カロリー控えめ!ライ麦をプラスして作る、手作りヴィーガンパンレシピ

誰でも簡単に作れるヴィーガンパンのレシピをご紹介します。手作りパンのコツは材料の分量を正確にすること。焼きたてパンが食卓を彩るって嬉しいですよね。ぜひチャレンジしてみてください

ヴィーガンのパンを手作りするレシピをご紹介します。

通常パンは強力粉で作っていきますが、今回は強力粉にライ麦粉をプラスしたライ麦パンを作ります。

ライ麦は小麦粉より噛みごたえと香ばしさがあり、食べ応えがあります。

また、小麦粉に比べてカロリーや糖質が低く、ビタミンB群やミネラル・食物繊維が豊富で、GI値(食後血糖値の上昇度を示す指標)が低い食物です。

ただグルテン質がないため、ライ麦100%のパンは硬くてぼそぼそとしたパンになります。

 

そこで今回は、強力粉とライ麦、さらに風味や栄養素の多いクルミとドライフルーツを加え、ライ麦パンを食べやすくしました。

手作りでパンを作る良さは、食べる人にあわせて素材などを変えて作れることです。通常、卵や乳製品を使っているものが多いですが、ご紹介するレシピは、卵・乳製品など動物性食材は一切不使用です。

 

白砂糖も使わず、イースト菌の発酵を促進する甘みは、きび砂糖使用の完全ヴィーガンのパンになります。

 

クルミとドライフルーツのヴィーガンライ麦パン

【材料】左右の直径13cmのパン4コ分(1コ約190kcal)

パン生地

● 有機強力粉     130g

● 有機ライ麦粉  30g

● 有機ドライイースト  7g(小さじ1・1/3)種類によって量は多少異なります。

● きび砂糖 大さじ1

● 塩 小さじ1/3

● こめ油 小さじ2

● 水 90~95cc(40℃位のぬるま湯)

具材

● クルミ 30g(フライパンで軽くローストし7mm程に砕いておく)

● クランベリー 30g(湯通しして水気を切っておく)

*今回はクランベリーを使いましたが、レーズンやドライブルーベリー、ドライイチジク、ドライラズベリーなどもOK。

ドライフルーツはハピキヌのセレクトショップからもご購入いただけます。

有機ドライイーストは有機穀物で作った天然酵母白神こだま酵母ドライ酵母 モラセス培養 ドライイースト アリサンなどがあります。

使い方はそれぞれですので製品の扱い方の特徴を良く知った上で使用しましょう。

 

 

手順1 パン生地計量・手ごね

ボウルに計量した米油以外のパン生地の材料を入れる。

ドライイーストと砂糖は隣同士に、塩は離して入れます。

40℃のぬるま湯をイーストめがけて注ぎ、木べらで混ぜ合わせていきます。

途中で米油をプラスし、まとまるまでボウルの中で混ぜます。

 

ひとまとめになったら台にあけ、こねていきます。

こね方のコツは片手でパン生地を押さえ、片手の親指の下、手のひらの膨らみを台に押しつけるようにします。

 

この作業を3分~5分ほど続け、生地の出来上がりが8割になった時にクルミとクランベリーを混ぜていきます。

クルクルと生地を巻いていき、まんべんなく具材が行き渡るように再びこねていきます。

具材がはみ出しても心配せずに、まとめていくと徐々にきれいに仕上がります。

 

手順2 一次発酵

ひとまとめにした生地を一次発酵させていきます。ラップをして40℃で30分~40分。

有機ドライイーストは発酵しにくい場合があり時間がかかりますが、ゆっくり発酵させていきましょう。

 

ご自宅に発酵器がないという方も多いと思います。

その場合は簡易発酵器を作るか、40℃のオーブンで発酵させます。温度が高いとイースト菌が死んでしまうので温度管理は大切です。

 

簡易発酵器は発泡スチロールの箱とお湯を入れたペットボトルで作れます。

温度計を入れておくと、なお便利です。

事前にパン生地がない状態で温度の管理をしておけば、より万全です。

室温によっても変化するので、暑い時期や寒い時期は温度管理が重要となります。

 

一次発酵が完了すると大きさは約1.5倍になっています。

気をつけたいのは過発酵で、発酵しすぎるとパンの風味もなくなり、臭いがでて風味が落ちてしまいます。

 

