これも動物由来!?身近なところにあるヴィーガンでないもの8選

これも動物由来!?身近なところにあるヴィーガンでないもの8選

日常的に使っているあれも、実はヴィーガンじゃないかも?気をつけたい身近にある製品を8選ご紹介。それらの代替品もあわせて紹介します。

ハッピーキヌア編集部
2020年11月20日
これも動物由来!?身近なところにあるヴィーガンでないもの8選
ヴィーガンというと食事に意識が向きがちですが、身の回りの意外なものにも動物由来の製品があることをご存知でしょうか?

動物保護や環境保護への意識をさらに高めるために、身近にあるヴィーガンではないものについて考えることも大切です。

ふだん、何気なく使っているものにも、動物由来のものが隠れているかもしれません。

新たな気づきで、ヴィーガンの知識を一緒に深めてみませんか?

 

身近なところにあるヴィーガンでないもの8選

1. 革製品

車のシートやソファ、お財布などには革製品が使われていることがあります。

お洒落で格好いい革製品は、ファッションの一部となっていますが、説明不要の動物性素材です。

ファッション性が高いかもしれません。持っていると箔がつくかもしれません。

しかし、動物のことを考えると革製品を使う必要があるか、考えてしまいますよね。

 

ヴィーガンレザーについての詳しい記事はこちらです

【動物性素材不使用】ヴィーガンレザーとは|植物性レザー8種紹介

 

動物性不使用のカフェでは、白砂糖や乳製品などの取り扱いは無いのかもしれません。

しかし、座っているソファやコーヒーカップの装飾に皮が使われていることもあるようです。

食品だけにとどまらず、広い視野で見ることも大事ですね。

 

2. 布団(羽毛)

ふかふかで温かい羽毛布団には、動物の羽毛が使われています

羽毛は、鳥の表面の体毛を示し、保湿性が高く、空気をたくさん取り込むことができるので、温かさを保つことができます。

しかし、コストダウンのために、無麻酔で動物の毛をむしりとるケースがあるのも事実。

私達の温かさと引きかえに、動物たちは辛い思いをしています。

布団と合わせて枕にも注意しましょうね。綿などの植物性で出来た布団をおすすめします。

 

3. ダウン

 

ダウンに関しても羽毛布団と同様に、動物由来の素材が使われています

寒い時期には重宝するダウンですが、ヴィーガンの方は形を変えて寒さを乗り越える工夫が必要です。

「Save The Duck」や「Matt & Nat」など、ヴィーガン対応のブランドもあります。

上手く活用し、アニマルフリーの素材など違うもので代用しましょう。

 

羽毛についての詳しい記事はこちらです

ヴィーガンはダウンを避ける?おすすめブランド7選も紹介

 

4. ニット(ウール製品)

薄くて温かい、ウール製のニットも動物由来の製品です。

羊の毛を刈り取って作られたウールには、ここでの詳しい紹介は控えますが、羊の悲惨な現状が見え隠れしているのをご存じでしょうか。

ウール製品以外のものでまかなうことで、動物保護の観点から、ヴィーガンとして協力することができますね。

 

ウールについての詳しい記事はこちらです

ヴィーガンはウールを避ける?理由と代替品も紹介

 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook