ヘルシーで栄養たっぷり◎お米からできたライスミルクを使ったヴィーガンレシピ8選

ヘルシーで栄養たっぷり◎お米からできたライスミルクを使ったヴィーガンレシピ8選

牛乳の代わりに!お米からつくられたライスミルクを使ったヴィーガンレシピをご紹介。様々な料理に応用が利きます。

ハッピーキヌア編集部
2021年02月13日
ヘルシーで栄養たっぷり◎お米からできたライスミルクを使ったヴィーガンレシピ8選

お米で作られている「ライスミルク」。最近では「第3のミルク」として注目を集めています。

ほとんどのライスミルクの原料は玄米。玄米には私たちの体に必要なビタミンB群、ビタミンE、そして食物繊維が豊富に含まれています。

主食を白米から玄米に置き換えるのは少し大変かも、と思われる方もいるでしょう。そんな時に、飲むだけで玄米の栄養素が取れるライスミルクは、是非とも普段の食生活に取り入れたいですよね。

牛乳とは違い、低脂肪・低カロリー、しかもアレルギー成分をほとんど含んでいないので、胃腸に優しい飲み物です。

そんな栄養価に優れたライスミルク、牛乳の代替品として是非取り入れたい食材。甘酒のような優し甘さが味わえるライスミルクを使ったレシピを紹介していきます。

ライスミルクを使ったヴィーガンレシピ8選

1. ヴィーガンオートミール

欧米では朝食に欠かせないオートミール。食物繊維、鉄分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれているオーツ麦が原料。オート麦を、日々の食生活に取り入れることで便秘解消にもつながり、美肌効果に期待が持てます。

オートミールにはスティールカット、ロールドオーツ、クイックオーツそしてインスタントオーツの種類があります。クイックオーツとインスタントオーツは、調理時間が短く簡単に調理できますが、栄養価の面ではあまり優れていません。そのため、スティールカットもしくはロールドオーツを選ぶようにしましょう。

このレシピは、夜にオーツ麦をライスミルクに浸しておくだけ。とても簡単なレシピです。

 

【材料】

  • オート麦 1/4カップ
  • ライスミルク 1/2カップ
  • 塩 ひとつまみ
  • お好きなトッピング フルーツ、ナッツ、メープルシュガーなど

【作り方】

  1. オート麦とライスミルクを混ぜ、冷蔵庫に一晩おく。
  2. 次の日、塩ひとつまみ入れ温める。お好みのトッピングでいただく。

 

2. ヴィーガンパンプディング

 

View this post on Instagram

 

A post shared by m.y.b.e.n.t.o. (@drawingme7)

※写真はイメージです

 

朝食やお子様のおやつにオススメのパンプディング。粉砂糖をふりかけ、ヴィーガンアイスクリームを添えるとデザートにもなります。ライスミルクそのものがほんのり甘く、しかもココナッツミルクの甘さも加わるのため、甘味料が少なく済むのが魅力なレシピです。

食パンなどの柔らかいパンを使用の際は、軽くトーストすると香ばしくなり、さらに風味が増しますよ。たくさん買ったパンの消費にもぴったりなレシピです。

 

【材料】

  • ココナッツミルク 200g
  • メープルシロップ 1/3カップ
  • バニラエッセンス 2滴
  • シナモン 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • ライスミルク 2/3カップ
  • ヴィーガンバター 大さじ2 溶かしておく
  • 好みのナッツやドライフルーツ 1/2カップ
  • 好みのパン 3カップ 一口大の大きさにする 古い硬めのパンの方が◎。

【作り方】

  1. オーブンを180度に温めておく。ナッツ、ドライフルーツとパン以外をボウルに混ぜ合わせておく。
  2. 耐熱皿に分量外のバターを塗る。パンを並べその上にナッツ、ドライフルーツをおく。その上にライスミルク液を入れる。オーブンで45分焼く。
 

初回最大15%オフになるiHerbリンクはこちら

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

おすすめヴィーガンレザー商品はこちら ソイミート7種の実食レビュー記事はこちら

LINE

Facebook