの調査では、水道の蛇口をひねるだけで安全な水が飲める国は、世界の国々の中でも日本を含めてわずか15ヵ国だけという結果が出ています。

 

世界中で起きている水資源の危機と原因

島国で、さらに水資源も豊富にある日本で暮らす私たちにとっては「安全な水が飲めるのは当たり前のこと」ですし、深刻な水不足に悩まされることもほとんどありません。

 

しかし、国境を超えて複数の国々を流れる大きな河川沿いでは、貴重な資源である水の所有権や河川上流の水質汚濁をめぐって、昔から国同士の紛争や対立が絶えません。

河川の上流にある国での水需要が多くなったため、下流にある国の水が枯渇し始めるなど、実際に問題が起きています。

 

現在でも、アフリカや中東諸国を中心に、世界中で約12億人の人々が慢性的な水不足にストレスを感じて生活しているといわれていますが、今後、環境汚染による地球温暖化や世界人口の増加により、水資源の状況がさらに悪化していくことも懸念されています。

 

気候変動

近年、地球温暖化などによって引き起こされた気候の変動により、水源地である山や森に雪が降らなくなり、その結果、河川や井戸が干上がってしまったなど、水が枯渇してしまうというケースが世界各地で多発しているようです。

 

また、地球の温暖化によって大気中の水蒸気量が増えた場合には、ゲリラ豪雨の被害や逆に深刻な水不足に見舞われる可能性が高くなります。

さらに、このまま気候の変動が進めば、もともと降水量が多い地域ではさらに多く、アフリカなどの乾燥地域では、ほとんど雨が降らなくなるため、水害や渇水、大地の砂漠化などがさらに進んでいくことでしょう。

 

現に、アマゾンなどの熱帯雨林では、大西洋の海水温上昇に伴って海流が活発化しているため、熱帯雨林への雲の流れが弱くなり、降水量が少なくなっており、このままでは大地が乾燥化してしまうといわれています。

このように、地球温暖化は生態系だけでなく、私たち人間を取り巻く自然環境や水資源にも大きな影響を与えているのです。

 

世界人口の増加

日本では、少子高齢化が問題になっていますが、世界の人口は増加傾向にあります。

2000年に60億人を超えた世界の人口は、2050年には97億人に達すると国連が予測しています。

人口が増えるということは、水の需要も増加するため、現在よりも多くの水や水資源を確保する必要が出てきます。

 

しかし、現在でも世界の人口60億人のうちの12億人が「安全な水」を飲むことが困難な状況下に置かれています。

このままでは、2050年に世界の人口約97億人のうち約40%にあたる39億人が深刻な水不足に見舞われるなど、水の供給が追いつかなくなる可能性があることが予測されています。

 

世界中の貴重な水資源を守り、皆が安全な水を飲むことができるように、私たちが今できることを考えてみませんか。

 

サステナブルな社会へ向けて

「サステナブル(Sustainable)」とは、「持続可能な」と言う意味をあらわしています。

サステナブルな社会とは、持続可能な社会という意味で「地球環境や生態系を破壊せずに、このまま未来の世代へ受け継いでいける社会のこと」を指しており、世界各国に共通する目標となっています。

 

水などの貴重な自然資源を使いすぎることなく、資源のリサイクルを心がけ、地球環境の維持に向けて、ひとりひとりがサステナブルな行動に取り組んで行くことこそが、サステナブルな社会の実現にとって、必要不可欠といえるのではないでしょうか。

 

家庭からの排水に気を付ける

日常生活の中で、水を汚さない、無駄にしないことを心がけましょう。

シャワーを出しっぱなしにしないこと、環境にも優しいヴィーガンシャンプーや洗剤を使うことなども、サステナブルな行動の一環となるでしょう。

 

海や川にゴミを捨てない

一見きれいに見える海岸沿いでも、よく見ると流木など、海からの漂着物に混じってマイクロプラスチックなどの海洋ゴミが打ち上げられていることがわかります。

海洋ゴミは海洋汚染にもつながりますし、魚の生態系も壊してしまいかねません。

 

また、プラスチックの原料である石油の使用は、地球温暖化の主な原因となっています。

ペットボトル入り飲料を買うのではなく、マイボトルを持参するなど、地球環境に配慮したエシカルな行動を心がけることが大切です。

 

ヴィーガンやベジタリアンの食生活が水の消費量節約につながる

世間では、まだあまり知られていないかもしれませんが、畜産には、大量の水が必要です。

牛肉1キログラムを生産するのには、およそ15,000リットルの水が必要といわれていますし、実は人間よりも家畜のための水の消費量の方が多いのが現状です。

 

さらに、家畜の飼育中に出る排泄物は、河川を汚してしまうなど水質汚染の原因にもなっています。

動物性由来の食品は一切食べないというヴィーガンや、菜食主義のベジタリアンの食生活は、私たちの健康のみならず、こうした地球環境や水などの資源を守ることにも貢献しているのです。

 

「ミートフリーマンデー」のように、週に一度、肉を食べない日を設けたり、ソイミート(代替肉)を使って料理をすることも、肉の消費量を減らし、貴重な資源である水を守ることにつながっていくことでしょう。

 

まとめ

すべての生命の源である「水」は、私たち人間や、動植物にとって、生きていく上で欠かすことのできない大切な自然資源です。

 

しかし、近年の経済の発展に伴う環境汚染や、地球温暖化などによる気候の変動が急激に進み、水質汚染や水不足などの問題が世界各地で引き起こされています。

地球上の水は常に循環しています。雨が降れば、水は川へ流れて、やがて海へと移動します。それが長い時間をかけて大気中の蒸気や雲となり、雨となって再び地上に降りてくるのです。

 

貴重な水資源を汚さず、使いすぎず、再生水の利用が可能ならば取り入れていくこと。

サステナブルな社会の実現に向けて、私たちが貢献できることを少しずつ始めてみませんか。

 

2.6万フォロワー越えのインスタグラムも毎日更新してます🐰

食品からアパレルまで、800を越えるヴィーガン・プラントベース商品が購入できるハッピーキヌアセストアをぜひ訪れてみてください。1%ポイント還元、さらに1%が地球環境・動物保護に寄付されます。毎週木曜日に新商品も追加されますので、お楽しみに。

お買い物はこちらから。

- セレクトショップへのリンクはこちら -spot_img
spot_img
spot_img
spot_img
spot_img

新着記事

人気投稿

記事カテゴリー

ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。ぜひフォローお願いします! #ハピキヌ

おすすめ記事