実はヴィーガンじゃない!動物性素材を使っている気を付けたい食材10選

実はヴィーガンじゃない!動物性素材を使っている気を付けたい食材10選

ヴィーガンだと思い込んで食べているかもしれない、実はヴィーガンではない食材を10選ご紹介!見分けるポイントに関しても丁寧に解説します。

ハッピーキヌア編集部
2020年10月25日
実はヴィーガンじゃない!動物性素材を使っている気を付けたい食材10選

6. パン

多くのパンには、砂糖、バターや脱脂粉乳などの乳製品、そして卵が添加されています。アレルギー対応食のパンであれば、識別することは可能です。

また、最近では、白砂糖をてんさい糖へ、乳製品を豆乳へ代えた、ヴィーガン対応パンを店舗でも見かけるようになりました。

クリエイティブに自作してみるのもいいかもしれませんね。

 

7. ゼラチン

独特の食感の、グミ・ゼリー・マシュマロ・ババロアは、ゼラチンによって形成されています。

実はゼラチンは、動物のコラーゲンから抽出したものです。

では、ゼリーなどは食べられないのかというと、そうとは限りません。

柔らかい食感は、海藻から作る寒天やアガー、デンプンから作る葛粉や片栗粉などで代用が可能です。

 

8. 練り物

かまぼこ・ちくわ・はんぺんなどの練り物は、主に魚を原料としています。

これは、日本人なら誰もが知っている事実かもしれません。

しかし、あまりにも魚と姿形がかけ離れているために、意識していないと、つい魚である事を忘れてしまいます。

 

9. はちみつ

主に花の蜜から作られるはちみつは、一見すると植物性に思えます。しかし、それを作っているのはミツバチです。

ミツバチが苦労して集めたはちみつを、人間が横取りする行為に、多くのヴィーガンがNOと意思表示をしています。

風味は若干異なりますが、メープルシロップなどで代用できますね。

はちみつの代替品などに関しては、こちらの記事も参考にしてください。

ヴィーガンがハチミツを避ける理由|代替品も紹介

 

10. パーム油

パーム油は、パームヤシから作られる植物性の油ですが、ヴィーガンにとってパーム油は特別です。

なぜなら、主にパーム油は、熱帯雨林を農地化して作る油だからです。

熱帯雨林には多様な生き物が数多く生息しています。壊せばそこに住んでいた生き物に逃げ場はなく、また、一度壊すと元に戻せません。

開発の手段があまりにも横暴なので、この問題にはヴィーガンでない人も声を上げています。

 

そのようにして、熱帯雨林を破壊して作るパーム油産業は、多くの生き物の住みかと命を奪う事で成り立っています。

動物の苦痛に強く共感できるヴィーガンにとって、そのような経緯で作られた素材を口にするのは、実に耐え難いものとなります。

 

パーム油に関しては、こちらの記事も参考にしてください。

ヴィーガンがパームオイルを避ける理由|代替品も紹介

 

まとめ

実はヴィーガンではない、気を付けたい食材をご紹介しました。

これだけ紛らわしいものが多いと、食べ物を制限をされている気がして、食事がつらくなってしまう人もいるかもしれません。

そんな時は、「これは何でできているのかな。どこから来たのかな」と、楽しんで想像する事が大切です。

また、無理なく完璧を目指し過ぎない事もコツの一つです。

理解したうえで食べない、そしてたまには理解したうえで敢えて食べることで、より豊かな食生活に変えていけるといいですね。


初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら

LINE

Facebook