サステナブル×伝統工芸、日本の伝統技術を生かしたブランド10選

日本の伝統工芸品は先人達の技術を受け継ぐ究極のサステナブルなものです。今回は日本の技術を生かしたブランドをアパレル(ファッション)と日用品にわけてご紹介します。

伝統工芸品には漆器や陶器、織物や人形などさまざまな製品があります。いずれも、地域の気候や風土の恵みを生かしながら、長い間育まれた技術を使って伝承されてきたものです。

伝統工芸品を使うとエシカル&サスティナブルになるのかと言うと天然の素材が原料となっている・地域の資源を使いながら生態系のバランスを保つ・修理できるものが多いなどが揚げられます。

 

また伝統工芸の各ブランドもそれぞれサステナブルナ取り組みやエシカル消費、SDGsなど地球環境や人に優しい配慮を始めています。

作る側、使い手の私たち双方の考えが一致したこれからの方向です。今回はアパレル関連と日常使いにおすすめのブランド10選をご紹介します。

 

サステナブル×伝統工芸~技術を活かしたブランド10選

アパレル・ファッションブランド

1. 岡山デニム×JAPAN BLUE JEANS

画像:JAPAN BLUE JEANS

岡山デニムはジーンズやデニム生地の生産が特に盛んな地区の統括の名称で、井原市・倉敷市・児島地区など井原デニム・倉敷デニム・児島デニムと呼ばれています。

製品のブランドは児島ジーンズ・JAPAN BLUE JEANS・ベティースミス・ボブソン・桃太郎ジーンズをはじめ40社ほどあり、JAPAN BLUE JEANSは児島ジーンズの関連会社で倉敷デニムになります。

 

JAPAN BLUE JEANSは「サステナビリティ」「エシカル」は、今最も必要な取り組みとして「エシカルプロジェクト」を2020年5月からスタートしました。

まずは水。糸の染め上げ作業やデニム地の表面にウォッシュ加工を施すときに使用する水の再利用化に取り組み、水の使用量の全体の80%を削減。

 

また、ビンテージ感やユーズド感を出すための加工では、人体(工場従業員など)にかかる負担を軽減するためにレーザー加工やオゾン加工などの方法を取り入れています。

 

画像:JAPAN BLUE JEANS

Ethical 天然染めTシャツ / 24ゲージ コートジボワール綿  ¥8,800(税込)

無農薬栽培、手摘みのコートジボワール綿で作ったTシャツ。綿本来の素朴な風合いは品質改良をしない最も原種に近い特徴があります。

ベンガラ・桑の葉・ザクロ・インド藍などを使用した日本伝統の草木染めで染め上げ、天然染料ならではの優しく淡い風合いが魅力的です。

Ethical 天然染めTシャツの購入はこちらから

 

2. FUMIKODA

画像:FUMIKODA

FUMIKODAはビジネスからカジュアルまで女性のための究極お仕事バッグです。特徴はエシカルレザーを使用して軽さ・機能性・デザイン性に優れていること。

地球や動物、人にもやさしくデジタル社会を軽やかに生きるサスティナビリティと日本製にこだわったブランドです。

日本の美意識や伝統技術を活かし、素材、パーツ、縫製のすべてが「メイド・イン・ジャパン」。丈夫でなめらかな手触りの国産のヴィーガンレザーを使用し、質感と耐久性が抜群です。

 

創業以来、世界各国が取り組んでいる地球環境問題に向き合い、エシカルブランドのもの作りに携わっています。

最近増えてきている身につけるものはできる限りアニマルフリーを選びたいと考えている方におすすめです。

FUMIKODAのラインナップはノートパソコンやA4書類がしっかり収納でき、性別や年齢を問わない使いやすいトートバッグ・2wayリュック・フラップ付ショルダーバッグ・リサイクルTシャツなど。

 

FUMIKODAの製品はハッピーキヌアSHOPで取り扱っています。詳細・購入はこちらから

 

3. サステナブル・ストーリー×まり木綿

画像:apparel-web

インドのフェアトレードオーガニックコットンを使い、名古屋の伝統工芸有松絞りで染めた手ぬぐい。

世界の素材と日本の技術がコラボしてまり木綿(名古屋市)にて伝統の絞りをポップな柄に染め上げています。

有松絞りは江戸時代に誕生して以来、鳴海絞りと共に日本国内の絞り製品の大半を生産していて、1975年9月4日、国の伝統工芸品に指定されました。

 

