オーガニック商品を選ぶときのポイントとコツ、農薬が多い野菜の特徴を解説

オーガニックのものを食べて健康的になりたい。でも、具体的にはどれを購入したらいいの?そう思ってなかなか手が出せない方は必見です。有機栽培の野菜と、そうでない野菜を徹底解説。これでもう購入時に悩みません。更には自分が理想とする食生活を見つけてみませんか。

オーガニックや有機栽培のものが店頭に並んでいると、つい手に取ってみたくなりませんか?

 

この情報社会において、生産者や製造元、製造方法などの情報が溢れすぎていて知りたいことまで辿りつけない場合が多々あります。

生産者の熱い想いも購入ポイントのひとつですが、それがオーガニックかを知りたい時はどうしたらいいのでしょうか?

 

ポイントは、オーガニックがどんなものなのかが理解できれば簡単です。

ただ単に、「健康的な食べ物」という把握だけでは見分けるのも選ぶのにも迷うのは当然です。

 

詳しく理解を深めることができれば選択肢が明確になり、「自分にとって何が重要で何がそうでないか」を知ることができます。

更にいうと、絶対オーガニックでなくてもいいのでは?と別の選択肢が出てくるかもしれません。

今回はそんな健康志向な食を後押しする、ひとつのコンテンツとして、是非お役立てください。

 

オーガニックとは?

オーガニックと一言でいっても実際にはどういった理念のもと、どんなことを基準としているのかご存知でしょうか?

そんな疑問を解決してくれるのが、有機農業を推進する活動を国際的に行なっているIFAOM(国際有機農業運動連盟)です。

同社は、以下の4つを原則としています。

 

  • 健康
    健康とは、単に病気がないことではなく、肉体的、精神的、社会的、そして生態学的な幸福の維持です。健康に悪影響を与える可能性のある肥料、農薬、動物用医薬品、食品添加物の使用を避ける必要があります。
  • エコロジー
    生きている生態系の中に有機農業を根づかせています。自然界の循環と生態学的バランスに適合していることが重要です。有機製品を生産、加工、取引、または消費する人々は、共通の環境を保護し、利益を得ることが必要です。
  • 公平
    公平性は、人々の間および他の生物との関係の両方において、共有された世界の公平性、尊重、正義および管理によって特徴付けられます。この原則は、有機農業に携わる人々は、すべてのレベルで、すべての当事者に対して公平性を確保する方法で人間関係を遂行することが大事だと強調しています。
  • ケア
    有機農業の負担を減らすべく、新しいテクノロジーを評価し、既存の方法をレビューする必要があります。 有機農業が健康で安全で生態学的に健全であることを保証するために科学が必要です。しかし、科学的な知識だけでは十分ではありません。適切な技術を採用し、遺伝子工学などの予測不可能な技術を拒否することにより、重大なリスクを防ぐ必要があります。

引用:IFOM ORGANICS INTERNATIONAL

 

このことをざっくりまとめると、心身ともに健康的であること。

更に環境に配慮されていて生態系を崩さず、人に対して公平で生産者の力と科学技術が合わさったものが有機栽培=オーガニックです。

全部完璧にこなすとなると、膨大な労力と時間が必要となります。

だからこそ、オーガニック製品は安くないとも言えます。

しかしそうなると、なかなか手が出しにくいという方もいるかもしれません。

 

でも、ご安心ください。

有機栽培ではないものについても、安心して召し上がれる対策を解説していきます。

その前に、オーガニックの見分け方からご紹介していきます。

 

オーガニック食材の見分け方

スーパーやデパ地下などに買い物へ行くと、どれがオーガニックなのかわかりにくいこともあります。

そんな時、ひとつの目安としてわかりやすいのが「有機JASマーク」です。

農林水産省が消費者に適正な商品を選択できるよう、つくられたものです。

規定内容はFAO(国連食糧農業機構)とWHO(世界保健機構)によって設置された、コーデックスガイドラインに準拠して決められています。

コーデックスは、いわば食品の国際基準を作る政府間組織です。

1963年に設立して、現在は180ヵ国以上が加盟しています。

出典:厚生労働省

2000年以降、生産または製造の方法について認証を受けたものだけが、製品に「有機」の表示をつけられることになりました。

この制度により、JASに適合するかの格付けが行われJASマークがなければ「有機」や「オーガニック」などの表記ができません

 

そしてJASマークの認証には、以下の4つの工程をクリアしないとならないのです。

  1. まず、製造予定の製品の配合表や水質調査表、非有機原材料が遺伝子組み換え、放射線照射されていないことを証明できる確認書類を提出
  2. 次に提出された書類が認証の基準をみたしているかの書類審査があります。
  3. 更に検査マニュアルに基づいた実地検査が行われます。
  4. 最後に、判定となります。規定の基準を満たしていないと改善要求があり、不適合なものがあっては認証を受けられない厳重さです。

 

オーガニックの認証マークについては、こちらのハッピーキヌアヴィーガンメディアでもとりあげられているので、そちらもご覧ください。

 

こうした背景で認証されているJASマークなら、信頼に足るオーガニック製品を手にすることができます。

 

しかし、だからと言って全てがオーガニックである必要はあるのでしょうか?