一次発酵完了の目安として、指に強力粉をつけてフィンガーテストをします。生地の中心を押し、へこんで戻らなければOKです。

 

手をグーにして生地を押し、ガス抜きをします。

ボウルから生地を出し、4等分にして丸めます。濡れ布巾をかけて10分ほど寝かせましょう。

 

手順3 生地成形

生地を形成していきます。とじ目を上にして手で直径10cm角に広げ手前から巻いていきます。

とじ目はしっかりくっつけ、転がしながら左右を細く13cm~14cmほどに仕上げていきます。

 

生地の表面を転がしながらライ麦粉をつけます。クッキングシートを敷いた天板に並べていきます。

このときとじ目は下になるようにしましょう。

 

パンの間は離しておかないと、発酵したときにくっついてしまうので注意しましょう。

 

手順4 二次発酵

ここから二次発酵になりますが、やり方はふたつ。

ひとつ目はラップ+濡れ布巾をかけ40℃で25分~30分。

もうひとつはラップ+濡れ布巾をかけ冷蔵庫で低温発酵させます。8時間~10時間ほどかかりますが、有機ドライイーストの場合低温発酵はとても有効的なやり方です。

 

前日の夜に仕込み、翌日の朝焼きたてのパンをいただく良い方法です。

 

二次発酵が完了すると、写真の様に膨らんでいます。

ここからパンを焼いていきます。

 

オーブンを220℃で15分予熱しておきます。

オーブンの温度が200℃までしか上がらない場合もありますが、その場合は200℃で17分あたためておきましょう。

 

余熱が終わったら、いよいよ焼成。

パンに2ヵ所ハサミでV字のような切り込みを入れて、表面に霧吹きをかけます。

 

霧吹きをすることで、カリッとした表面のパンに仕上がります。

220℃のオーブンで10分~15分、200℃のオーブンで15分~20分で焼き上がります。

 

オーブンのタイプによって焼き上がり時間はかわるので、表面の焼き色が目安になります。

霧吹きをしたことで、表面がカリっとした焼き上がりになっています。

 

こんがりと美味しそうなきつね色のパンが焼き上がりました。

 

まとめ


今回のライ麦パンはクルミやドライフルーツが入ることで、なにもつけずにそのまま美味しくいただけます。

焼きたてはもちろん、次の日なら食べる前に軽く温めると風味よくいただけます。

 

手作りパンは発酵の目安を覚えると、とても簡単に作れます。

今回ご紹介したライ麦パンは、量も作りやすく初心者の方にもおすすめのレシピです。

 

ぜひ手造りパンに挑戦して、美味しい食事を楽しまれてはいかがでしょうか。

 
記事をお読みいただき、ありがとうございました。
ハッピーキヌアブランドがお届けする、100%ヴィーガン・THCフリーのCBDオイル「VICE VERSA(ヴァイスヴァーサ)」。
睡眠や集中力アップのお供に、リラックスや忙しい時向けの2タイプで大人気です。今だけ限定で25%オフ。今すぐ以下をチェック!
▼100%Vegan 欧州産高級CBDオイル▼spot_img
 
さらに、ヴィーガン生活に最適なハッピーキヌアの「プラントベース体験BOX」。
ソイミートやオリジナルヴィーガンキーマカレー、ヴィーガン竹歯ブラシなど10-12種類の商品が入っています。
ぜひお試しください。詳細は以下をクリック。
spot_img

 

Amazonで買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

楽天で買えるおすすめヴィーガン商品はこちら

ハッピーキヌアおすすめヴィーガンレザー特集はこちら

2.9万フォロワー越えのインスタグラム🐰spot_img
- プラントベース商品が1,000種類。ストアへのリンクはこちら -spot_img

新着記事

- LINE登録でお得なクーポンゲット -spot_img

記事カテゴリー

人気記事

カナダの老舗ヴィーガンアパレルブランドMatt&Nat
spot_img
イギリスの大人気ヴィーガンアパレルブランドWill's Vegan
spot_img
アップルスキンレザーを使った
イタリアのヴィーガンシューズWomsh
spot_img
spot_img

おすすめ記事

29,000人のファンが集まるインスタグラム
ハッピーキヌア編集部
ヴィーガン情報を毎日お届け「ハッピーキヌア編集部」です。インスタグラムやツイッターでも毎日ヴィーガンコンテンツを発信中。フォローしてね! #ハピキヌ