販売しているショップはサスティナブル・ストリートが運営するフェアトレードやエシカルなど、サスティナブル(SDGs)をテーマにしたギフトショップ「meets」(名古屋市中村区)

手ぬぐいの価格は通常丈・約90cm×36cmが税込み3500円、ひめ丈・約50cm×35cmが1800円。有松地区の伝統産業を応援するため、名古屋市の有松寄付金を通じて売り上げの一部を寄付しています。

 

4.kikirico-キキリコ

離島と都会を繋ぐアクセサリー、壱岐の島の魅力ある様々な自然物を使った「エシカル」と「再生」をテーマとしたアクセサリーブランドです。

エシカルな材料は同じ工程で作られるパールのなかで、ゆがみができたバロックパール。通常は廃棄処分にされてしまう中、バロックパールだからこその稀少なデザイン性に注目。

 

唯一無二のデザインを作り上げ、新しい魅力を出しています。パールの他に、貝殻やシーグラス、飲食店から出るアワビの殻などこだわりのアクセサリーを作っています。

 

自然な質感を活かし、洗煉された雰囲気も感じさせるluxe&shabby(贅沢&ボロボロ)を意識したアクセサリーは、時に伝統技法や幾何学的なモチーフを使用。

 

ナチュラルになりすぎないブランドイメージは上品な質感を出す事を大切にしています。

kikiricoのアクセサリーの購入はこちらから

 

日用工芸品

5. 七尾和ろうそく(高澤ろうそく)

画像:高澤ろうそく

1892年に創業の高澤ろうそくは、石川県の希少伝統工芸品に指定される和ろうそくの伝統を受け継ぎ守り続ける最後の一軒です。ゆえに稀少伝統工芸品になっています。

和ろうそくは芯に和紙と灯芯草(イグサ)と植物油を使います。炎が消えにくくすすが出にくい特徴があり、炎の揺らぎは見る人に癒し効果をもたらします。

 

芯は筒状にした和紙の上に灯芯を一つ一つ手巻きし、原材料の植物ロウは、ハゼ・パーム椰子・菜種・米ぬか・うるしなど様々な天然植物から採取しています。

近年和ろうそくは仏事や祭礼用に使われるだけでなく、日々の灯りとして毎日の暮らしを彩るおしゃれ感覚で使う人も増えてきています。

和ろうそくの購入はこちらから

 

6. 白鷺木工

石川県・山中温泉よりずっと山の奥にある白鷺木工は、三世代に渡って伝統工芸品・山中漆器を主に丸物木地を造り続けています。

丸物木地とは円形の木の器で、椀・盆・丸膳など丸い形の日用食具です。技法は原始的な電動ろくろと木工旋盤を匠に使う挽物です。

 

オートメーション化が進む現代で、変わらぬ技法で原木の木取りから仕上げ挽きまでの全てをトータルで手がけています。

引き継がれてきた伝統工芸の良さを、世界にも誇れる高い技術と貴重な知識で「丸物木地の挽物」を継承し、国産木だけを使う正真正銘の真面目な日本製「メイド・イン・ジャパン」造りを目指しています。

 

サスティナブルナ取り組みは、木のロスをなくして、未来の日本に豊かな緑を残そうプロジェクトを立ち上げて、国土緑化推進機構の活動を支援する緑の募金をスタートしました。

白鷺木工製品の購入はこちらから

 

7. 木曽漆器  NOKO furniture

 

この投稿をInstagramで見る

 

noko(@noko_furniture)がシェアした投稿

NOKOは、木曽漆器の持つ300年の伝統を受け継ぎ、日々を彩る暮らしの道具を造っています。

一度は後継者途絶えましたが、先人達が培ってきた様々な技法を少しでも未来に繋げたいという思いで新たに誕生しました。

木曽漆器の一つに、「宗和膳」というお膳があり、「挽き曲げ」という技法を用い独特の美しいカーブが特長です。

宗和膳から受け継いだ美しいカーブの木曽漆器の技術を、木・山・自然を愛する職人の手で、ひとつひとつ丁寧に造られています。

 