例えばいつものスーパーと違って道の駅で買い物をしたとき、とれたての新鮮な野菜に目がいくこともあるはずです。

旅行先でいちご狩りに行ったら、その場で食べたくなりますよね。

 

そんな時に役立てていただきたいのが、オーガニックではない残留農薬がある野菜の知識です。

次項では農薬が多い野菜について、詳しく解説していきます。

 

残留農薬が多い野菜と少ない野菜TOP5

心身ともに健康的な食生活を送るうえで、オーガニック以外の選択もあると更に食の幅が広がります

基本的に農薬は害虫を寄せ付けない為や、病気や雑草による野菜の成長を妨げない為に使用されています。

当然、野菜の特徴によって農薬を多く必要とするものとそうでないものがあり、それによって「残留農薬の多い野菜」というもの変わってきます。

 

アメリカの環境保護 NPO機関「The Environmental Working Group(EWG)」は残留農薬がある農産物をランキング形式で発表しています。

EWGは情報にもとづいた選択を行い、健康的な環境で健康的な生活を送るための画期的な研究で人に力を与えることをミッションとしています。

 

EWGが2021年に発表した残留農薬が多い野菜は以下の通りです。

  1. いちご(果物と思われがちですが、分類的には野菜です。)
  2. ほうれん草
  3. ケール
  4. ピーマン・唐辛子
  5. セロリ

反対に、少ない野菜はこちらです。

  1. アボガド
  2. スイートコーン
  3. 玉ねぎ
  4. 冷凍スイートピー(じゃこうえんどう)
  5. ナス

出典:The Environmental Working Group

 

こうして見ると、どれも身近な野菜ばかりです。

その中でもほうれん草やケールといった、葉物野菜が2つもランクインしているのは見逃せません。

 

葉物と言ったらレタスやキャベツを思い浮かべる方も多いと思いますが、この2つも残留農薬が目立つ野菜です。

特にレタスは害虫に弱いので、農薬をかける回数が多くなります。

 

残留農薬の対策

残留農薬が多い野菜と少ない野菜はわかりましたが、世の中の人はどう対処しているのでしょうか。

単純に残留農薬が多い野菜は食べずに、少ない野菜だけを食べれば良いという問題でもありません。

 

そもそも、食生活に置いて一番重要なことは「偏らないこと」だと思います。

まんべんなく色々な食材を取り入れることこそが、健康な食生活の鉄則と言えるでしょう。

ではどうすればいいのか、対策法をまとめました。

 

まず、一番は流水でよく洗い流すこと。

これが一番簡単です。

例えばほうれん草なら根本の泥を落とるのと一緒に、よく洗い流せば良いと思います。

専用の洗剤や食用の重曹を使って洗う人も少なくありません。

 

また、酢や専用洗剤を入れたものにつけ置きする場合もあります。

ボールなどにつけ置きしてみると、野菜によっては水が濁ったりゴミが浮いてくることも。

目安としては5分以上つけておくのが多いようです。

 

ダイレクトに外側の葉や皮を捨ててしまう方法もあります。

ですがあまりおすすめはしません。

なぜかというと、皮のほうが中身より栄養価が高いので非常に勿体ないです。

食品ロスの観点からも良い方法とはいえません。

ただ、レタスやキャベツ、白菜などは外側の葉に残留農薬が多いので1〜3枚くらいは捨てたほうがよさそうです。

 

また、野菜を生ではなくゆでたり焼いたり、加熱して除去する方法もあります。

加熱処置をして、残留農薬を落とすいうことです。

 

あまり気にしすぎてしまったり、やり過ぎても続きにくいので「ついで」くらいに思ってやるのがベストです。

他の料理の下準備中につけ置きしておいたり、寒い日はサラダを温野菜すれば体も温まって一石二鳥です。

何通りか試してみて、ご自身にあった方法を見つけてみてください。

 

まとめ

オーガニックと有機栽培ではない野菜について、解説していきました。

食事とは生活の中で最も重要なことなので、より良いものにしたいですよね。その為に必要なことは、選択肢を広げることだと思います。

オーガニックを食生活に取り入れつつ、有機栽培ではない野菜も対策をしながら上手に取り入れる事。

それこそが、食卓に彩りをもたらす秘訣となることでしょう。

 

手軽にオーガニックを実践できる方法を、こちらのハッピーキヌアヴィーガンメディアでもご提案しているので、合わせご覧ください。

 

今回は有機栽培の野菜についてご紹介しましたが、オーガニック商品は衣食住のすべてに対応しています。

もっと様々なオーガニックを見てみたい方は「ハッピーキヌアヴィーガンストア」を是非、覗いて見てください。新たなオーガニックや別の視野からヴィーガンやエシカルなものなど、様々な知見を広げることができます。

 

皆さまの健やかな健康と生活を、ハッピーキヌアは応援しています。

オーガニック野菜なら食べチョクがおすすめ。24時間以内のとれたて新鮮野菜を食べて家族みんなで健康に。


 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

iHerbで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら
(限定で15%割引が適用になります!)

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