一生大切に使える伝統食器はもちろん自然素材製で、木曽平沢の伝統工芸はサスティナブルな暮らし方に合っていると立ち上がった取り組みもあり今後の活動が期待されています。

 

NOKO furniture製品の購入はこちらから

 

8. 津軽びいどろ

画像:BECOS

津軽びいどろ」をつくる北洋硝子は、青森県で長い歴史をもつ手仕事のガラス工房です。手仕事にこだわることで「暮らしを豊かにするガラスの器」を目指してきました。

青森市富田にある北洋硝子は美しい砂浜と緑豊かな自然の宝庫のそばの立地。あるとき職人が七里長浜のひと握りの砂を原料として加えたところ、えも言われぬ深みのある緑へと色を変えました。

 

七里長浜の砂をエシカル消費して作り上げる百通りもの色がでる技を活かすクラフトガラスならではのランプの光の美しさは、光の癒し時間を演出しています。温かい色合いは日本各地や世界中で愛されています。

津軽びいどろのテーマは日本の四季をあらわす春のさくら・夏の祭り・秋の紅葉・冬の雪景色、幾千ものこだわりの色彩をガラスに込めた思いです。

 

津軽びいどろオイルランプの購入はこちらから

 

9. 紅村窯(こうそんがま)

画像:紅村窯 Facebook

京都清水寺・ちゃわん坂の中ほどに100年以上続く紅村窯サステナブル工芸ブランドとして清水焼×和菓子の技法で斬新な焼き物は多くの方に注目を浴びています。

その技法は西施白磁と名付けられた白磁は、中国の古窯で作られた白高麗(白磁)から発展し、白玉のようになめらかな乳白色が印象的です。

 

そこに優雅で独自の深い色調を持った青磁土鋏和菓子の技法をヒントに、西施白磁にはさみで装飾する技法を三代目・林克行がその技法を継承、発展させ四代目・林侑子と共に伝統技法を研磨しています。

三代目の洗練されたシャープなラインと四代の可愛らしさとのコラボレーション、そしてその美しさのなかに新しい息吹を盛り込んだ作品を制作しています。

 

画像:紅村窯 Facebook

清水寺・ちゃわん坂にあるショップアートクラフト紅村。紅村窯の作品はこちらで購入することが出来ます。

〒605-0846 京都市東山区五条橋東6丁目541 📞075-561-6404
営業時間 11:00~17:00 (月曜・金曜日休み)

 

10. 金継ぎ

日本の伝統技術のなかに割れた器を漆と金で再生させる「金継ぎ」という技法があります。金継ぎの歴史は古く、室町時代から安土桃山時代頃と言われています。

 

茶の湯が盛んに行われた当時は、大切な茶碗が割れたり欠けたりしたときに、何とか修繕して使い続けたいという先人の思いが受け継がれています。

サステナブルナ取り組みとして世界中から金継ぎが話題になっています。

 

国宝級の器やなどは専門の金継ぎ作家が行いますが、手軽にできるキットも売っていて自分のお気に入りの茶碗を自分の手で修復するワークショップが人気。

 

金継ぎ暮らし(きんつぎくらし)三軒茶屋・府中 初心者の方におすすめの約2時間で終わるコース。材料費込みで一回¥6,000

maker’s Base(メイカーズベイス)都立大学  初心者向けの「初めての金継ぎ体験」、その他「金継ぎで作るグラスピアス」講座もあります。

初めての金継ぎ体験は通常¥6,000ですが、2021年7月31日まで特別価格¥4,950で受けられます。

金継ぎラウンジ  簡単金継ぎワークショップを全国各地で開催。簡単金継ぎワークショップは東京・大阪・京都・神戸他、日程をご確認ください。また、オンラインワークショップも開催中。

 

まとめ

サステナブル(持続可能)な取り組みは人や社会、環境に配慮し誰にでもできる社会貢献のアクションとして、注目されています。

伝統工芸品は、それぞれの地域の資源を活用し風土にあったものを、知恵や技術を駆使し長い月日をかけて培われてきた大きな財産です。

日本の伝統工芸は後継者がいない現実も抱えているのも事実ですが、ファッションや日用品など身近に使うお気に入りを見つけて、一生+それ以上使えるエシカル消費を考えてみてはいかがですか?

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